【2024年】テキストからアートへ: DALL-E 3とMidjourneyによるビジュアル革命
筆者 "ニック"から皆さんへ

 

※動画内の翻訳は、リサーチオンラインでのAI自動翻訳になり多少ズレが出ているため翻訳を記載します。

こんにちは、リサーチオンラインの視聴者の皆さん。AIディレクターのNickです!

今日は、2024年における「テキストからアートへ: DALL-E 3とMidjourneyによるビジュアル革命」という興味深いテーマについてお話しします。

主に初歩的な画像生成AIである「DALL-E 3」と「Midjourney」に焦点を当て、それぞれのAIツールの全貌、使い心地、費用、そしてできることについて解説します。また、MidjourneyとDiscordの結びつき、それがどのようにしてクリエイティブな作業フローを強化するかについても触れます。さらに、ChatGPTとのコラボレーション、画像生成におけるビジネス利用とルール、そしてDALL-E 3とMidjourneyの比較についても詳細に分析します。

プロンプトの書き方についての説明は、内容がかなり濃くなってしまったため、次回の記事で取り上げることにしました。今回は、これらのツールがどのようにして私たちのクリエイティブな作業を変革しているのか、そしてどのようにビジネスに応用できるのかに焦点を当てています。

さあ、一緒にこのビジュアル革命の旅を始めましょう。私たちの創造性と業務が、これらの進化したAIツールによってどのように広がっていくのか、私の経験を通じて探求していきます。THX!!

1.Introduction:はじめに

 1-1.text to image:AIが描く画像の魔法

AI技術の進化は、日々我々の想像を超える速度で進んでいます。特に、テキストから画像を生成する技術は、クリエイティブな表現の新たな地平を開いており、この分野の最前線に立つDALL-E 3とMidjourneyは、その革新の象徴となっています。これらのツールは、単なるテキストを基にして、目を見張るようなビジュアルアートを生み出すことができます。

この記事では、初歩としてわかりやすく、AIツールがどのようにクリエイティブな領域で革新をもたらしているのか、DALL-E 3とMidjourneyに焦点を当て、テキストから画像を生成する技術がどのように進化しているのかに焦点を当てていきます。DALL-E 3やMidjourneyをはじめとする最新のテクノロジーは、アーティストやデザイナーにとって前例のないインスピレーションの源となり、クリエイティブな表現の無限の可能性を提供しています。

DALL-E 3

GPT技術の最新進化を背景に、OpenAIによって開発されました。このAIは、テキストベースのプロンプトを複雑な画像に変換する能力を持ち、その使用範囲はGPTプラスを通じて広がっています。これにより、ユーザーは自らの想像を具現化する新たな手段を手に入れました。

Nickの豆知識

DALL-E 3の名前の由来は、画家サルバドール・ダリと有名なディズニーキャラクター、ウォーリーを組み合わせたものだそうです♪

Midjourney

AIブームを牽引する中心的な存在として、ChatGPTの(text to text)と共に画像生成AI(text to image)テクノロジーの進化を推進してきました。その独特のアプローチは、デジタルアートとクリエイティブな作業に革命をもたらしています。

Nickの豆知識

昨年、リニューアルされたMidjourneyのウェブサイトは、使いやすさが格段に向上しています♪ 詳しくは後ほど!!

2.DALL-E 3入門

2-1. DALL-E 3の全貌

OpenAIが2023年9月21日に発表したDALL-E 3は、テキストから画像を生成する最先端の人工知能技術です。この最新バージョンは、その前身であるDALL-E 2と比較して、テキストの微妙なニュアンスを捉え、ユーザーの要望に沿った画像を生成する能力において大幅な進歩を遂げています。特に、ChatGPTとの統合により、提案されたアイデアから即座に具体的な画像を生成する機能を搭載している点が注目されます。また、生成されるコンテンツの安全性を確保するための強化された対策や、作成された作品の所有権がユーザーに帰属することにより、クリエイティブな自由の拡大が図られています。これにより、DALL-E 3はリアルで詳細な画像の生成を可能にし、創造的な表現の新しい地平を切り開いています。

2-2. 使い心地と費用

DALL-E 3の使用感は、直感的かつユーザーフレンドリーなインターフェースにより、極めてシンプルで快適です。OpenAIのChatGPTやMicrosoftのBing Image Creatorなど、複数のプラットフォームを通じてアクセス可能であり、テキストプロンプトを入力するだけで、短時間内に画像が生成されます。

無料プラン

Microsoftアカウントを持つユーザーはBing Image Creatorを介して、個人目的に限定された範囲でこれを利用できます。

有料プラン

月額20ドルのChatGPT Plusプランまたは企業向けEnterpriseプランを通じてこの機能を利用できます。

2-3. DALL-E 3でできること

DALL-E 3で実現できることの範囲は、具体的な人物像から動物、風景、さらにはファンタジーやSFの世界観、抽象的なアートに至るまで、非常に広大です。この技術は、細部にわたるテクスチャやパターン、光の表現を精密に再現する能力を持ち合わせており、商品デザイン、アイデアのビジュアライゼーション、クリエイティブなインスピレーションを追求するクリエイターにとって、強力な支援ツールとなり得ます。

DALL-E 3-Nick的ポイント!
  1. 言語の多様性:
    DALL-E 3は、英語だけでなく日本語を含む複数の言語での入力をサポートしています。これにより、世界中のユーザーが自身の母国語で直接プロンプトを入力し、意図した通りの画像を生成できる可能性を広げています。
  2. 細かなニュアンスの理解:
    DALL-E 3は、テキストプロンプトの微妙なニュアンスを捉える能力が非常に高く、より複雑な指示や抽象的な概念でも、ユーザーの意図に沿った画像を生成できます。
  3. 統合機能の強化:
    ChatGPTとの統合により、テキストベースの対話から直接画像生成へとシームレスに移行できる点も大きな強みです。これにより、アイデアのビジュアライゼーションがより容易になります。
  4. 高度な安全対策:
    不適切な内容のフィルタリングと生成を防ぐための安全対策が強化されており、安心して使用できる環境が提供されています。これにより、ユーザーはクリエイティブな作業に集中できます。
  5. 所有権の明確化:
    DALL-E 3で生成された画像の所有権がユーザーに帰属するため、商業的なプロジェクトや個人的な使用においても、法的なリスクを抑えつつクリエイティブな活動が可能です。
  6. リアルなテクスチャと細部の表現:
    物体のテクスチャや細部の表現が非常にリアルであり、商品デザインやアートワークなど、細かなディテールが重要なプロジェクトに適しています。
  7. 柔軟なクリエイティブ表現:
    ユーザーの想像力が唯一の制限であることから、ファンタジーやSF、抽象芸術など、幅広いジャンルに渡るクリエイティブな表現が可能です。
  8. 直感的なインターフェース:
    ユーザーフレンドリーなインターフェースにより、技術的な専門知識がないユーザーでも容易に高品質な画像を生成できます。
  9. 幅広いアクセス方法:
    ChatGPT PlusプランやMicrosoftのBing Image Creatorを通じたアクセス方法が用意されており、さまざまなユーザーのニーズに応える柔軟性を持っています。

Nick

僕は英語圏だけど、日本のみんな含め英語圏外の言語を使用する人にとっては、

それぞれの言語で対話しながら画像を調整したりできるのもすごく便利だよね♪

 3.Midjourneyの世界

3-1. Midjourneyってどんなもの?

Midjourneyは、Discordを介して利用可能な先進的な画像生成AIで、2022年2月にデビューしました。このユニークなツールは、単純なテキストプロンプトを画像に変換する能力により、クリエイターやデザイナーから高い評価を受けています。利用者はDiscordのチャットボックスに指示を入力するだけで、瞬時に高品質なビジュアルコンテンツを作成できます。Midjourneyの特長は、そのアクセシビリティと、どんなコンピューターでも問題なく動作すること、さらに生み出される画像のプロフェッショナルなクオリティにあります。インターネット上では、Midjourneyによって生成された芸術的なイラストやリアリスティックな写真が多数共有され、その技術力が広く認められています。

3-2.MidjourneyとDiscordの関係

Midjourneyの使用環境は、Discordになります。Discordはもともとゲーマー向けのチャットアプリとして人気がありますが、Midjourneyではこのプラットフォームを通じて、ユーザーがテキストプロンプトを送信し、カスタマイズされた画像を生成することが可能です。このセクションでは、MidjourneyとDiscordの関係を説明し、初心者でもわかりやすいスタートガイドを提供します。

3-3.そもそもDiscordって何?

Discordは、多機能なコミュニケーションツールで、特にゲーマーコミュニティに人気ですが、ビジネスや教育など多岐にわけて利用されています。ユーザーはテキストチャット、音声通話、ビデオ通話、ファイル共有など様々な機能を利用できます。サーバーと呼ばれる専用スペースを作成し、チャンネルを通じてコミュニケーションを行います。無料で利用できる一方で、追加機能が利用できる有料プランもあります。2021年時点で3億5000万人以上のユーザーを持ち、世界中で広く使われています​​。

3-4.MidjourneyとDiscordの連携

  • Discordを利用する理由: Discordはリアルタイムでのコミュニケーションが可能であり、多数のユーザーが同時に参加できるサーバーを提供します。Midjourneyはこのプラットフォームを選択することで、直感的なインターフェースと既存のコミュニティ構造を活用し、ユーザーに対してアクセスしやすい画像生成ツールを提供しています。
簡単スタートガイド
  1. Discordアカウントの作成:
  2. Midjourneyサーバーに参加:
    • Midjourneyの公式Discordサーバーに参加します。招待リンクはMidjourneyの公式ウェブサイトや関連コミュニティで見つけることができます。
  3. 有料プランへの加入:
    • Midjourneyは有料プランを提供しており、無料トライアル期間後は、基本プランやスタンダードプラン、プレミアムプランから選択して加入する必要があります。
    • 有料プランへの加入はMidjourneyの公式ウェブサイトから行うことができます。プランによって提供される機能や生成できる画像の量が異なりますので、ニーズに合わせて選択しましょう。※後述しますがMidjourneyの利用は現在、無料トライアルの提供が停止されており、有料プランへの登録が必須となっています。
  4. 画像生成の開始:
    • Discord内のMidjourneyサーバーで、画像を生成したいチャンネルを見つけ、/imagineコマンドに続けてプロンプトを入力します。
  5. 生成プロセスのカスタマイズ:
    • Midjourneyでは、画像のスタイルや解像度などをカスタマイズできるオプションが提供されています。
  6. 画像の共有と保存:
    • 生成された画像はDiscord上で直接確認し、気に入ったものは保存や共有が可能です。

MidjourneyとDiscordの連携は、AI技術とコミュニティの力を組み合わせることで、誰でも簡単にプロフェッショナルな画像を生成できる環境を提供しています。このガイドを参考に、あなたもMidjourneyの旅を始めてみましょう。

3-5. Midjourneyのプラン

Midjourneyの利用は現在、無料トライアルの提供が停止されており、有料プランへの登録が必須となっています。

サブスクリプションプラン

基本プラン:
年間契約で月額8ドル。個人ユーザーに最適で、コストパフォーマンスに優れています。

スタンダードプラン:
このプランは、月額15時間の「Fast GPU Time」を提供し、迅速な画像生成が可能です。さらに、制限なしの「Relax GPU Time」も含まれており、より柔軟な使用が可能です。

プレミアムプラン:
高頻度の使用や商業用途に適しており、より多くのGPU時間と高速処理が求められるユーザー向けです。

3-6. Midjourneyの規約

Midjourneyは、ディープフェイクなど不適切な使用を防ぐため、利用規約を厳格に設定しています。商用利用に関しても、特定のガイドラインに従う必要があり、著作権に配慮した使用が求められます。このように、Midjourneyはさまざまなプランを提供し、ユーザーがクリエイティブな作品を生成するための支援を行っています。

3-7.進化したMidjourneyのWebサイト

Midjourneyの専用WebサイトはAIアート作成のエクスペリエンスを向上させ、ユーザーエクスペリエンスを強化します。Discordからの移行はアクセスを簡素化し、機能の可能性を広げます。また、専用Webサイトの公開はMidjourneyのアクセシビリティと使いやすさを向上させる重要なステップです。

主な特徴と進化
  1. アクセスの簡素化:
    専用Webサイトへの移行により、Discordの複雑さから解放され、よりシンプルで直接的なアクセスが可能になりました。
  2. ユーザーインターフェイスの強化:
    新しいWebサイトは、直感的なスライダーを備え、複雑なコードなしでモデルに指示を出すことができます。これにより、クリエイティブプロセスが簡素化され、幅広い視聴者にとってアクセスしやすくなります。
  3. 機能セットの拡張:
    専用Webサイトへの移行により、新機能の追加が容易になり、将来的にはさらに多くのイノベーションが期待できます。
  4. ソーシャルメカニクスの改善:
    ユーザーは画像をより簡単に参照、検索、フィルタリングでき、画像に対するインタラクションが向上します。
  5. モバイルアプリの開発:
    iOSとAndroid用のモバイルアプリが開発中であり、音声プロンプトを使用した画像生成が可能になる予定です。

競争環境と今後の展望

Midjourneyは、AIアート分野での競争が激化する中、専用Webサイトへの移行により競争力を高め、イノベーションと創造性の最前線に留まることが期待されています。バージョンv6のリリースが近づいており、AIアート愛好家は創造性、リアリズム、アクセシビリティに関してさらなる飛躍を期待できます。

Midjourneyの専用Webサイトの開発は、AIアート作成の新たな可能性を広げ、ユーザーエクスペリエンスをさらに向上させることでしょう。

 

4. ChatGPTとのコラボ

4-1. ChatGPTで画像を作る秘訣

ChatGPTとMidjourneyやDALL-E 3を組み合わせることで、テキストから画像を生成するプロセスをさらに強化できます。ChatGPTを使用して、より具体的で詳細なプロンプトを作成することが、成功の鍵となります。プロンプトには、シーンの設定、対象の感情や動き、光の効果など、可能な限り多くの詳細を含めることが推奨されます。ChatGPTは、これらの情報を理解し、より精密なビジュアル表現に必要な指示を生成するのに役立ちます。

実際にChatGPTとMidjourneyを組み合わせて画像を生成する実験を行うと、驚くほど独創的で精密なビジュアルが完成します。例えば、「古代の城の前でダンスをするロボット」のようなプロンプトをChatGPTで洗練させ、それをMidjourneyに入力した場合、ロボットが躍動感ある動きでダンスをする様子がリアルに再現された画像を得ることができます。このように、ChatGPTと画像生成AIを組み合わせることで、想像力の限界を超えたクリエイティブな作品を生み出すことが可能になります。

DALL-E 3とMidjourneyの詳しいプロンプトの書き方についての説明は、次回の記事で取り上げます♪

関連記事:

    5. 気になる生成画像の商用利用について!!

    5-1. DALL-E 3とMidjourneyで生成した画像ってビジネスで使える?

    DALL-E 3とMidjourneyはビジネス用途でも大いに活躍します。マーケティング資料、プロダクトデザイン、ソーシャルメディアコンテンツなど、さまざまな分野で利用が可能です。これらのツールが生成する高品質なビジュアルは、ブランドのビジュアルアイデンティティを強化し、消費者の注意を引きつけるのに役立ちます。

    ただし、商用利用に際しては、それぞれのプラットフォームの利用規約をしっかりと確認し、ルールに従うことが重要です。

    5-2. DALL-E 3の商用利用について

    1. 商用利用の許可:
      DALL-E 3はOpenAIによって開発されたAIで、テキストから画像を生成します。OpenAIのガイドラインに従うことで、ユーザーはDALL-Eで生成した画像を販売、転売、商品化する権利を持ちます。これは、無料または有料クレジットを通じて生成された画像にも適用されます。
    2. 利用可能な商用アプリケーション:
      DALL-E 3で生成された画像は、NFTの作成やフリーランスプロジェクトでの使用が許可されています。また、研究プレビュー期間中に生成された画像の商用利用も可能です。
    3. 画像の透かし(ウォーターマーク)の削除:
      生成された画像に付けられた透かし(ウォーターマーク)は、商用利用の際に削除することが可能です。
    4. OpenAIガイドラインの遵守:
      DALL-E 3で生成した画像の商用利用にあたっては、OpenAIのガイドラインの遵守が必要です。ユーザーはこれらのガイドラインに従って画像を自由に販売、転売、商品化できる権利を有しています。

    5-3. Midjourneyの商用利用について

    1. 商用利用の可否:
      Midjourneyでは、有料プランに加入しているユーザーは画像を商業目的で使用できますが、無料ユーザーは個人的または非商業的用途に限り、クリエイティブ・コモンズの非商用ライセンス(CC BY-NC 4.0)で画像を使用可能です。※前途しますがMidjourneyの利用は現在、無料トライアルの提供が停止されており、有料プランへの登録が必須となっています。
    2. プロプランの必要性:
      年間売上が100万ドルを超える企業は、商業目的で画像を使用するためにプロプランを購入する必要があります。また、使用にあたっては、Midjourneyのサービスや他者の権利を侵害しない条件があります。
    3. 著作権の規定:
      アメリカ合衆国の著作権法では、AIによって生成されたアートは著作権の保護を受けることができません。これにより、Midjourneyで生成されたアートは公開および配布が可能ですが、独占的な権利を主張することはできません。
    4. 利用条件の遵守:
      Midjourneyの商用利用には特定の条件があり、利用者はこれらの条件を遵守する必要があります。商用利用のポリシーは、法的な問題なくアセットを商業的に活用できるように設計されていますが、詳細は公式文書や利用規約で確認することが重要です。

    5-4. 画像生成AI:活用できる業種とアイディア

    活用できる業種とアイディア by Nick

    1. マーケティング・広告業界

    • アイディア: キャンペーンのビジュアルコンセプトを素早く生成し、プレゼンテーションや提案資料に活用。

    2. ウェブデザイン・UI/UXデザイン

    • アイディア: ユーザーインターフェースのプロトタイピングにビジュアルアイディアを迅速に組み込む。

    3. 教育・トレーニング

    • アイディア: 教材やトレーニング資料に具体的なビジュアル例を追加して、理解を深める。

    4. 出版・メディア業界

    • アイディア: 記事や出版物にオリジナルのイラストやグラフィックを簡単に添える。

    5. 不動産業界

    • アイディア: 物件のバーチャルステージングや改装前後のビジュアルシミュレーションを提供。

    6. イベント企画・運営

    • アイディア: イベントのビジュアルテーマや装飾案を素早く形にして提案。

    7. 製品開発・デザイン

    • アイディア: 新製品のコンセプトデザインを瞬時にビジュアライズし、フィードバックを集める。

    8. エンターテイメント・映画産業

    • アイディア: 映画やビデオゲームのセットデザイン、キャラクターコンセプトの迅速な開発。

    9. SNSコンテンツ制作

    • アイディア: SNS用のオリジナルコンテンツやプロモーション素材を手軽に作成。

    10. パーソナルブランディング・自己表現

    • アイディア: 個人のブログやソーシャルメディアプロフィール用のユニークなビジュアルコンテンツ制作。

    ※DALL-E 3とMidjourneyは、ビジュアルコンテンツの制作を大きく変革する可能性を秘めています。これらのツールを活用することで、様々な業種での業務プロセスが効率化され、創造的なアイディアの実現が以前にも増して容易になります。今後もこれらの技術の進化に注目し、新たな活用法を模索することが重要です。

    6.DALL-E 3とMidjourneyを比較

    6-1.DALL-E 3とMidjourney比較表

    6-2.それぞれの特徴まとめ

    DALL-E 3の特徴まとめ
    1. 高度な理解力DALL-E 3は、前バージョンに比べてプロンプトのニュアンスや細かい詳細を理解する能力が大幅に向上しています。これにより、ユーザーが入力したテキストプロンプトに基づいて、より正確で複雑な画像を生成することが可能です。
    2. ChatGPTとの統合DALL-E 3はChatGPTと統合されており、テキストベースのアイデアから具体的なビジュアルを生成するプロセスが自動化されています。この機能により、ユーザーはアイデアを提示するだけで、それを元にした詳細な画像を得ることができます。
    3. 強化された安全性DALL-E 3では、不適切なコンテンツの生成が制限されており、公人の名前を含むリクエストの拒否やフェイクニュースの生成防止など、安全対策が講じられています。これにより、悪用を防ぎつつクリエイティブな利用が促進されます。
    4. 広範なアプリケーション DALL-E 3は、商用利用を含むさまざまな目的で利用できます。マーケティング資料、商品デザイン、ソーシャルメディアコンテンツなど、多岐にわたる分野での使用が想定されています。
    5. 商用利用の可否
      ・OpenAIのガイドラインに従ってればOK

    Midjourneyの特徴まとめ
    1. Discordベースの操作性
      MidjourneyはDiscordを介して利用できる画像生成AIで、チャット形式での直感的な操作が可能です。ユーザーはテキストボックスにプロンプトを入力するだけで、瞬時に画像を生成することができます。
    2. 高品質な画像生成
      Midjourneyは、生成される画像のクオリティが高いことで知られており、プロレベルのイラストや写真を生み出すことが可能です。
    3. 多様なサブスクリプションプラン
      Midjourneyは、個人ユーザーから高頻度利用者までを対象とした複数の料金プランを提供しており、ユーザーのニーズに応じた選択肢を提供しています。
    4. 商用利用の可否
      ・Midjourneyのサービスや他者の権利を侵害しない条件のもとでならOK
      ・年間売上が100万ドルを超える企業は、別で購入手続きをする必要があり

     

    7.ネットの反応:DALL-E 3とMidjourneyを利用してる人の口コミをリサーチ

    RiSA

    ここでは、実際にDALL-E 3とMidjourneyを利用してる人の口コミについて紹介します!

    基本的に良い感想や、今後の未来への期待を込めている口コミが多い印象でした!

    DALL-E 3を利用した人の声

    DALL-E 3に初挑戦しました!前職のグラフィックデザイナーとして、思い描いていたシーンを文章で説明するだけで、このAIがリアルなビジュアルを生成してくれるのは本当に革命的。クライアントの要望に応えるイメージ作成がこんなにスムーズになるなんて!プロンプトに「朝日に照らされる古城」と入力しただけで、息をのむような美しい画像が出てきました。

    30代 デザイナー

    趣味でイラストを描いてるんですが、DALL-E 3で自分のアイデアがどんな感じになるのか試してみました。結果は...想像以上!「宇宙服を着た猫が月面を散歩する」という変わったリクエストにも関わらず、出てきた画像は細部までしっかり描かれてて、本当に驚きました。インスピレーションを求める時に最高のツールですね。

    20代 会社員

    マーケティングの仕事でDALL-E 3を使ってみたんですが、これがまたすごい!プロモーション用のビジュアルを短時間で作成できるので、締め切り前の忙しい時期でも大助かりです。特に「未来都市のパノラマビュー」と入力したときの画像は、まるでプロのCGアーティストが作ったかのよう。プレゼン資料がグレードアップしました。

    30代 マーケティング担当

    Midjourneyを利用した人の声

    Midjourneyで初めてビジネス関連の画像を生成してみましたが、そのクオリティには驚きました。プレゼンテーション用のイメージ作成がこんなに簡単に、そして高品質でできるなんて思ってもみませんでした。特に「モダンなオフィス環境」のプロンプトで生成した画像は、私たちのウェブサイトにぴったりでした。

    30代 経営者

    趣味でファンタジー小説を書いているのですが、Midjourneyを使って物語のシーンを画像化してみました。結果は本当に素晴らしく、想像していた世界が目の前に広がりました。文章だけでは伝わりにくい場面も、この画像を見ることで読者に深い印象を与えられるはずです。

    20代 公務員

    アートコレクションが趣味で、特に現代アートに興味があります。Midjourneyで「現代アート」をテーマに様々な画像を生成してみたところ、想像もしていなかったような斬新な作品が出てきました。これらの画像は私のコレクションに新たなインスピレーションを与えてくれますし、アートの可能性を再認識させてくれました。

    30代 クリエイティブ関係
    DALL-E 3とMidjourneyの進化は、クリエイティブな表現の新たな地平を開いています。
    今後もビジネスプレゼンテーションからSNSマーケティング、趣味のアート制作に至るまで、これらのツールはユーザーに高品質な画像生成を手軽に実現させ、個人の想像力を具現化する強力なサポートを提供していくでしょう。

    8.Summary!!:あなたはどっち派?

    DALL-E 3とMidjourneyは、AI技術の進化によってクリエイティブ業界に新たな風を吹き込んでいます。

    DALL-E 3の進化した理解力とChatGPTとの統合、安全性への配慮、そしてクリエイティブコントロールの強化は、ユーザーに前例のない画像生成体験を提供し、想像力の限界を押し広げています。一方、MidjourneyはDiscordを介したアクセス性の高さと高品質な画像生成能力で、多くのユーザーから支持を得ています。これらのツールはビジネス利用から個人の趣味まで、幅広い用途で活躍し、創造的表現の可能性を広げています。今後もこの二つのAIは、技術の更新とユーザーのニーズに応える形でさらに進化し、クリエイティブな世界の構築を加速させるでしょう。今日の技術が明日の標準を創り、私たちの表現の仕方を根本から変えていくことが期待されます。

    今回は、内容がかなり濃くなってしまったため、DALL-E 3とMidjourneyのプロンプトの書き方についての説明は、次回の記事で取り上げます♪

     

    Here's to a future crafted by your imagination and AI!!
    あなたの想像力とAIによって作られる未来に乾杯!


     

    リサーチオンラインを運営するリサーチバンク株式会社では、最新ニュースや、資産管理や投資についてのニュースを発信しています。また、NISA、iDeCo、投資などの資産運用の個別相談も行っています。゙LINEで簡単に無料でお申込みできますので、お気軽にお問い合わせください。

    また、「女性の相談しやすさ」に特化した資産運用相談サービス「アセット デザイン ラボ」もございますのでお気軽にお問い合わせください。

     

    Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Xでフォローしよう

    おすすめの記事