「ココイチ」FCの新社長:諸沢莉乃社長にインタビュー!若きリーダーが語る経営哲学と未来展望

この記事のポイント

特に、次のような方に読んでいただきたいです
  1. 若くしてリーダーや経営者を目指している方 若くしてリーダーや経営者を目指す方には、諸沢莉乃社長の経験が大いに参考になります。22歳で社長に抜擢され、年齢や性別にとらわれずに挑戦する姿勢は、若いリーダーに勇気とヒントを与えるでしょう。
  2. キャリアアップを考えている女性 キャリアアップを目指す女性にとって、諸沢社長のリーダーシップスタイルとコミュニケーション方法は必見です。女性ならではの視点を活かし、現場での観察力や人間性を重視する姿勢は、多くの女性に共感を呼びます。
  3. 経営に興味があり、具体的な成功例や価値観を学びたい方 経営に興味がある方には、諸沢社長のインタビューは貴重な学びの機会です。彼女の経営哲学や現場重視の姿勢、成功へのアプローチは、具体的な成功例とともに価値観を学ぶ手助けとなります。

この記事は、株式会社スカイスクレイパーの代表取締役社長に就任した諸沢莉乃社長の若きリーダーシップと経営理念について解説した記事です。

  1. 若くして社長に就任した経緯と感想 22歳という若さで社長に抜擢された背景には、「意志あるものにはチャンスを」という社風がありました。年齢や性別にとらわれず、特別な感情は抱かず、感謝の気持ちを持ちながら日々の業務に取り組んでいます。
  2. 経営に対する価値観と日々の業務 経営において人間性を重視し、現場に寄り添う姿勢を大切にしている諸沢社長。観察力を駆使して従業員とのコミュニケーションを深め、笑顔を絶やさず、現場での些細な変化にも気づくことを心がけています。
  3. 将来の展望とリーダーとしてのアドバイス これからの事業展開として、スカイスクレイパーの理念を重視しながら店舗拡大を目指す諸沢社長。若い女性リーダーへのアドバイスとして、自分に自信を持ち、チャンスに飛び込むことの重要性を強調し、挑戦し続けることの大切さを伝えています。

関連記事:

はじめに

今回の記事は株式会社スカイスクレイパーの若きリーダー、諸沢莉乃社長にインタビューさせていただきました。

わずか22歳で社長に抜擢された彼女は、「意志あるものにはチャンスを」という社風のもと、年齢や性別にとらわれない姿勢で経営に取り組んでいます。

普通の家庭で育ち、学生時代から「人の為に汗をかく人でありたい」という信念を持ち続けた諸沢氏。

彼女が日々の業務で心がけていること、若いリーダーへのアドバイス、そして将来の展望について語っていただきました。

その言葉には、若いながらも確固たる信念と未来への希望が溢れていました。

諸沢 莉乃さんについて

名前: 諸沢莉乃 (Morosawa Rino)
年齢: 22歳
株式会社スカイスクレイパーの代表取締役社長。
22歳で社長に抜擢され、年齢や性別にとらわれない「意志あるものにはチャンスを」という社風のもと、着実に成長を遂げています。普通の家庭で育ち、学生時代から「人の為に汗をかく人でありたい」という信念を持ち続け、そのブレない軸に従って人生を築いてきた諸沢氏。若きリーダーとして、常に挑戦し続ける姿勢を持ち、働く女性に大きな勇気を与え続けています。

高校生アルバイトから社長へ

質問1:22歳という若い年齢で社長に抜擢された率直な感想を教えてください。

年齢や性別、キャリアに関係なく「意志あるものにはチャンスを」という社風なので、22歳という若くして社長になるということに特別な感情は特にございません。

ですが同い年の友人は新入社員1年目にして私は社長1年目です。

他ではさせて貰えない経験をさせて貰えているという感謝しかございません。

質問2:社長になるまでは学生だったとのことですが、これまでどのような人生を送られてきたのか教えてくだい

父と母、姉と4人暮らしのごく普通の一般家庭に生まれ、まさか自分が社長になるとは思わずに生きてきました。

物心ついたころから“人の為に汗をかく人でありたい”という自分の在りたい姿は明確化されていました。

そのブレない軸に従って生きてきたと思います。

質問3:「若さ」という要素が経営にどう影響していると感じますか?

年齢や性別、キャリアに関係なく「意志あるものにはチャンスを」という社風なので、若いということに特には何も感じていません。

ですが一緒に現場に入る上でアルバイトさんとはより近い距離でいられる社長ではあると思います。

指摘が、アドバイスや提案になり、より風通しの良い会社を作れるのではないかと思っています。

質問4:いままで苦労したことや失敗から学んだ教訓はなんですか?

私の特技なのですが、辛いことや苦しいことは寝たら忘れるという最高の特技がございます(笑)

ですのであまり苦労したことは覚えていないのが正直なところです。

ですが失敗した経験も必ず自分の為になっているのを今実感します、失敗した瞬間はもちろん落ち込みますが、ラッキー、学び学び♪と思い切り替えます♪

経営に対する価値観と日々の業務について

質問5:経営において、どのような価値観を大切にしていますか?

20歳の頃“次期社長へ”と打診をいただきそこから約2年間、社長になる為に必要な勉強をしてまいりました。

その2年間の中で初めて”経営”というものに触れましたのでまだまだ勉強中です。

ですが、どんな事でも大切なのは“人として“の人間性だと思っています。

どれだけ、ずば抜けた経営力があっても、人として素敵な人にならないと人はついてこないと思います。

質問6:日々の業務で一番力を入れていることは何ですか?

現場に入る日は特に大切にしています。

現場に入り続け、寄り添う社長で在りたいと思っていますので、現場ではいつも笑顔を絶やさず、お客様を観察する事と同じくらい一緒に働く従業員や仲間を観察し少しの変化に気づくことを大切にしようと思っております。

質問7:今の仕事のやりがいについて教えてください。

4月から秋葉原店に新卒2名が入社してくれました。

今は特にこの2名と一緒に現場に入り、成長っぷりを間近で見れることに本当に幸せとやりがいを感じます。

質問8:チームとのコミュニケーションで心がけていることは?

よく観察し、声をかけることです。

現場でひとりぼっちになっている人がいないように、みんなに平等に声をかけます。

例えば、髪の毛切ったことに気づいてもらって嬉しくない人なんていないと思うのです。

そうした少しの変化、表情の変化はよく観察し、声をかけるようにしています。

質問9:現場の従業員とどのように関わっていますか?

お客様と同じように働く仲間、従業員への観察も怠りません。

仕事内容はもちろん、プライベートなお話もする仲の学生アルバイトさんも社員さんもいらっしゃいます。

将来の展望とリーダーとしてのアドバイス

質問10:これからの事業展開において注目していることや挑戦していきたい展望について教えてください。

私は元のスカイスクレイパーの理念や行動指針“人として“の人間性を重視するスカイスクレイパーが大好きなのでこの理念や指針を変えるつもりは一切ございません。

ですが同じ想いで働いてくれるスタッフを一緒に現場に入り育成し徐々に店舗数を拡大することは考えております。

質問11:社長としての具体的な短期目標と長期目標を教えてください。

まず短期の目標としては現会長の西牧が社長時代からずっとやっている仕事を今年まずは50%引き継ぐことです。

長期目標としては店舗拡大ももちろんですが、全店27店舗の全社員さん、アルバイトさん、パートさんと一緒に現場に入ることです。

質問12:他の若い女性リーダーへのアドバイスはありますか?

“私なんて“と一歩下がらないことです。

チャンスが目の前に降ってきた時には迷わずに飛び込むこと。

できなくても、わからなくても、理解するまで沢山の人に聞くことだと思います。

私にはそれしかなかったです。

質問13:これから社会で活躍していきたいと思ってる若者、一歩踏み出したいと考えている女性にメッセージをいただけますか?

“私なんて“と下がらず、目の前に降ってきたチャンスには小さいことでも大きいことでもすぐに挑戦すること、そして挑戦し続けること。

失敗も悔しい気持ちも必ず未来の自分の糧になります。

あとはとにかく楽しむことです♪

まとめ

諸沢莉乃社長のインタビューを通じて、若くしてリーダーの座に立つ彼女の強い意志と人間性を重視する姿勢が明らかになりました。

現場に寄り添い、社員一人ひとりを大切にするその姿勢は、まさに未来のリーダー像を体現しています。

諸沢氏のように、年齢や性別にとらわれず、自分の信念を貫くことで、多くの女性が社会で活躍する未来が期待されます。

働く女性たちに向けて、「私なんて」と下がらず、チャンスに飛び込むことの重要性を伝える彼女の言葉は、多くの若いリーダーたちの背中を押すことでしょう。

これからも彼女の活躍が、さらに多くの女性たちに希望と勇気を与えることを期待しています。

リサーチオンラインでは、これから挑戦する全ての働く女性を応援するべく、今後の未来の資産形成についてご相談承っています。


リサーチオンラインは、働く女性を応援しています!

リサーチオンラインを運営するリサーチバンク株式会社では、iDeCo (イデコ)、NISA(ニーサ)、新NISA(ニーサ)を基本とした年金対策、税金対策のご相談をお受けし、様々な悩みを解決してきました。実際、政府は個人の資産を増やすには「貯金から投資へ」シフトする必要があるというスローガンを長らく掲げています。

しかしながら、実際に投資を行っている人の割合は、全国20代〜70代の男女1,000人に調査した結果、約3割しかいませんでした。長年根付いてきた「お金をためるなら貯金」という概念を変えるには、正直高齢者では難しいかもしれません。若いうちから「お金をためる」ことを意識すれば、暮らしや気持ちにも余裕が持てるようになります。

リサーチバンクでは、日々頑張っている女性のために"相談のしやすさ"に特化した「アセット・デザイン・ラボ」を立ち上げ不安解消のお手伝いを行っています。

アセット・デザイン・ラボお約束する5箇条
  1. 専門家によるカスタマイズされたサポート:
    女性の資産運用における独自のニーズを理解し、それに合わせたパーソナライズされたアドバイスを提供します。
  2. 柔軟な相談オプション:
    忙しい日常の中でも、オンラインや対面での柔軟な相談オプションを通じて、利便性とアクセス性を高めます。
  3. プライバシーとセキュリティの確保:
    オンライン相談では顔出し不要なオプションを提供し、プライバシーを尊重します。また、個人情報の厳格な保護を約束します。
  4. ストレスフリーな相談環境:
    リラックスした雰囲気の中で、資産運用に関する疑問や懸念に応えます。
  5. エンパワーメントと教育:
    投資に関する知識を高め、自信を持って資産運用を行えるよう支援します。

「アセット・デザイン・ラボ」は、女性が資産運用を行う際に直面する独自の課題を理解し、それらに対応することで、女性が自信を持って投資を行うことができる環境を提供します。

将来を明るく過ごすために、まずは資産形成を考えましょう。相談はLINEから24時間いつでも無料で受け付けておりますのでお気軽にご相談ください♪

「アセット・デザイン・ラボ」詳細

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事