【2024年】ChatGPT:今からでも遅くない!?人間とAIの協働が生み出す新しい価値
筆者 "ニック"からの自己紹介

※動画内の翻訳は、リサーチオンラインでのAI自動翻訳になり多少ズレが出ているため翻訳を記載します。


リサーチオンラインをご視聴の皆さんこんにちわ。 AIディレクターNicholasです。これからはNickって呼んでくださいね!

私は制作ディレクター兼デザイナー、そしてマーケティングプランナーとして、クリエイティブとテクノロジーの交差点で活動してきました。新しい技術への深い興味と、それをどのようにしてクリエイティブな成果物に結びつけるかという探求心が、常に私の仕事の中心にありました。

2022年にAIの波が加速し始めると、私のキャリアにとって新たな章が開かれました。そのドアを開けるきっかけが、ChatGPTでした。私はこの技術に魅了され、初歩的な画像生成AI「Midjourney」「Leonardo.AI」や当時初期段階での動画生成AI「D-ID 」を使用し始めました。さらにはStable DiffusionやStable Video Diffusionのようなツールに手を広げ、AIを使ったクリエイティブな制作における新たな地平を独自に開拓してきました。今日では、これらのAI生成技術を駆使して、デザインや制作活動において、様々な企業案件に取り組むようになりました。

ChatGPTは、社会全体におけるシンギュラリティーを促進する可能性を秘めています。AIのブームを牽引してきたのがChatGPTであることは間違いありません。今回の記事では、あえて初心に戻り、ChatGPTに焦点を当て、私たちの業務や創造をどのように広げればいいのかを私の経験を通じて掘り下げていきます。

1.Introduction:はじめに

AI技術、特にチャットGPTのような進化したツールは、業務効率化や意思決定の高速化に大きなポテンシャルを秘めています。しかし、多くの企業や個人がこの技術を導入することに躊躇している現実があります。一部には、過去に導入を試みたが思うような結果が得られなかったという経験から、AI技術への期待を諦めてしまった「離脱組」も存在します。しかし、私はここで一つの重要なメッセージを伝えたいです。

「今からでも遅くありません。」

2024年までの間に、チャットGPTは目覚ましい進化を遂げました。より自然で人間らしい対話が可能になり、特定の業務プロセスに合わせてカスタマイズする能力も格段に向上しています。これらの進化は、チャットGPTを業務に活用する際のハードルを大きく下げ、そのメリットをより身近なものにしました。

今からチャットGPTを使いこなすことは、業務効率化だけでなく、競争優位性の確保、創造的なアイデアの生成、顧客サービスの質の向上など、数え切れないほどの利点をもたらします。この技術を業務に取り入れることで、日々のタスクを自動化し、より重要な業務に集中できるようになります。また、チャットGPTの能力を活用することで、新たなビジネスモデルの創出や、未来のトレンドを先取りするインサイトを得ることも可能です。

離脱組の皆さんには、過去の経験にとらわれず、AI技術の進化を再評価し、業務にチャットGPTを取り入れることのメリットを検討してみることを強くお勧めします。今からでも決して遅くはなく、AIの力を利用して業務を変革し、新たな価値を創造するチャンスがここにあります。

2.What is ChatGPT? :そもそもChatGPTって?

2-1.生成AIとしての立ち位置

ChatGPTは、生成AIのジャンルの中では、text to textというジャンルにカテゴライズされます。例えば、ある文章に基づいて、新たなテキスト出力を生成するイメージです。これには、テキスト生成、翻訳、要約、質問応答などが含まれ、入力されたテキストから関連するテキストを生成する = text to textで、すべてのタスクをカバーします。

2-2.入力テキスト(質問、命令)をプロンプトと呼ぶ

プロンプトは、簡単に言うと、AIシステムに対する指示や質問、または入力テキストのことを指します。この入力は、AIがどのような出力を生成すべきかを決定するための「手がかり」や「トリガー」となります。

プロンプトの役割

1. 指示の提供

  • : 「500文字以内で環境問題についてのエッセイを書いてください。」
  • 説明: このプロンプトはAIに対して具体的なタスクを与えています。ここでの「環境問題」というテーマと「500文字以内」という条件は、AIに対する明確な指示を提供しており、AIはこの指示に従って特定の要件を満たすエッセイを生成することが求められます。このプロンプトは、AIの生成する内容の範囲と形式に具体的な制約を設定しています。

2. コンテキスト

  • : 「日本の首都は?」
  • 説明: この質問プロンプトは、AIに対して特定の知識に基づく回答を提供するよう求めています。ここでの「日本の首都」という言葉は、AIがその知識ベースから正確な情報(この場合は「東京」)を抽出して回答する必要があるコンテキストを設定しています。AIは、与えられたプロンプトの文脈を解釈し、適切な回答を生成します。

3. クリエイティビティ

  • : 「幻想的な世界についての詩を作成してください。」
  • 説明: こちらのプロンプトは、AIに対して創造性を発揮するよう促しています。与えられた「幻想的な世界」というテーマは、AIが通常のデータベースやファクトベースの知識を超えて、創造的かつ独創的な内容を生成することを促します。このタイプのプロンプトは、AIの言語モデルが持つ創造的表現の能力を引き出し、テーマに沿ったユニークな詩を生成することを目的としています。

※コンテキストとは、状況や文脈のことで、情報理解に必要な要素のことを意味します。


これらの例は、プロンプトがAIとの対話において果たす多様な役割を示しています。指示の提供はAIに特定の行動を促し、コンテキストの設定はAIの応答の文脈を明確にし、クリエイティビティの促進はAIによる創造的な生成物の作成を可能にします。各役割は、AIの応答や生成物がより有用で、関連性が高く、創造的であることを保証するために重要です。

2-3.GPTのモデルについて解説

ここでは、特に注目されているGPT-3.5とその後継モデルであるGPT-4の違いを、最新のデータとともに初心者にも理解しやすい形で解説します。

GPT-3.5の概要

GPT-3.5は、数百億のパラメータを持つ大規模な言語生成モデルで、様々な言語タスクに対応できる汎用性を持っています。文章作成、翻訳、要約など、テキストに関するほぼあらゆる作業を人間に近いレベルで実行できることが特徴です。

GPT-4の進化

GPT-4は、GPT-3.5を大きく上回る性能を持つモデルとして登場しました。最新のデータに基づくと、GPT-4は数兆のパラメータを持ち、さらに高速レスポンス、画像生成、ウェブブラウジング、音声入出力、データ分析ツールへのアクセスなど、追加機能が提供されます​。これにより、様々な分野での利便性が向上しています。

※パラメータは機械学習モデルの「脳細胞」のようなもので、モデルが情報を処理し、タスクを実行するための要素です。脳細胞の数が多いほど、脳は複雑なタスクや情報処理を行えるのと同様に、パラメータの数が多いほど、機械学習モデルは高度なタスクや情報処理を行うのに役立つことがあります。

主な違い
  1. パラメータの数:
    GPT-4はGPT-3.5に比べて、はるかに多くのパラメータを使用しています。これにより、より複雑な文脈を理解し、より精度の高いテキスト生成が可能になっています。
  2. 学習データの多様性:
    GPT-4は、より多様で広範囲なデータセットを用いて学習しており、それにより多様な知識と文化的背景を反映した内容を生成できます。
  3. 応用範囲の拡大:
    GPT-4は、GPT-3.5よりも広い範囲のタスクに対応しています。特に、複雑な推論を要する質問や、より高度な創造性を必要とする文章生成において、その性能を発揮します。
  4. 理解力と反応性:
    GPT-4は、質問の意図や文脈をより深く理解し、適切な反応をする能力が向上しています。これにより、ユーザーとの対話がより自然でスムーズになります。

3.About Plans : Chat GPTのプラン内容

ChatGPTは、個人向けには無料プランと有料プラン(ChatGPT Plus)があります。

無料プラン

GPT-3.5モデルへのアクセス、無制限のメッセージ、ウェブおよびモバイルアプリへのアクセスが含まれます。
無料版はGPT-3.5のみにアクセス可能で、レスポンス時間が帯域幅と利用可能性に基づいて制限されます。また、2,048文字までの入力制限があり、1分で最大60回、1日で最大4,000回の利用が可能です​。

有料プラン/ChatGPT Plus

月額20ドル(約3,000円)で、GPT-4モデルへのアクセス、高速レスポンス時間、32Kのコンテキストウィンドウ、画像生成、ウェブブラウジング、音声入出力、データ分析ツールへのアクセスなど、追加機能が提供されます​。

ポイント

無料版:
お金がかからず、すぐに使える。しかし、文字数と利用回数に制限があり、GPT-3.5にしか対応していないため、最新情報に対応していない可能性があります​。

ChatGPT Plus:
GPT-4を含む最新モデルへのアクセス、画像やインターネット情報の取り込み、高速レスポンス、混雑時でも快適に利用可能、プラグインの使用、新機能の優先的な利用、音声入出力、GPTs(オリジナルカスタム)が可能、また他のユーザーが公開しているGPTsの利用が可能、またその他、手厚いサポートが受けられるなど、多くのメリットがあります。

4.Let's try  Prompt! :具体的なプロンプトの入力方法

GPTでプロンプトを指示する際のMarkdown(記号の役割)

Markdownは、テキストにフォーマットを追加するための簡単な方法を提供し、主にウェブページのコンテンツを作成するために使用されますが、GPTのプロンプトでも使用できます。以下は、それぞれの記号の意味と使い方についての説明です。

例)

#(ハッシュタグ)

ハッシュタグ(#)は、特定のトピックやキーワードをマークするために使用されます。GPTにおいては、この記号を用いることで、応答における特定のテーマや重要なポイントを強調したい場合に役立ちます。例えば、プロンプトにおいて特定の主題を前面に出したい時にこの記号を使用することができます。

:(コロン)

コロン(:)は、説明や定義、リストの導入など、何かを示唆する際に用いられます。GPTにおいて、プロンプト内でコロンを使用することで、後に続く内容が説明や詳細情報であることを明示できます。これにより、GPTは与えられた指示に対してより具体的な応答を返すことが可能になります。

-、*(ハイフン、アスタリスク

ハイフン(-)は、リストや項目、または関連する情報の区切りに使用されます。GPTに対して複数の関連項目や指示を列挙したい場合、ハイフンを利用して明確に区別することができます。これは、応答を整理し、読みやすくするのに役立ちます。

(空白)

空白(スペース)は、単語や文節を区切るために使用されますが、GPTのプロンプトにおいては、特に意味の区切りや応答の構造を明確にするために重要です。適切なスペースの使用は、プロンプトの可読性を高め、GPTによる解釈の正確性を向上させます。

追加の記号

  • " "(ダブルクォーテーション): 特定のフレーズや直接の引用を指示する際に使用します。GPTに特定の言葉遣いや表現をそのまま使用してほしい場合に便利です。
  • ( )(カッコ): 補足情報や説明を加える際に使用します。プロンプト内での注釈や補足説明に役立ちます。
  • ?(疑問符): 質問や疑問を示す際に使用します。GPTに特定の問いに対する回答を求める際に有効です。

GPTとのプロンプト指示でこれらの記号を適切に使用することで、より明確で効果的なコミュニケーションが可能になります。各記号の役割を理解し、目的に応じて適切に使用することが、望む応答を得るための鍵となります。

より構造化されたプロンプトを作成してみよう

#前提条件

-タイトル

プロンプトの目的や内容を簡潔に示し、プロジェクトの全体像を理解するための出発点となります。この明確な定義は、GPTの応答を目的に沿ったものに導くために不可欠です。

-依頼者条件

依頼者のニーズや期待を具体化することで、GPTが生成する内容が対象ユーザーの要求に適合するようになります。これは、応答の関連性と有用性を高めるために重要です。

-制作者条件

プロンプトを作成する人のスキルや知識レベルを示すことで、プロンプトの複雑さや専門性を適切に調整できます。これは、GPTとの効率的なコラボレーションを促進します。

-目的と目標

プロジェクトの最終的な成果とそれを達成するための目標を設定することで、GPTに対する指示が具体的かつ目的指向的になります。

-リソース

利用可能な情報やデータを指定することで、GPTが生成する応答の品質と精度を向上させることができます。

-評価基準

プロジェクトの成功を測定する基準を設定することで、GPTが生成する内容の品質管理を行いやすくなります。

-明確化の要件

プロジェクトの詳細な要件を明示することで、GPTがより正確で関連性の高い応答を提供できるようになります。

#ゴール

プロジェクトの最終的な目標を明確にすることで、全ての活動がこの目標に向かって進むようになります。これは、方向性を定め、焦点を絞るのに役立ちます。

-成果物

期待される具体的なアウトプットを定義することで、GPTの作業が具体的な成果に結びつくようになります。これにより、プロジェクトの成功が可視化されます。

#実行ステップ

-step1〜step〇〇,-ステップ1〜ステップ〇〇

各ステップを具体的に定義することで、プロジェクトを小さな作業単位に分割し、それぞれに対する明確な指示をGPTに提供できます。これにより、タスクの管理が容易になり、プロジェクトの進行をスムーズにすることができます。


このように、前提条件から実行ステップに至るまでの一連の筋道は、GPTを活用したプロジェクトやタスクの成功に不可欠な構造と指示を提供します。各セクションは、プロジェクトの目的、方向性、および具体的な実行計画を明確にし、GPTとの効率的なコラボレーションを促進するために重要な役割を果たします。

5.ChatGPT :有料プランに入ったらまず何をするべき?

ChatGPTの有料プランへの加入は、AIとのインタラクションを次のレベルに引き上げる大きな一歩です。このプランには、より高度な機能やカスタマイズオプションが含まれており、個人的な利用やビジネス用途において、AIの力を最大限に活用するための道を開きます。ここでは、有料プランに入ったらまず何をするべきか、具体的なアクションプランを提案します。

1. GPTsの作成

有料プランの最大のメリットの一つは、カスタムGPTsの作成能力にあります。これにより、特定の用途やニーズに合わせたカスタマイズされたGPTを開発することが可能になります。たとえば、特定の業界や専門知識を持つGPTを作成し、その分野における質問に対してより精度の高い答えを提供できるようにすることができます。このプロセスには、ターゲットとする分野のデータ収集、GPTのトレーニング、そして性能のテストが含まれます。GPTsの作成は、あなたのビジネスやプロジェクトに合わせて完全にカスタマイズされたAIアシスタントを持つことを意味します。

早速以下のプロンプトを入れてみよう!

# タイトル: あなたに最適なChatGPT活用ガイド

## 前提条件
- **依頼者条件**: ChatGPTを活用して業務の効率化、問題解決、または新たな価値創出を図りたい人。
- **制作者条件**: ChatGPTの機能と活用法を深く理解し、依頼者のニーズに合わせたカスタマイズされた活用法を提案できる人。
- **目的と目標**: 利用者の業務や課題に最適なChatGPTの活用法を発見し、実践的な使用方法を提案する。
- **リソース**: 利用者の職業、業務内容、遭遇している問題点、改善を望む業務プロセス。
- **評価基準**: 提案されたChatGPTの活用法が、実際に利用者の業務効率化、問題解決、または価値創出に貢献すること。

## 実行指示

**ステップ1: あなたのニーズの詳細化**
- あなたの職業と日常業務について詳しく教えてください。
- よく遭遇する問題や課題は何ですか?
- 効率化や改善を求めている業務プロセスはありますか?

**ステップ2: ChatGPTの活用法のカスタマイズ**
- あなたの業務や課題に応じたChatGPTの活用方法を提案します。
- 具体的な活用シナリオとそれに基づくステップバイステップのガイドを提供します。

**ステップ3: 実践的なガイドラインの提供**
- ChatGPTを使って効率化や売上向上につながる具体的な例を挙げます。
- 成功事例を参考に、あなたがすぐに試せる活用法を示します。

**ステップ4: 実装とフィードバック**
- 提案された活用法を実践してみてください。
- 実践中に遭遇した問題や改善点があれば共有してください。これに基づいて、さらにカスタマイズしたガイドラインを提供します。

**結論: カスタマイズされたChatGPT活用法**
- あなたのニーズに合わせてカスタマイズされたChatGPTの活用法をまとめ、継続的なサポートと改善のためのアドバイスを提供します。

2. 公開GPTsの活用

有料プランでは、他のユーザーが作成し公開しているGPTsを活用することもできます。これらの公開GPTsは、様々な用途や分野に特化しており、自分自身でゼロからGPTを作成する必要なく、既存のモデルを利用して特定のタスクを実行できます。例えば、コンテンツ作成、プログラミング、言語学習など、特定の目的に最適化されたGPTを見つけて活用することが可能です。公開GPTsの中には、非常に高度なカスタマイズが施され、特定のニーズに合わせて最適化されているものもありますので、有料プランのユーザーはこれらを探索し、自分の目的に合ったものを見つけることが推奨されます。


ChatGPTの有料プランに入ったら、まずは自分だけのカスタムGPTsの作成と、公開されているGPTsの探索・活用から始めることをお勧めします。これにより、AIの可能性を最大限に引き出し、個人やビジネスの目的に合わせて最適化されたサポートを受けることができます。始めるにあたっては、自分のニーズや目的を明確にし、それに合わせたGPTの選択や開発を行うことが成功の鍵となります。

6.ChatGPTと比べたその他のtext to text AIについて

    ChatGPT (GPT-4) の特徴

    自然言語処理の強さ

    GPT-4は、自然言語処理において特に強力な能力を持っています。この進化したモデルは、複雑な言語の理解、対話、テキスト生成において、前世代のモデルを大きく上回るパフォーマンスを示します。

    学習データの範囲

    GPT-4の学習データは、2023年4月までの情報をカバーしています。これにより、比較的最新の知識やトレンドに基づく内容の生成が可能になっています。

    トークンの制限

    プロンプトに使えるトークン数には32,000という制限があります。これは、一度に処理できるテキストの量に限界があることを意味し、非常に長い文書の生成や分析には適していません。

    多言語対応

    GPT-4は、日本語を含む多言語に対応しています。これにより、日本語での自然なやり取りが可能となり、より手軽に利用できるようになっています。

    画像生成とファイル読み込みのサポート

    OpenAIからの利用では、画像生成機能もサポートされています。さらに、ファイルを読み込むことができるため、複雑なプロンプトも簡単に扱うことが可能です。

    Copilot (旧BingChat) の特徴

    Bingとの連携

    Copilotは、Bingと連携して情報を検索結果から取得します。これにより、他の生成AIよりも情報の精度や正確性が高く、知りたいことを正確に回答することに適しています。

    利用条件

    Copilotを利用するには、Microsoft Edgeのインストールと使用が必要です。一方で、Bingの検索AIは通常のブラウザからでも利用可能です。

    Google Bard (PaLM2) の特徴

    Beta版としての公開

    Google Bardは、現在Beta版として公開されており、Googleアカウントを使用したブラウザやアプリ上での利用が可能です。開発中であることが明言されており、精度には不安があるものの、ユニークな機能を提供しています。

    WEB上の情報を基にした学習

    Googleの検索エンジンモデルを基にしているため、WEB上の情報から学習しています。これにより、情報の取得が早く、データの更新も迅速です。現段階では、2023年10月までの情報を利用しているとされ、更新の頻度が高いことが期待されます。

    これらのAIモデルは、それぞれにユニークな特徴と強みを持っており、ユーザーのニーズに応じて選択することが可能です。GPT-4の進化した自然言語処理能力、Copilotの検索結果連携による精度の高さ、そしてGoogle Bardの迅速な情報更新能力は、今日のAI技術の進歩を象徴しています。

    7.ネットの反応:AI生成ツールってどう思う?

    RiSA

    ここでは、実際にAI生成ツールを使用してみた方の使用感や口コミについて紹介します!

    良いところもあれば悪いところもあり、今後も多くの改善を経てよりよいツールが台頭してきそうですね!

    ChatGPTを利用した人の声

    このAIの素晴らしい点は、多様なデータから情報を引き出し、問題解決に導いてくれることです。Excelマクロ作成での使用経験があり、その結果、手作業でのテスト集計から解放され、大幅な時間短縮できました。ですが、個人情報の安全性には懸念があり、ここは改善してほしい点です。

    50代 会社員

    このAIはデータの結合や分析に非常に役に立ちました。特にGPTとRPAを組み合わせることで、業務効率が格段に向上しました。ただ、利用者が多い時はサービスが不安定になることがあり、この点は改善が必要だと感じました。

    40代 会社員

    Google Bardを利用した人の声

     

    Google Bardは驚くほど使いやすく、私のビジネスに革命をもたらしました。特に、リアルタイム情報の取り込み機能は、業界の最新トレンドをすぐに理解するのに非常に役立ちました。また、Googleの検索エンジンとのシームレスな連携も魅力的でした。

    20代 男性

     

    Google Bardの期待が大きすぎたせいか、実際に使ってみると少しガッカリしました。回答が遅く、時には間違った情報もあるので、信頼性に欠けるなと感じています。他のAIサービスと比べても、まだ改善の余地があるように思いました。

    30代 男性

    Bing AIチャットを利用した人の声

     

    BingのAIチャットを使ってみて、その速度と正確性には本当に感動しました。日々のニュースチェックや、小さな疑問の解決にもすぐに答えてくれるので、時間の節約になって助かってます。

    30代 女性

     

    BingのAIチャット機能は便利だけど、時々過剰な情報を提供してくれて、単純な質問に対して複雑な回答が返ってくることがあります。正直、もう少しユーザーの意図を正確に捉えてほしい感じがしました。

    30代 男性

    これらの口コミから、AI生成ツールは今後も更なる進化が期待され、そのパフォーマンスがビジネスや日常生活に大きく影響を与えることが予想されます。

    8.Summary!:あなたにぴったりのAIツールを見つけよう

    AIの進化は私たちの生活や仕事に革命をもたらしており、特にChatGPTのような先進的なツールは、この変革をリードしています。

    この記事は、AIディレクターのニックと会話をし作成しました。ChatGPTの基礎からその応用、さらにはCopilotやGoogle Bardなど他のテキスト生成AIとの比較まで、幅広い情報をお届けしました。ChatGPTはその多言語対応や画像生成サポートなど、多岐にわたる強力な機能を提供します。一方、CopilotやGoogle Bardもそれぞれに特色があり、情報の精度や更新の早さなど、異なるニーズに応える選択肢を提供しています。

    AI技術を活用することで、私たちのクリエイティブな取り組みや業務プロセスは大きく拡張されます。しかし、それぞれのツールの持つ特性や制約を理解し、自分の目的に合ったものを選ぶことが成功への鍵です。この記事が、多様なAIツールの中から最適なものを見つけ、それを活用して新しいクリエイティブな領域に挑む一助となれば幸いです。

    技術の進歩と共に、新たなAIツールの登場も期待されます。これからも変わりゆくAIの世界に注目し、継続的に学び、自分にとって最良のツールを選択していくことが大切です。


     

    Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Xでフォローしよう

    おすすめの記事