富裕層女性のライフスタイルや意識調査・男性とは違うお金の使い方がある?

はじめに

富裕層女性のライフスタイルはどうなっているのか気になりませんか。
かつて富裕層女性といわれるのは、高収入の男性の妻、実家がお金持ちなど、バックグラウンドがなんとなくイメージできました。
 
しかし近年の富裕層女性は独身で年齢層も若く、ビジネスオーナーであったり、キャリアを積むビジネスウーマンであったりすることも増えています。
 
そこで気になるのがお金の使い方など、富裕層女性のライフスタイルについて。
経済的なゆとりがあると、女性はどう変化するのでしょうか。
 

明日花キララさんに独占インタビュー。こちらをチェック。

 

子供を作らない夫婦、DINKsについてはこちらをチェック。

 

リモートワークで貯蓄が増加?

高収入の人ほどリモートワークを実施しているという説もありますが、働き方の見直しはおうち時間が増える今の時期だけではなく、それ以前から浸透していたようです。
 
年収1000万円以上のテレワーク実施率は約40%、それに対して年収400万以下は約10%ともいわれていました。
場所を選ばない働き方は、年収にも反映されているということなのでしょう。
 
さらに異常な事態となった2020年以降の働き方は、多くの人は選択肢がないまま、テレワークやリモートワークに切り替えざるを得ない状況に。
 
外出自粛で旅行や外食もできず、友人と出かけることも減り、出費が減ったという人もいるでしょう。
リモートワークのおかげで貯蓄が増えたケースも多く、意外な理由により富裕層の仲間入りをする人もいるかもしれません。
 

富裕層女性は資産運用が好き?


日本国内には、純金融資産保有額をもとにして推計した1億円~5億円の富裕層と、5億円以上の超富裕層を合わせると132万世帯いるといわれています。
 
富裕層の数はアベノミクス以来増加傾向にあり、個人資産に関して興味を持つ人はどんどん増えている様子。
そんな中でも気になる富裕層女性のライフスタイルですが、一か月に20万円以上を自由に使える人は、富裕層女性全体の30%弱程度といわれています。
 
20万円も毎月稼げないという人も多い中、富裕層女性のライフスタイルではどのようなことにお金を使うのかというと、とても多いのは資産運用です。
 
関心を持っているのは富裕層女性の約60%。
そして積極的に資産運用を行うのは35%ほどなのです。
この数字を見ると、ただ高級車を買うのではなく、女性のお金への意識が少し見えてきますね。
 
一般女性の国内株式投資は全体の約6%であるのに対して、富裕層女性は約65%が国内株式の投資をしているという説もあります。
 

健康に配慮したライフスタイル

富裕層女性のライフスタイルは、今持っているお金を無駄にせず、さらに資産を増やしたいという積極的な考え方がありますが、お金では買えない「健康」も高い意識を集めているようです。
 
富裕層女性は一般女性よりも積極的にエクササイズやスポーツを行う傾向にあり、健康を意識したヨガやジムをはじめ、お金がかかるゴルフも積極的に行っています。
 
健康が何よりも資本。そんな土台になることもきちんと考えたライフスタイルになっているのでしょう。
違う視点から考えると、富裕層女性は運動をするほど時間にもお金にも余裕があるということ。
 
「ジムに通うならバイトをしたい」という人も本来なら多いはずです。
経済的な余裕は、自分を労わる心の余裕にもつながるということなのですね。
 

地方移住への計画もあり?


富裕層女性のライフスタイルで注目したい働き方ですが、在宅勤務が定着している今の時期、すでにリモートワークで活躍している女性も多いでしょう。
 
しかし自粛モードになっている今だからこそ、仕事と暮らし方を見直す時期。
富裕層女性はいち早く地方移住を検討しているともいわれ、郊外で暮らすことに魅力を感じている様子です。
 
東京都からの転出者は、今までも若干増加傾向にありましたが、リモートワークが広がり始めた時期より転出超過になっているともいわれています。
 
とくにキャリアを積む独身女性の場合、人生を豊かにするためにも、付加価値のあるライフスタイルを求めているといえるでしょう。
収入だけでなく、自由度が高い働き方や生き方を求めることは、男性と違う点かもしれません。
 

富裕層女性が好む上質なサービスとは?

一般人ではあまりチャンスがない、富裕層女性が好む極上のサービス。
ブランド品や美容にお金をかけることはもちろん、限られた人だけに与えられるサービスや空間は、お金持ちだからこそステータスとして持っていたいものです。
 
たとえば会員制高級人間ドッグ。
基本的に女性のほうが男性よりも健康意識が高いといわれるように、富裕層女性は健康維持への投資は惜しみません。
 
女性向けの検査コースをはじめ、エイジングケアや生活習慣病の検査や治療など、会員制のクリニックは丁寧なサービスがあるだけに入会金300万円など、かなりのコストとなっています。
 
また普段頑張る自分への極上のご褒美として、超上質な文化体験やリゾート滞在も富裕層女性のライフスタイルで人気があることのひとつ。
 
美味しいものを食べたい時は、会員制のレストランのディナーで20万円など、プライベートな空間でしか味わえない至福の時間を過ごしているようです。
 

まとめ

富裕層女性のライフスタイルで大切なのは、値段でなく質。
そんな豊かな生活を送るためにも、毎日コツコツと努力することを忘れないようにしたいですね

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事