年収106万円・130万円の壁を超える!2024年最新支援パッケージ完全ガイド

こんにちは、リサーチオンライン編集部のリサ子です!

今回の記事では、多くの働く人々にとって切実な問題である「年収106万円・130万円の壁」と、新しく導入される「年収の壁・支援強化パッケージ」にスポットを当てています。

この壁がなぜ存在するのか?そして壁を超えた場合に働く人々にどのような影響があるのかを詳細に掘り下げていきます。

扶養内で働く方、またはその家族、働き方を見直したいと考えている方々にとって、この記事が具体的なガイドとなります。それでは、働き方に新たな光を当てるこの興味深いトピックを探っていきましょう!

特に、次のような方に読んでいただきたいです
1.扶養家族を持ちながら働く方々
2.社会保険料の負担に悩む中小企業や個人事業主の従業員
3.年収の壁を理由に働き方を調整している方
TAP or Click

この記事は、政府が発表した年収の壁・支援強化パッケージについて解説した記事です。

1.2023年10月から、年収106万円および130万円の壁を超えても手取りが減らないようにする新たな支援強化パッケージが導入されること。

2.支援パッケージには、企業が社会保険料の負担を抑えるために実施する取り組みに対して、最大50万円の補助金が提供される仕組みが含まれていること。

3.補助金の導入は、社会保険料の負担軽減を通じて労働市場の活性化を促すものであるが、その具体的な内容や申請方法、透明性の確保に関しては今後の情報公開を待つ必要があること。

年収の壁とその背景

年収106万円・130万円の壁とは?

年収106万円および130万円の壁は、日本の社会保険制度における重要なポイントで、これらの金額が扶養家族の年収の上限となっています。この制度は、家族が社会保険料を負担しないで働ける年収の限界を設定しています。具体的には、年収106万円の壁は大企業の従業員を、年収130万円の壁は中小企業や個人事業主を対象としています。

支援パッケージの導入背景

2023年10月から、政府は「年収の壁・支援強化パッケージ」を導入し、これらの壁を越えても手取りが減らないように支援を提供する予定です。このパッケージは、社会保険料の負担を減らし、働く意欲を高めることを目的としています。具体的には、「106万円の壁」を超えて働いた際の手取り減少を防ぐ取り組みや、一時的な増収で「130万円の壁」を超えた場合に、2年間は扶養内で働けるルールが含まれています。

年収の壁の詳細と影響

壁が存在する理由

年収106万円と130万円の2つの壁が存在する主な理由は、企業の規模と社会保険料の負担の関係にあります。大企業は社会保険料の負担が重く、中小企業や個人事業主は負担が軽減される傾向があります。これにより、それぞれの企業規模に適した年収の壁が設定されています。

壁を超えた場合の影響

壁を超えると、従業員は社会保険料を負担する必要があり、これが手取りの減少を引き起こします。しかし、社会保険料を支払うことで、将来的には厚生年金の受給資格が得られるというメリットもあります。この点を考慮して、従業員は自身の年収と社会保険料の負担を検討し、適切な働き方を選択する必要があります。

資産形成に関心がある人はこちらから!

新支援パッケージの内容とメリット

支援内容の概要

2023年10月から導入される新支援パッケージは、年収の壁を超えても手取りが減らないようにするためのものです。具体的には「106万円の壁」を超えて働いた時、手取りを減らさない取り組みを実施した企業に対して、1人あたり3年間で最大50万円の補助金を提供するプログラムが含まれています。

また、一時的な増収で「年収130万円の壁」を超える時、会社がそれを証明することで、連続2年は扶養内で働けるルールも設けられています。

社会保険料負担軽減と労働力活性化

補助金の対象は、社会保険に加入して「106万円の壁」を超えて働く従業員を抱える雇用主です。この補助金は、企業が社会保険適用促進手当を支給したり、賃上げによる基本給の増額や所定労働時間の延長を行うことで、手取りの減少を防ぐことを目的としています。補助金の申請は企業が行い、企業はこの補助金を使って、社会保険料の負担を減らし、従業員の手取りを保護することができます。*補助額は中小企業の場合、最大50万円。大企業の場合は3/4になります。

支援パッケージの懸念点とまとめ

利点:社会保険料の負担軽減と労働力の活性化

補助金は、社会保険料の負担軽減と労働力の活性化の二つの大きな利点をもたらします。社会保険料の負担が減ることで、従業員は手取りの減少を気にせずに働けるようになり、労働力が活性化されます。特に、中小企業や個人事業主にとっては、補助金が大きな助けとなります。

懸念点:あくまで一時的な措置ということ

今回解説した「年収の壁・支援強化パッケージ」は一時的な措置です。このパッケージは、106万円の壁への対応が最大3年間、社会保険料計算外となる手当の適用は2年間です。130万円の壁に対しては、年収が130万円以上でも問題ないのは2年間のみです。

この措置の期間終了後の方針はまだ不明で、年金制度を含めた本質的な改革がなければ、永続的な解決には至らないでしょう。

まとめ

年収の壁・支援強化パッケージの導入により、社会保険料の負担を気にせずに働ける人が増えることが期待されています。補助金の導入は、労働市場の活性化と社会保険制度の適用拡大に寄与する重要な一歩となります。今後も政府からの詳細な情報公開と、この新しい支援パッケージがどのように実際の労働市場に影響を与えるのかを注視していくことが重要となります。

企業の担当部署の方へ、リサーチオンライン編集部リサ子から一言

対策パッケージの詳細は複雑であり、企業の担当部署は対応に苦労するかもしれません。また、実務での疑問に答える形で新たな情報が提供される可能性があるため、最新情報の確認が重要になるかもしれません。

リサーチオンラインを運営するリサーチバンク株式会社では、最新ニュースや、資産管理や投資についてのニュースを発信しています。

また、NISA、iDeCo、投資などの資産運用の個別相談も行っています。゙LINEで簡単に無料でお申込みできますので、お気軽にお問い合わせください。

また、「女性の相談しやすさ」に特化した資産運用相談サービス「アセット デザイン ラボ」もございますのでお気軽にお問い合わせください。

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事