【2020年最新】ボーナスの使い道1位はローン返済!?有効的な使い方を教えます

年金対策/資産運用

はじめに

ボーナスを貰ったときにどういった使い方をするかについては人それぞれ異なるものです。一概にどういった使い方をすればよいか絶対と言える答えはありません。しかし間違った使い方をするのは考えものです。

 

ボーナスはそれぞれの企業の義務ではなく、支給されるかどうかはそれぞれの企業次第となります。多くの方はどういった使い方をしているのか気になる方もいるでしょう。自分がどういった使い方をしているかを他の方の使い道と照らし合わせ、間違っていないかを知るのが肝心です。

 

ボーナスの正しい使い道に関してはあまり深く考えない方も少なくありません。どういった使い方をしても自己責任ではあるものの、正しい使い道について考えてみてはいかがでしょうか。

人それぞれどういった使い方をするかについては異なるものの、間違った対応は正すべきです。

 

ボーナスの正しい使い道を知りましょう

ボーナスの正しい使い道としてはまず貯蓄を意識すべきです。この不景気の中において今後給料が少なくなってしまうことも考えられるものです。ボーナス額に関しても今後少なくなってしまうかもしれません。今後のことを考えるのなら貯蓄をしておいた方がよいでしょう。

 

ローンの返済に充てるのも正しい使い道となります。いうまでもなく借金はいち早く返済してできるだけ利息を支払うことがないようにしましょう。

 

危険なボーナスの使い道としてはボーナス一括払いです。業績悪化によって支給額が予想よりも少なくなってしまうこともあるため、あまりあてにしすぎないようにした方がよいでしょう。より生活を送りやすくなるものを購入する、旅行などの楽しみのために使うのならOKです。

 

今後生活が苦しくなってしまう可能性がある使い方をしないのがポイントになります。ボーナスは今の生活をより楽に豊かにするために使うのが望ましく、未来のために大きな出費を伴う使い方は考えものです。

 

ボーナスの平均額は78万1287円

あくまでも世の中全体であるものの、ボーナスの平均額は78万1287円です。平均額よりも多い方もいれば少ない方もいるでしょう。

 

そして今後ボーナスの平均額が下がるということもないわけではありません。どれだけのボーナスを貰っているにしても今後下がる可能性があることを覚えておかないといけません。

 

ボーナスの総額から臨時支出用と貯金に充てるようにするのがよいでしょう。世の平均のボーナス額と自分のボーナス額も比較しておいた方がよいでしょう。今後ボーナスが増えるかどうかを予測する判断材料になるものです。まずはどれだけの差があるのかを比較してみましょう。

 

精密機械、自動車・部品が大幅減

毎年どの業界のボーナス額が増えたり減ったりするかについては変わっていくものです。近年においては精密機械、自動車・部品といった業界のボーナスが大幅減となっています。

 

大きな理由となるのは自家用車を所有する方が少なくなったことです。となると車を作るための部品を作る会社の利益も少なくなってボーナスが少なくなってしまうものです。今後このように何かの業界でボーナスが一気に少なくなってしまう可能性もないわけではありません。

 

ボーナスの使い道ランキング

ボーナスの使い道で最も多いのが貯蓄で次いで買い物や旅行などの自分へのご褒美となります。さらに生活費に充てるという方も少なくありません。主なボーナスの使い道としてはこの3点となります。

 

ほかにはローンの返済、資産運用、奨学金の返済などです。多くの方は大きな買い物をするためにボーナスを使うのではなく、今後のことを考えてお金を残しておくという選択をしています。やはりこの不景気において、今後生活がどうなっていくのか分からないことによる不安もあるものです。

 

ボーナスは一定額ではなく、業績に応じて増えることもあれば減ることもあります。最悪の場合はボーナスが出ないという場合もあります。多くの方は今後のためにお金を残しておく選択をしているのはやはりボーナスが一定額ではないのが大きな理由となるでしょう。

 

必ずしも王道のボーナスの使い方をするのがよいわけではないものの、多くの方がどういったボーナスの使い方をしているのかを覚えておいた方がよいでしょう。

 

ボーナスの正しい使い道は”投資”に使うこと

ボーナスを資産運用に充てることへの抵抗がある方もいるでしょう。しかしボーナスの10%なら金額的にもあまり抵抗がないはずです。長期的に積み立てをしないと利益を得るのは難しいものの、銀行にそのまま寝かせておくよりも利益を得られるものです。

 

ボーナスを資産運用に充てる方は増加傾向にあります。今後ずっと給料がそのままあるいは上がっていくかどうかは分からず、ボーナスが少なくなってしまうこともないわけではありません。ボーナスを資産運用に充てることによって将来に向けて貯蓄をしていくことになります。

 

投資によって絶対に大儲けできるというわけではなく、無理のない範囲で運用をスタートして将来に向けて資産を増やすことを意識してみてはいかがでしょうか。

 

将来に向けて資産運用をしていくことは今後生きていくうえで重要なポイントになっていきます。給料を資産運用に充てるのは難しくとも、ボーナスを資産運用に充てることはできるものです。

 

ボーナスがある前提で進めないこと

ボーナスは毎年増減し、さらに0円となってしまうこともないわけではありません。どういった使い方をするにしても、ボーナスがある前提で進めないことが大切です。

 

特にボーナスがあることを前提として大きな買い物をしない方がよいでしょう。ボーナス一括払いやボーナスがあることを見越しての出費は危険です。

 

あくまでも確実にボーナスを貰ってから支払いをしたり買い物をしたりした方がよいでしょう。ボーナスに関してはあくまでもその企業の業績に応じて変わっていくもので、毎月固定されている給料とは意味が異なるものです。

 

ボーナスを貰えることを当たり前と考える方もいるものの、企業からすれば義務ではありません。どれだけボーナスを貰えるかはそのときになってみないといけません。だからこそ慎重に対応していかないといけないといえます。

 

ボーナスの有効的な使い道 まとめ

ボーナスの有効的な使い道に関してはおおよその目安があります。どういった使い方をするかについては絶対の正解はないものの、少なくとも間違った使い方をしないよう意識した方がよいでしょう。

 

ボーナスはあくまでも流動的なもので、増えることもあれば減ることもあります。さらにはボーナスがなくなってしまうこともあるからこそ、高額な買い物をしたりするのは危険です。将来を見越して投資をするという方法もないわけではありません。

 

そして最も重要であるのはボーナスがある前提で進めないことにあります。ボーナス一括払いを選択すると予想以上にボーナス額が少なくなって支払いに困ってしまうことになるかもしれません。ボーナスそのものについて正しい考え方をもって対応していくべきです。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。