紫外線対策のスキンケア完全ガイド:効果的なケア方法とおすすめアイテム

夏本番が目前になって来ると、気になるのが日焼けです。

 

紫外線の量は3月から増え始めて、5月〜7月に最も多い時期を迎えます。

 

女性なら誰しも「シミやシワ」を気にすると思いますが、紫外線が肌に与えるダメージは活性酸素により、老化を促進する結果となってしまうので日頃のケアが大切です。

 

今回は、そんな紫外線対策の予算を調査しました。

 

資産形成に関心がある人はこちらから!

スキンケアに役立つ紫外線対策アイテムの選び方と使い方

紫外線対策のアイテムと聞いて、まず思い浮かぶのは以下4点が代表的です。

 

  • 日傘
  • 帽子
  • サングラス
  • 日焼け止めクリーム

 

それぞれのアイテムには価格や品質にばらつきがあり、自分にとってどんなアイテムが一番ぴったりなのかが気になるところです。

 

紫外線対策の代表的なアイテムの選び方と使い方について調べてみました。

 

紫外線対策アイテムの選び方:効果的なスキンケアを目指して

日焼け止めクリームなどに示されている「SPF値」「PA値」ですが、女性なら一度は目にしたことはあるでしょう。

 

「SPF値」とは、日焼けをすると肌が赤くなる紫外線B派を防ぐ指数です。

数値が高い方が紫外線を防ぐ効果が高くなります。

 

一方「PA値」はシミやシワの原因となる紫外線A派を防ぐ指数を表します。

+の表記で紫外線を防ぐ効果が示され、「++++」が最大値です。

 

また、「日傘」や「帽子」「サングラス」などにもUVカットが施されているものがあります。

 

紫外線対策アイテムの効果を確認し、用途に合わせて選びましょう。

紫外線対策アイテムの使い方:美容効果を最大限に引き出す方法

紫外線対策のアイテムには、それぞれ有効な使い方があります。

 

せっかく紫外線カットの効果が高いアイテムを持っていても、正しく使わないと効果が半減してしまいます。

 

アイテムの選び方と合わせて、使い方を確認しましょう。

 

紫外線対策アイテム 選び方 使い方 人気の価格帯
日焼け止めクリーム(※1) SPF値とPA値が高い方が効果がある 2~3時間置きに塗り直す 約700円~約2,500円
日傘(※2) 白より黒い日傘の方が紫外線を吸収する 視界が確保できるくらいに深めに差す 約1,500円~約7,000円
帽子(※4) UV加工が施されていて、黒や紺などの濃い色を選ぶ 用途に合わせてキャップやハットを使い分ける 約1,200円~約6,000円
サングラス(※3) 紫外線透過率が低いほど効果がある スポーツやアウトドアなど日中の大半を外で過ごす時は使用する 約3,000円~約37,000円

 

日焼け止めクリームは、化粧下地と一緒になっているものを選べば1つで兼用できます。

 

日傘のUVカット効果は2〜3年ですが、お手入れを正しくすることで長持ちします。

 

サングラスは紫外線透過率が低く効果が高いものを購入するなら、メガネ店がおすすめです。

雑貨店で購入するサングラスより価格が高めですが、メガネ検査員にアドバイスをしてもらい品質のいいものを長く使いましょう。

 

紫外線アイテムは効果が期待できるものほど、価格の高さに比例します。

しかし、1つで複数の役目を果たす日焼け止めクリームやアイテムのお手入れによって長く使うことにより、結果的に節約に繋がります。

 

資産形成に関心がある人はこちらから!

自宅でできる紫外線対策とスキンケアの工夫

紫外線対策は外出時だけに留まらず、自宅でも行うことで更に効果を発揮します。

ここからは、ホームケアの予算をお伝えします。

 

室内での紫外線対策:スキンケアと美容のために

 

室内にいても紫外線は進入してきます。

 

紫外線を浴びる量を最小限に留めるために、スキンケアとして日焼け止めクリームはこまめに塗りましょう。

 

また、進入してくる紫外線を遮るためにはUVカットの効果が高いレースのカーテンや、窓にUVカットフィルムを貼るのも有効的です。

 

UVカーテンはサイズや枚数にもよりますが、約2,000円代〜約5,000円代くらいの価格帯です。

 

UVカットフィルムの価格帯は、約3,000円〜約13,000円ほどです。

 

カーテンやフィルムは一度設置してしまえば、数年は耐久性がありますので長い目で見れば経済的といえます。

 

日焼け後のスキンケア対処法:ダメージを最小限に抑える方法

 

紫外線対策をしても、うっかり日焼けをしてしまうことがあります。

 

そんなときは、是非自宅でできるケア方法を試してみましょう。

 

次の5ステップはお金をかけずにできる、日焼けをしてしまったときの対処法です。

(※5)

 

  1. 日焼けでほてったお肌を柔らかいタオルを水で濡らして冷やしましょう。

 

  1. 次に、日焼けで失われた水分を化粧水や乳液などで保湿します。

 

  1. ミネラルウォーターやノンカフェインの飲み物で身体もうるおすことも忘れずに。

 

  1. シミやそばかすの生成を抑えるビタミンA・C・Eやリコピンを含むトマトや赤パプリカを積極的に摂りましょう。

 

  1. 充分な睡眠をとりお肌のサイクルをとり戻します。

 

日焼けは軽いやけどの状態です。

 

先ずは自宅でできる簡単な対処法を試し、必要に応じて美白効果のある基礎化粧品でお肌を整えましょう。

 

美白化粧品はラインで揃えると価格も30,000円以上するものもあります。

 

気になる美白化粧品があるなら、トライアルセットからはじめて試してみることをおすすめします。

 

美白化粧品のトライアルセットは、約1,000円〜約2,000円程度で手に入ります。

 

まとめ:紫外線対策とスキンケアで健康な肌を守ろう

今回は夏に向けて女性が気になる紫外線対策と、その予算について紹介しました。

 

日焼けを予防する日焼けクリームや日傘などのアイテムは、1,000円弱のものもありますが、SPF値やPA値を見極めて効果が得られる商品を購入することが重要です。

 

また、室内の日焼け対策として紹介したカーテンやUVカットフィルムもサイズによってばらつきはありますが、10,000円弱で購入できるものがほとんどです。

 

一度購入すれば数年は持つので、経済的といえます。紫外線対策のアイテムを上手に使って、焼けない肌を手に入れましょう。

 

リサーチオンラインでは資産運用などのお金に関する相談を承っております。

節約術で作った余裕資金は上手に運用するのがおすすめです。お問い合わせは公式LINEより承っております。どうぞ、お気軽にご相談ください。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事