資産が増えない医療従事者が続出!?不労所得で収入源を増やすコツ

医療従事者は一般的な会社員よりも年収が高く、経済的な余裕があってもいいはずなのですが、実際には上手に資産を増やすことが難しく悩んでいる人もいるようです。

医療従事者はとても過酷な仕事内容で、勤務時間も深夜など、プライベートを充実させるのもとても大変。だからこそ医療従事者が資産形成するためには「不労所得」が大切になってくるのです。

そこで今回は、収入源を増やすコツについて徹底的にご解説していきますので、ぜひこれからの生活のために参考にしてくださいね。

 

不労所得とは何?

不労所得というのは、権利収入やビジネス収入などで毎月一定額が自分の口座に振り込まれる仕組みで、自分が働かなくても得られる収入のこと。

不労所得の一例としては、株投資や投資信託、外貨預金、不動産投資などが人気です。これらの不労所得はそれぞれメリットとデメリットがあり、資金に合わせて始めることが必要で、種類によってはリスクが大きい場合もあります。

ただし普通預金でお金を管理する以上に、収入源となる確率が高いことも魅力。初期投資は必要になりますが、ある程度の流れを形成すると不労所得だけで生活することも可能なのです。

自分が働かずに収入を得るという感覚はありますが、不労所得は完全に放置せずメンテナンスも時には必要なので、投資に興味がある人なら楽しみながら不労所得を得ることもできるはずです。

 

医療従事者に不労所得が人気の理由

医療従事者には医師をはじめ看護師などあらゆる職業の方がいますが、医療関係は仕事内容が辛く、収入源を増やすために副業で他の病院で働く方も少なくありません。

とくに女性の医療従事者が意識したいのは、妊娠や出産で働く現場から離れなければならない期間があること。また年齢を重ねるごとに体力的に医療の仕事がきつくなることも現実です。

働き方を変えて正社員からアルバイトになれば、それだけ年収が下がってしまうこともやむを得ないでしょう。時間的にも副業する余裕はありませんし、現在の高収入を得ながらさらに収入をアップするには、「不労所得」が医療従事者にとって最適なお金の運用方法になっているのです。

投資セミナーでは参加者の平均年齢は30~40代がとても多く、医療関係者も多いといわれていますので、きつい仕事をしながらも資産を増やしたい人が多いことがわかりますね。

 

不労所得で収入を増やす方法

インフレ時代は銀行預金で資産を増やすことは不可能で、不労所得をしない人は長い目で考えると年収の1割程度しか退職後の余裕が残らないといわれています。

しかし不労所得で投資をすれば複利効果が得られ、場合によっては年収の2.6倍以上の退職準備金を用意できることも。そんな不労所得で収入を増やすには、自分に合った方法を見つけることが必要です。

しっかり休息をとりながら年収を増やせる方法としては、債券投資や投資信託があります。金融知識がなくてもプロの投資家が運用するため、安心して投資できることがメリットですが、手数料がかかり不効率。

株式投資は手軽にスマホからもできることや、分配金や株主優待などがあることもメリットですね。しかし株式は株価が下がり損失を被るリスクが高く、ある程度の知識がないと始められません。

世界経済、事故や天候不良など、思いもよらぬことで株式市場が乱れることはよくありますので、安定した不労所得にするには難しい点も多いのです。

 

医療従事者は不動産投資に合っている?

看護師の副業が当たり前になっている今の時代、医療従事者は資産を増やすためにあらゆる努力をされていることでしょう。しかし本業に影響を与えないためにも、できるだけ楽な方法で収入源を増やしたいのは多くの人の本音。

不労所得はそんな医療従事者にぴったりで、とくに「不動産投資」が向いているといわれています。不動産投資をする医療従事者が多い理由は、高い年収で資金力があることがまずひとつ。

一般的な投資信託なら数万円など少ない資金で始められる反面、リターンはあまり期待できません。その点不動産投資は医療関係者の新時代の副業とも呼べますし、不動産購入の際の融資審査においても医療従事者はとても有利。

すでに預金がある人なら、多額の現金を準備して一部だけローンにすることも可能です。さらに多忙なライフスタイルでも管理会社に任せて物件の運営をすることも可能なため、自分が働かずに安定した不労所得を手にすることができるのです。

不動産投資にも注意点はあり、投資対象になる物件選びで失敗する人や、修繕費など思った以上にランニングコストがかかることもあるでしょう。このような点はプロからアドバイスしてもらい、ローリスクで始めることは可能です。

不動産投資型クラウドファンディングとはなにか・初心者が失敗しないための基礎ガイド。こちらから。

不動産投資の体験談!サラリーマンが中古ワンルームor一棟マンションに投資したら。こちらから。

まとめ

医療従事者で不労所得に興味を持つ方は近年増加しています。体力を使う仕事なので、将来的にいつまで続けられるかわからない不安もありますよね。

だからこそ自分が働かず、お金に働いてもらうという発想が資産形成においても欠かせないのかもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事