婚活女性が知るべき - 3S職業・消防士との向き合い方ガイドライン

危険を顧みず人命を救助する消防士。結婚相手として人気の職業である一方、パートナーになると苦労する「3S」とも呼ばれています。

 

この記事では消防士の魅力と現実、消防士との結婚のポイントについて詳しく紹介します。婚活を進める上でぜひ参考にしてくださいね。

資産形成に関心がある人はこちらから!

消防士の魅力と現実性:3S職業の一つとして

こちらでは消防士の魅力と現実、なぜ3Sと呼ばれるかについて解説します。

 

消防士との結婚の魅力

 

婚活で相手を選ぶにあたって、重要視するポイントの1つが相手の収入でしょう。総務省の「令和3年4月1日地方公務員給与実態調査結果」によると、消防士の平均月給は約40万円、賞与の平均は約154万円であり、平均年収は約634万円と比較的高額です。

(※1) 

 

また、消防士の身分は「公務員」であるため収入低下のリスクがほとんどありません。終身雇用が見込まれる点も、結婚相手としては安心できますね。

 

加えて、結婚生活を見越したときに気になるのが相手の気配りや家事スキルです。消防士は毎日の訓練により、高い忍耐力と身体能力が培われています。また、消防学校での集団生活や勤務の食事当番により、基本的な生活能力が身についています。

 

長く幸せな家庭を築くには、夫婦間の協力はもとより健康な心身の維持は欠かせません。その点で消防士は、安心して未来を描ける相手ではないでしょうか。

(※2)

 

3S職業・消防士との結婚の現実

 

実は、消防士・スポーツインストラクター・整体師は「3S」と呼ばれ、パートナーになると苦労するといわれています。 消防士は社会貢献をする職業で、訓練で鍛えられたルックスも持ち合わせているため、女性にとてもモテます。

 

それに加え、消防士は男性ばかりの職場のため、仕事の反動でプライベートでは女遊びの欲求が高まってしまうようです。そのため、女性関係にだらしない方が一定数います。

 

また、不規則な勤務体制や災害時の緊急参集など、生活時間帯のすれ違いも念頭にいれた方がよいでしょう。ですが、結婚してから職場での女性との出会いが少ない点は安心ですね。(※3)

 

資産形成に関心がある人はこちらから!

消防士との結婚を見据えた視点

消防士との結婚を見据えるなら、消防士の職業特性を知り、すれ違いやトラブルを未然に防ぎましょう。

 

消防士は交代勤務が多い

 

消防士は世間とは異なる勤務形態で、生活リズムがすれ違う可能性があることに注意しましょう。消防士の勤務形態は所属によって異なりますが、大きく次の3つに分かれます。

 

  • 交替勤務(2部制):24時間働いたあと24時間は休み
  • 交替勤務(3部制):24時間働いたあと48時間(2日)休み
  • 毎日勤務:平日の8:30~17:30など一般的な会社員と同様

 

2部制勤務の方が約50%、3部制の方が約30%、毎日勤務の方が約20%いるようです。世間とは勤務時間帯や休日が異なるため、すれ違いが起こらないよう普段からコミュニケーションを密にとるようにしましょう。(※4)

 

消防士の業務は危険を伴う

 

消防士の仕事は火事や事故の際に現場に出動し、救助や救命に尽力するため、危険と隣り合わせの職業といえます。

 

また、地震などの大規模災害の際にも真っ先に出動しなければなりません。とはいえ、総務省の「令和3年度 消防白書」によると、令和2年度の消防職員の公務による死亡者数は6名、職員数に占める死亡者の割合は0.004%とそこまで高くありません。(※5)

 

人や地域を守るやりがいのある仕事を全うするため、自宅では消防士が落ち着けるようサポートしましょう。

 

資産形成に関心がある人はこちらから!

成功したパートナーシップの秘訣:消防士との長期的な関係構築

消防士とパートナーシップを構築するためには、どのような関係性を目指すとよいのでしょうか。

ここからは消防士が「結婚したくなる女性像」についてお伝えします。

 

仕事を理解してくれる女性

 

消防士の仕事は社会貢献性が高く、人命を救うために日々努力しています。

そのため、消防士の仕事を尊重し、危険性や苦労など消防士ならではの特性を理解してくれる女性が好まれるでしょう。

 

消防士は交代制勤務であることが多く、勤務が長時間に及び、一般的な生活リズムとは異なります。また、緊急の呼び出しや危険を伴う業務など、ストレスとなる要因も少なくありません。

 

消防士の仕事を理解し、スムーズに仕事ができるようサポートしてくれる女性であれば、信頼関係が長く続くことでしょう。

 

穏やかで落ち着ける雰囲気の女性

 

穏やかで落ち着ける雰囲気の女性だと、消防士と結婚して温かい家庭を築いていけるでしょう。

 

消防士の仕事は人命にかかわる重要な使命を負っており、危険も伴うため、常に緊張状態のもと業務にあたっています。そのため、家庭では安らぎを求めたり、ときには甘えたいと思ったりするのです。

 

包容力があり、笑顔で仕事に送り出してくれる女性だと、よりいっそう消防士の仕事に励むことができるでしょう。

 

自立して家庭を守ってくれる女性

 

消防士は不規則で長時間の勤務になることが少なくありません。そのため、家庭のことを自立して担ってくれる女性がパートナーだと、安心して仕事にまい進することができます。

 

家事や育児のことだけでなく、家計管理や資産形成までできると、あなたとの幸せな将来について具体的にイメージできることでしょう。

(※6)

 

まとめ

消防士は安定した収入と身分を持ち、心身共に鍛えられているため結婚相手として魅力的です。しかし、3Sと呼ばれる女性にモテる職業である、危険を伴う仕事であるなどパートナーとしては不安を感じる面もあるでしょう。

 

消防士と長くパートナーシップを構築していくために、結婚を見据えた視点や、消防士が求める女性像を理解していきましょう。

 

また、消防士の収入は安定しているとはいえ、結婚生活や子育てには思わぬ出費がかさみます。

この先の長い将来を見据えて、投資で資産運用していくのが望ましいでしょう。

リサーチオンラインでは、家計管理や資産形成のサポートをしています。

あなたの人生に合った方法を一緒に考えますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事