東日本限定!旅行の移動手段とコスパ第一段

あなたは東日本を観光で訪れたことはありますか。東日本には世界一高いタワーや日本が世界に誇るテーマパークなど数多くの観光スポットが存在しており、すてきな思い出作りができます。

ただ、東日本には観光地が多く存在しているため、どこへ旅行に行くか決めきれない方もいるかもしれません。そこで今回は、東日本のおすすめ観光地を5つ紹介します。国内旅行の旅先に悩んでいる方は、本記事を参考に、旅行先を決める際の参考にしていただければ幸いです。

東日本のおすすめ観光地5選

東日本のおすすめ観光地として、以下の5つを紹介します。

  • 北海道
  • 伊豆
  • 軽井沢
  • 千葉
  • 神奈川

北海道

最初に紹介するのは日本最北端に位置する北海道です。北海道には「旭山動物園」や「小樽運河」などの有名な観光スポットが多く、何回観光に訪れても楽しめる場所ですよ。

旭山動物園では「もぐもぐタイム」を日常的におこなっており、動物が餌を食べている姿を間近に見られます。飼育スタッフが動物にエサを与えながら生態や特徴について詳しく説明してくれるので、動物に関する知識も養えます。

また、北海道観光をするうえで欠かせないのが「小樽運河」です。小樽運河とは大正12年に完成して北海道の開拓を支えた港都市であり、水路に沿って昔ながらの倉庫が立ち並ぶ歴史ある場所です。

小樽運河ではクルーズに乗船しながら歴史ある街並みを眺められます。乗船する季節や時間帯によって見られる景色が異なるので、季節や時間帯をずらして何度も乗船すると、より楽しめるでしょう。

東京から北海道へ観光に行くのなら、飛行機がおすすめです。もし、羽田空港から旭川空港まで飛行機で行くとしたら、約1時間40分で到着します。(※1)価格は最安値で1人当たり23,370円です。(2022年7月6日時点)

伊豆

次に紹介するのは静岡県伊豆市です。伊豆には「修善寺」や「恋人岬」など歴史ある観光スポットが多いことで知られています。

修善寺はその名の元となった「修禅寺」だけでなく、温泉や恋の橋めぐりなど観光できる場所です。さまざまな遊びやグルメを満喫できるので、一日中修善寺で遊びつくすこともできますよ。

また、多くのカップルでにぎわう恋人岬は、愛する人の名前を叫びながら岬の先端にある鐘を3回鳴らすと恋が実るといわれています。恋人岬の位置からは富士山や南アルプスを一望できるほど景色が綺麗なので、恋人同士でなくても十分に楽しめる観光スポットです。

東京から伊豆へ観光に行くのなら、車で行くことをおすすめします。伊豆の観光地は駅から離れていることが多く、観光地に赴く度にバスやタクシーを捕まえるのは大変なためです。

車で伊豆へ旅行に行くことで、道端の飲食店や温泉へ気軽に立ち寄れて自由度の高い旅行を楽しめます。

軽井沢

次に紹介する軽井沢は、長野県に位置する自然豊かな観光地です。軽井沢には、国内最大級のアウトレットモール「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」が存在しており、ショッピングだけでなくグルメやお土産品購入も楽しめます。

また、広大な自然に囲まれて癒やされたい方は、「軽井沢 野鳥の森」へ訪れてみるとよいでしょう。多くの野生動物や野鳥が生息する広大な森で、生き物の日常的な姿が観察できます。森ならではの木々の香りや透明感のある空気に包まれているのでストレス発散にもつながるでしょう。

昔ながらの街並みをぶらぶら散策したい方には「旧軽井沢銀座通り」がおすすめです。飲食店や雑貨店などさまざまなジャンルのお店が立ち並んでおり、多くの観光客で賑わっています。

東京駅から軽井沢駅でのおすすめの交通手段は、新幹線です。軽井沢駅に停車する列車は「あさま」と「はくたか」で、はくたかの方が停車駅が少ないため早めに到着できます。東京駅から軽井沢駅まで約1時間弱で到着し、自由席であれば片道5,490円で観光できますよ。

千葉

千葉は首都圏から近いため気軽に日帰り旅行ができる観光エリアです。「東京ディズニーランド」や「東京ディズニーシー」、「鴨川シーワールド」などのアミューズメント施設が充実しており、お子様連れの方でも楽しめる観光地といえるでしょう。

千葉の魅力はテーマパークだけでなく、ショッピング施設も充実しています。「東京ディズニーリゾート」周辺に位置するイクスピアリではショッピングやグルメなどを楽しめますよ。

牛やアルパカなどの動物が好きな方は、「マザー牧場」へ観光に訪れてみるのもよいでしょう。マザー牧場では餌やりや乳しぼりなどの体験を大人1,500円で楽しめます。

千葉は東京の隣に位置する県ということもあり、東京から訪れるのであれば車で行くと自由に観光を楽しめるでしょう。

神奈川

神奈川県には「横浜中華街」や「横浜・八景島シーパラダイス」などさまざまなジャンルの観光施設があるため、老若男女問わず幅広い年齢層の方が楽しめます。

横浜中華街は600以上の店舗が立ち並ぶ日本最大の中華街で、グルメのみならず中国の文化に触れられる中国雑貨のお店も楽しめますよ。横浜中華街へ訪れることで、日本国内にいるのに中国まで旅行に行った気分を味わえるのでおすすめです。

横浜・八景島シーパラダイスは水族館と遊園地が融合したアミューズメント施設であり、グルメやショッピングを楽しめる施設も敷地内にあるため一日中楽しめます。

神奈川は東京の下に位置する県なので車で気軽に1時間ほどで立ち寄れます。日帰り旅行も十分にできる距離なので、仕事でたまったストレスを発散しに神奈川へ旅行に訪れてみるとよいでしょう。

https://research-online.jp/all/13915/
https://research-online.jp/all/economy/13858/

まとめ

東日本の観光地は地域によって大きく特色が異なっています。たとえば、伊豆であればお寺や温泉など歴史を感じさせる観光地が多く存在しますが、千葉はアミューズメント施設やショッピングモールなど発展した都会的な遊び場が多く見受けられました。

東日本は観光地が多く、どこへ行くべきか悩む方も多いでしょう。それぞれの地域の特色を踏まえて旅行先を決めることで、より観光を楽しめます。本記事を参考にして、自分に合った観光地を決めましょう。

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事