未公開物件とは?ポータルサイトに載らない物件こそ価値がある?

不動産の物件情報を探しているときに、「未公開物件多数!」という広告を目にしたことがある人もいるでしょう。どのような情報なのか具体的に気になっている人も多いのではないでしょうか。

本記事では、ポータルサイトには掲載されない未公開物件について解説します。住居として、または投資先として不動産物件を探しているけれどなかなか良い建物に巡り合えない人や未公開物件に興味のある方は参考にしてください。

そもそも未公開物件ってなに?

大きく分けて公開物件と未公開物件があります。それぞれの違いについてみていきましょう。

公開物件

SUUMOやHOME'Sなどのポータルサイトで一般公開されている物件情報を指します。誰もがインターネットで検索すれば、知ることが可能な情報です。

未公開物件

国土交通大臣が指定した、全国の不動産会社間で物件情報を共有・検索するためのデータベースである「レインズ」には登録されているものの、一般に広く公開されていない物件です。(※1)

売却依頼を受けた不動産会社は5日または7日以内にレインズへの登録が義務付けられています。レインズは基本的に不動産会社の人しか利用できません。

未公開物件の特徴

未公開物件の特徴として、次のものが挙げられます。

  • 好条件
  • 未完成
  • 大家の意向による
  • 一般媒介契約

また、これ以外にもレインズに掲載されて、ポータルサイトに掲載されるまで半日~数日間程度のタイムラグが生じるために非公開物件となることがあります。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

好条件の物件

好条件の物件であれば、自社で買い手を見つけられます。また、既に既存顧客が求める条件と合致する場合でも、自社で買い手を見つけられる確率が高まります。

自社で買い手を見つけると手数料収入が増えるため、このような場合非公開物件となる場合が少なくありません。

未完成の物件

未完成の建物は売買が原則的に禁止されています。(※3)

しかし、場合によっては土地を仕入れてまだ上物が完成していない段階で、信頼できる不動産会社にのみ販売を依頼するというケースもあります。

未完成の物件は市場に出すとトラブルが生じることもあるため、未公開物件となることが少なくありません。

大家の意向による

不特定多数の人に情報を知られたくないなどの大家さんの意向が働いた場合、レインズのデータベースには登録されますが、不動産ポータルサイトでの情報は公開されません。

このような場合、実際に不動産会社に問い合わせて条件が合えば紹介してもらえる物件となる可能性が高いといえます。

一般媒介契約

複数の不動産会社に同時に仲介を依頼できる媒介契約を、一般媒介契約といいます。この場合、レインズへの登録が義務付けられていません。結果的に「未公開物件」と同様、世間に広く知られることのない物件となります。ただし、任意登録は可能なので一般媒介契約物件で、公開されているものもあります。

なお、契約形態には次の3つがありレインズへの登録義務は次のとおりです。(※2)

種類レインズへの登録義務
一般媒介契約なし(任意登録可)
専任媒介契約あり(7日以内)
専属専任媒介契約あり(5日以内)

どうすれば見つけられるの?

未公開物件を知りたい場合は、インターネット検索ではなく直接不動産屋に出向きましょう。複数の不動産会社に希望の条件を伝えて探してもらいます。その際、営業担当者に購入の意思を伝え、どのような物件を求めているかはっきり伝え、信頼関係を築いておくことも欠かせません。

条件に合う物件が非公開として存在した場合に紹介してもらえます。

未公開物件は情報が広く出回らないため、他の購入者にスピードを気にせずに購入検討できます。

特に、これまでインターネット上で広く公開されている情報しか見たことがない人にとっては、理想的な物件に出会うチャンスが隠れている場合が少なくありません。

自分で住む住居を探している人はもちろんのこと、不動産投資用の建物を探している人にとっても、未公開物件情報の中に希望していた物件に出会えるチャンスが潜んでいると言えるでしょう。

ただし、未公開物件が全て優良とは限りません。未公開物件と言うだけで優劣を決めつけず、内覧して自分の希望に合っていることを確認しましょう。

https://research-online.jp/all/property/14474/
https://research-online.jp/all/property/14468/

まとめ

未公開物件とは、広く公開されていない物件情報を指します。そのため、未公開物件情報の中に、好条件が含まれている可能性も少なくありません。

自分に見合った理想の住宅を探しているけれどもなかなか公開情報の中では見当たらない場合や不動産投資のための好条件情報を探している場合に、探してみてもよいでしょう。

情報を得るためには、積極的に複数の不動産会社を巡り、購入の熱意を伝え、信頼関係を築くことが欠かせません。

リサーチオンラインでは、不動産投資に興味を持った方への質問や相談に応じています。不動産投資による安定した収入に興味のある方は、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事