貯金の増やし方とは?資産形成したい人必見!貯金するための3つのポイント!

生活する上で必要になってくるお金、もしものために貯めておきたいお金など貯金を増やしたいけど中々貯まらないという方は多いのではないでしょうか?

当たり前の事ですが収入から支出を差し引いた分のお金を貯金すると思います。

これの金額を如何に大きくするかかなり悩みますよね。

貯金を増やす上で1番の土台になるのが「貯める」ということです。

これが出来なければ貯金は一向に増えません。

ではどのようにしたら貯めることができるのか、今回、貯金出来ない人の特徴からそれについての解決策まで3つのポイントをまとめてみましたので紹介したいと思います。

貯金が出来ない人の特徴

  • 収入と支出を把握していない
  • 必要以上の支出がある
  • 貯金の目標額と理由が決まっていない

上記の3つのどれかに当てはまっていれば貯金は増えないと言えるでしょう。

これらを1つずつ詳細に解説していきます。

収入と支出を把握していない

収入と支出を把握していなければ自分がどの程度のお金を持っているかわかりません。

ということは収入と支出が同額またはそれ以上だった場合は必然的に貯金出来ないということですね。

収支を把握するというのは具体的に今月の収入がいくらで何にいくら使ったか、あるいは使う予定があるかを把握することです。

1番重要なことは何に使ったか分からないお金(=使途不明金)を無くすことです。

不明な金が無くなり、その分が貯金に回すことが出来るため節約にもなります。

そしてこれにピッタリなのが家計簿をつけることです。

いきなり家計簿をつけるのは難しそうと思う方はざっくりと毎月かかる支出を書き出してみたり支出の際に何に使ったかをメモすることから始めるのも良いかと思います。

必要以上の支出がある

必要以上に支出がある方は意外と多いです。

お出かけ中に欲しい物を目にしたら衝動的に買ってしまったり、あまり使用していないサブスクを継続していたりと思い当たる方は多いのではないでしょうか?

支出を書き出してみるとそれらが可視化されて支出の多さに驚かれる方もいると思います。

それらから必要な物と不要な物に分けて極力減らして行きます。

「極力減らすなら節約しよう!」と思われる方が多いと思いますが間違えて欲しくないのが見直す順番です。

まず食費をけずることや節水・節電などの小さいことから始めようと考える方が多いと思い

ますがこれらは手間の割に効果が薄いのであまり意味がありません。

効率的かつ効果が高いことから始めていきます。

大きいところから始めるということでポイントになるのが固定費を下げるということです。

生活する上で必要最低限の支出は仕方ないですが、オプションなどの不要なプラスアルファで支払っている分を見直す(減らす)とかなり効果が出ます。

固定費の中で見直しやすい物といえば「携帯」と「保険」です。

携帯電話はdocomo・au・SoftBankの大手3キャリアより格安SIMを使うということです。

人によりますが格安SIMにすると毎月約5,000円~7,000円ほど安くなります。

保険には生命保険や自動車保険など様々な種類があり、数多く加入していると思います。

その中で要らない内容にまで加入していないか見直すことが重要です。

最近多いのは積立型の保険です。

保険料と一緒に一定額を支払って期間満了の際に支払われますがこちらをするより自分で積み立てたほうがお得なのでオススメはしません。

貯金の目標額と理由が決まっていない

貯金する目標額や理由が定まっておらず、なんとなくで貯金をすると意思が弱くなり、ついつい使ってしまいます。

目標のために貯金をするほうが意欲が湧きますよね。

ということで目標とそれに対する理由を考えていきますが、ただ単に目標を立てろと言われても具体的にどのような事を目標にすればいいか悩むと思います。

そこで効果的な貯金をするための目標の立て方を紹介していきます。

まずやりたいことと欲しいものを何でも良いのですべて書き出していきます。

ここでは理由は問いませんので大雑把で大丈夫です。

そして書き出したらそれぞれの目標に「期日」を付けていきます。

例えば「40歳までにブランド品のバックを買う」だったり、「定年退職するまでに2000万円貯める」など人それぞれなので何でも良いです。

すると短期・中期・長期とそれぞれ目標達成するまでの期間が分けられると思います。

これによりまず何から目標にすべきなのか順番が把握しやすいです。

期間を加えたら次はそれぞれの目標について「なぜその目標を達成したいのか?」を分析していきます。

例えば「定年退職するまでに2000万円貯める」については

「退職金だけだと不安」

「退職金があるかわからないor100歳まで生きるとしたら足りない」

という風になぜなぜと繰り返していくイメージです。

これにより目標達成したい理由が可視化されて貯金しなければならないという意欲が湧くと思います。

まとめ

今回は貯金するための3つのポイントについてまとめてみました。

  • 収支の現状把握
  • 固定費の見直し
  • 目標設定と分析

上記のことを実践することが出来たら着実に貯金が増えていくと思います。

貯金は誰でも簡単に実践できますが間違ったやり方で行うと効果は薄く、すぐに挫折してしまいます。

1番大切なのは無理なく長期的に貯金を継続することだと思います。

賢く貯金すれば貯金を増やすことは難しくありません。

そして現在、国内の経済情勢については低金利が続いたり物価の高騰により思うように貯金が貯まらないという意見もあります。

今後は投資による資産運用も検討が必須と言えるでしょう。

資産運用に興味がある方は、選び方等を相談するところから始めてみてはいかがでしょうか。

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事