最近ネットでよく聞くDAOって何?

最近、仮想通貨に関連する用語として、DAOという言葉を耳にする人が増えてきているのではないでしょうか。

DAOとはブロックチェーン技術を利用した分散型自立組織です。DAOの代表例にビットコインがあります。本記事では、DAOについて分かりやすく解説します。DAOに興味がある方は参考にしてください。

分散型自律組織( DAO )とは?

DAOとは「Decentralized Autonomous Organization」の略称です。日本語では、「分散型自立組織」と言われています。

DAOに特定の管理者や階層は存在せず、ブロックチェーンの技術を基盤に作られる組織です。そのため参加者全員が同等の発言権や意思決定権を持ちます。

これまでの組織では、必ず支配者やリーダー、取りまとめの人が存在していました。しかし、DAOは組織の支配者やリーダーが存在しない、きわめて民主的な組織として注目されています。

各DAOは、参加者に対し独自のガバナンストークンを発行しており、参加希望者はそれを購入し組織に参加、意思決定のための投票権を保有できます。参加者はDAOを通じてサークルのように人とのつながりが持てます。

なお、詳細な条件はDAOにより異なるため注意しましょう。DAOの参加には一定の労働が必要となる場合が少なくありません。例えば、トークンの一定量の保有などが義務付けられている場合があります。

トークンとは

トークンとは「しるし」や「象徴」を意味します。ブロックチェーン技術で発行された仮想通貨も「トークン」と呼びます。例えば、ビットコインもトークンの1つです。

意思決定の際はガバナンストークンで投票し、過半数以上の賛成が得られた場合に確定とみなされ意思決定が実行に移ります。

ブロックチェーンとは

意思決定の投票結果はブロックチェーン上に記録されるため、透明性が高いのも魅力の1つです。

ブロックチェーンとは、暗号技術により取引履歴を時系列で一本の鎖のように記録する仕組みです。関係者全員がチェーン内のブロックを確認できるため、不正取引が困難となるのが特徴です。そのため、信用性の高い取引とされています。

DAOの代表例:ビットコイン

DAOの代表例として、ビットコインがあります。ビットコインは世界初のブロックチェーン技術を使用したデジタル通貨です。

一般的な通貨、例えば「円」や「ドル」などは、それぞれに国家の後ろ盾を持ち、中央銀行を介して流通しています。そのため、市場動向により流通量を調整したり、取引に介入したりする場合があります。

しかし、ビットコインはそのような中央集権的な管理を受けません。国家の権威に影響されることのない通貨といえます。ビットコインは世界中のユーザーの信頼により、価値が保たれている通貨なのです。

日本で運営されているDAOの例

日本でも、既にさまざまな個人や団体がDAOを運営しています。

例えば、イケアヤ氏が運営しているNinja DAO(※1)や3名の映画監督が発起人となって立ち上げられたSUPER SAPIENESS(※2)などです。

注目されている理由

DAOが注目されている理由についてみていきましょう。

参入ハードルが低い

DAOはインターネット環境があれば、誰でも設立できます。組織設立のハードルも高くありません。そのため、資金調達を目的としてDAOを設立している人が多く見受けられます。また、慈善団体などが寄付を募るためにDAOを設立する場合もあります。

参加を希望する人も、各団体の条件を満たせば簡単に参加出来る点もメリットです。

透明性が高い

ブロックチェーンを用いると、取引の記録が正確に残ります。書き換えができないため、過去にさかのぼり改ざんすることはできません。また、過去にさかのぼりいつでもデータを追跡できます。

そのため、DAOは透明性の高い取引に適した仕組みといえるでしょう。

コストカットできる

DAOにはリーダーや支配者が存在しません。そのため、組織の運営方針は賛同して組織に参加したユーザーに任せることとなります。

一般の組織であれば、多くの参加者がいる組織をまとめる場合は、はがきやメールを送付し意思を確認し集計するといった、手間暇がかかりコストがかかります。

しかし、DAOの取引はスマートコントラクトで実行されます。そのため、通常の組織と比較した場合、低コストでスピーディーな組織を作れる点がメリットです。

https://research-online.jp/all/asset/12983/
https://research-online.jp/all/asset/4101/

まとめ

ブロックチェーンの仕組みを利用して作られた、分散型自立組織をDAOと言います。参入ハードルが低いため、さまざまな目的で作られています。組織の支配者やリーダーはおらず、条件を満たした参加者それぞれに投票権があるのが特徴です。

意思決定においては参加者からの賛同が必要ですが、一般的な組織と比較して低コストでスピーディに行えます。そのため、これまでのように中央集権的な組織ではなく、民主的な組織づくりに適した仕組みと言えるでしょう。

興味のある方は、DAOへの参加や設立を検討してみてはいかがでしょうか。また、DAOの話を聞いて仮想通貨に興味を持った方は、これを機会にはじめてみてもいいですね。

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事