資産運用で成功するために必要なマインドセットとは?

新NISAの発表や物価の高騰で、資産運用を始める人が増えてきました。資産運用は自らお金を生み出せるため、資産を増やすためには必須ともいえます。

 

自らのお金を使って資産を運用するのであれば、誰しもが上手に運用したいと考えるでしょう。しかし、当初想定していたほどお金を増やせず、投資を諦めたり怖がってしまったりしている方も多いのではないでしょうか。特に多額の損失が出てしまうと精神的なダメージが大きく、投資は二度としたくないと感じた方もいるでしょう。

 

今回は、資産運用で成功するためのマインドセットを紹介します。資産運用は成果が出るのに時間がかかります。資産運用を成功させてお金を増やしたい方は、ぜひこの記事で紹介する投資マインドを学びましょう。

 

資産形成に関心がある人はこちらから!

資産運用で失敗する人と成功する人の違いとは?

資産運用がうまくいかない人とうまくいく人の違いは、メンタルの保ち方にあります。

 

資産運用に失敗してしまう人は、値動きに過敏です。特に値下げの動きには必要以上に反応してしまい、思ったような結果とならないことが多いです。

 

損をしてしまう恐怖や苦痛は、資産を増やせた満足感よりも刺激が強く、心が揺らぎがちになってしまいます。株価が一時的に急落した際に、損失が怖くなり所有している株式などを売ってしまうのは、この心理に基づいた行動なのです。これを都度行っていては、投資はうまくいきません。

 

一方、資産運用がうまくいく人は、メンタルにブレがありません。株価の値動きをあまり気にせず、どういった状況となっても自身が何をすればよいかがわかっています。常に落ち着いて資産運用に臨めるため、売り買いも適切なタイミングで行えるのです。

 

市場は日々変動します。その動きに流されない心持ちが、資産運用では重要です。(※1)

 

資産形成に関心がある人はこちらから!

成功する投資家に共通するマインドセットとは?

資産運用に成功する投資家は何を考えどのような気持ちで投資をしているのでしょうか?結果を出せる投資家に共通するマインドセットを紹介します。

 

自分の投資パターンを理解する

資産運用のうまい人は、相場が動いた際にどのようにしたら勝てるか、あるいは負けないかというのを理解しています。それは、自身の投資パターンを理解しているためです。

 

経験則に基づき投資をパターン化すれば、成功した要因・失敗した要因をしっかりと分析できます。成功できる条件・失敗する条件に合わせて投資をしていけば、どのような値動きになっても安定して投資を続けられます。

 

行動パターンを複数用意できるのは、投資家にとって大きな強みです。

 

失敗の仕方を知っている

資産運用で成功を積み重ねてきた人は、上手な失敗の仕方を知っています。どれだけ投資で成功してきた人でも、それまでに数多くの失敗を繰り返しています。成功できる人は、この失敗の要因や分析を徹底しているのです。

 

結果を出す投資家は、小さな失敗・大きな失敗にかかわらず、何をした結果失敗し、次回以降はどういった点に気をつければよいかを究明します。それらを経験として吸収することで、失敗のパターンを理解し成功へとつなげているのです。

 

また、もし失敗したとしてもリカバリーできる程度の小さなものに抑えられています。失敗を極力小さくすることで、負けのリスクを少なくしています。リカバリーできた体験なども合わさり、自身のパターンをより確固たるものにできるのです。

 

複数の失敗と成功体験を重ねれば、資産運用が成功する可能性を上げられます。

 

他人と比べない

資産運用にかけられる資金・時間・労力は人によって違います。ほかの投資家の動きや投資結果を変に意識しすぎると、自分の意思に反して必要以上に金融商品を購入・売却してしまうかもしれません。もし結果が出なければ大きな後悔をしてしまうでしょう。

 

他人の投資家の動きは、あくまで参考程度に捉えておくとよいです。自身の投資に関するヒントが見つけられる場合があります。いろいろな投資家を参考にすると、自身に合う投資法、合わない投資法が見つかることもあります。さまざまな人を手本にしながら、自身が結果を出せる投資方法を見つけましょう。(※2)(※3)

 

資産形成に関心がある人はこちらから!

投資のリスクに対するマインドセット、上手に乗り越えるためのポイントとは?

投資のリスクを乗り越えるには、恐怖心に打ち勝ち投資をし続けるのが重要です。資産運用はすぐに結果が出るものではありません。続けるうちに知識が身につき、成功に近づくことができます。

 

投資の最大のメリットは複利効果です。複利効果を享受するには、投資を続ける必要があります。失敗して諦めたり資金を失って投資をやめたりしてしまっては、福利効果を最大限享受できません。投資の目的を再度見直し、諦めず続けることが肝心です。(※2)

まとめ

資産運用における重要なマインドセットについて紹介しました。

 

日本では、いまだに「投資は危険」「一発当てれば大儲け」といった考え方が浸透しています。そのため、必要以上に値動きを恐れたり、お金を注ぎ込んだりと投機的な運用が目立っています。投資にはリスクや失敗がつきものです。それらを理解し、落ち着いて臨むことで、成功に近づけます。資産運用があまりうまく行かない方は、ぜひマインドセットを意識してください。

 

リサーチオンラインでは、投資や資産運用に関する相談を受け付けています。ぜひお気軽にご相談ください。

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事