最近特に話題になっている「チャットGPT」って何?わかりやすく解説!

チャットGPTという単語を耳にする機会が増えた方は、少なくないのではないでしょうか。

2022年11月に公開され、人と話すような会話ができるAIチャットとしてSNSなどで大きな注目を集めました。

 

リリース後、ユーザー数を伸ばし続け2023年に入ると米Microsoft社がチャットGPTの開発元であるOpenAIに対し ドルの投資の実行を決定しました。(※2)

このようにチャットGPTは、機能面・成長面どちらの面においても注目を集めています。

 

この記事では、チャットGPTについてどういったものなのか、始め方や使い方はどのようになっているのかなどについてお伝えしていきます。

 

チャットGPTについて知りたい、活用してみたいとお考えの方はお役立てください。

資産形成に関心がある人はこちらから!

チャットGPTとは?(料金、できること)

(※2、3)

チャットGPTとは、アメリカのOpenAI社が開発した人工知能(AI)を活用したチャットサービスです。

開発元のOpenAI社は実業家のイーロン・マスク氏をはじめとした実業家たちが出資をしている人工知能の研究機関です。

 

チャットGTPは、小説の自動生成やゲームでの会話の生成を目的として開発された「GPT」という言語モデルをベースにしています。

GPTは与えられたテキストの指示に対して自然な言語の生成を目的としたAIで、インターネット上にある膨大な情報を学習して、複雑な語彙や表現などの理解ができる点が大きな特徴です。

 

上記の特徴に加え、過去の会話内容の記憶や内容に誤りがある場合はユーザー側での訂正が可能といった、自然な会話に近づけるための機能が搭載されています。

チャットGPTは改良と進化を繰り返し、2023年2月にはチャットGPT-3.5が、2023年3月にはチャットGPT-4がリリースされました。(※2)

 

現在リリースされているチャットGPTは、チャットGPTと有料プランのチャットGPT Plusがあります。

チャットGPT Plusは月額20ドルの課金制で、最新のチャットGPT-4が利用可能です。(※2)

 

チャットGPT-4は無料版で使用されるチャットGPT-3.5と比較すると圧倒的に人に近づいたと高い評価を集めています。

 

チャットGPT-3.5では入力できるデータはテキストのみでしたが、チャットGPT-4ではテキストデータだけでなく、画像データも入力が可能です。

また、チャットGPT-4は抽象概念の理解も進み、高度な理論や複雑な指示にも応じられるようになり、より創造性の高い文章の作成が可能となっています。

 

資産形成に関心がある人はこちらから!

チャットGPTの始め方

チャットGPTを始めるにあたっては、複雑な操作や手続きなどは特に必要ありません。

公式サイトへアクセスし、アカウントを登録した後に質問を入力するだけで利用可能です。

アカウントの作成手順は以下の通りになります。(※4)

 

1.

チャットGPTのサイトへアクセスし、「TRY CHATGPT」のタブをクリックしログイン画面へと移行します。

2.

アカウントを所持している場合は「Log in」のタブを、所持していない場合は「Sign up」のタブをそれぞれクリックします。

初めて利用する場合は、アカウントを所持していませんので「Sign up」のタブを選んでアカウントを作成しましょう。

 

3.

アカウントの作成・登録にあたっては以下が必要となるため、事前に準備しておきましょう。

 

  • Googleアカウント
  • Microsoftアカウント
  • メールアドレス

 

GoogleアカウントないしはMicrosoftアカウントの場合は必要ありませんが、メールアドレスでアカウントを作成する場合のみ、別途8文字以上のパスワードを設定する必要があるため注意が必要です。

電話番号の入力・登録も必要となるため、GoogleやMicrosoftのアカウントと連携させる際は、紐づけされても支障のないアカウントを選びましょう。

 

4.

メールアドレス宛にOpenAIからメールが届きます。

メール本文の「Verify email address」のタブをクリックし、登録画面へ移行します。

登録画面で名前と電話番号を入力すると、電話番号にSMSで認証コードが届きますので、認証コードを入力すれば登録完了です。

 

資産形成に関心がある人はこちらから!

チャットGPTの使い方

(※2)

チャットGPTの使い方は非常にシンプルです。

枠内にキーワードや質問事項、文章のテーマなどを入力するだけのシンプルな構造です。

 

チャットGPTは非常に便利ですが、得意なこと・苦手なことがあるため、利用にあたってはそこをきちんと理解しておかなくてはなりません。

 

チャットGPTができること・得意なことは以下の通りです。

 

  • 日常会話
  • テキストの翻訳
  • 文章の作成や要約
  • テキストやコードの添削
  • 企画書やプレゼン資料のひな型作成
  • プログラミング
  • 表や関数の作成
  • 炎上リスクの判断

チャットGPTができる・得意なことの特徴としては、インターネット上にある過去の情報からの学習になります。

 

反対に、チャットGPTが苦手とする・難しいことは以下の通りです。

 

  • 正確な事実のリサーチ
  • URLの参照
  • 直近の出来事に対する回答
  • デジタル化されていないアナログ情報

 

チャットGPTはインターネット上から網羅的に情報は集められますが、正確性の判断は難しいです。

また、アナログな情報や十分なデータが集まっていない物事に対しては弱さがあります。

 

まとめ

最近なにかと耳に・目にする機会の増えたチャットGPT。

実際どういったものかよく分かっていない方も多いのではないでしょうか。

 

今後、仕事や資産運用などあらゆる面でAIの力を借りる・借りざるを得ないような状況になる可能性は捨てきれません。

1人ではわからないことも、プロの力を頼ればスムーズな解決が可能になる場合は多いです。

 

リサーチオンラインでは、公式LINEをリリースしました。そのため、お金や資産運用だけではなく、不動産投資に関する相談においてもWeb上だけでなくLINEからもできるようになり大変便利です。皆様からのお問合せお待ちしております。

 

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事