ビジネスマン必見:本の解説と要約「99%はバイアス」

この本について

  • ジャンル:心理学、自己啓発、社会学
  • 著者:ひろゆき
  • 出版社:ダイヤモンド社
  • 本のリンク:99%はバイアス - Amazon「99%はバイアス」は私たちの認知プロセスに潜む歪みと偏見を浮き彫りにします。ひろゆきが解説するこの作品は、日々の思い込みに挑み、より良い自己理解と人間関係を築くための指南書です。

本書の要点

人は思い込みでできている

私たちはしばしば自分にはバイアスがないと錯覚しますが、この思い込み自体がバイアスです。自らの誤解を受け入れ、騙されるリスクを自覚することが、バイアスから抜け出す第一歩となります。

騙されることの本質

私たちは無意識のうちに騙されやすい状態にあります。騙される瞬間に自覚的になることで、他者に操られることなく、自分の意思を保つことができます。

自分が決めたことを続ける

理解と共感は人間関係を築く上で欠かせない要素ですが、完全な理解は常に可能ではありません。自らの信念に従い、一貫性を持って行動することの重要性を、本書は教えてくれます。

社会的評価がない仕事

労働における過剰な努力が健康を害することや、社会的評価だけが幸せの源泉ではないことを、ひろゆきは指摘しています。真の満足とは、人間関係の安定から生まれるものです。

口のうまい人が総取りする世界

説得力のあるコミュニケーションは成功への鍵です。しかし、その成功は時には他者を騙す技術に依存することも。本書では、そうしたコミュニケーションの技術とその裏にある人間の心理を探ります。

本書の要約

「99%はバイアス」では、私たちが日常的に抱える思い込みとその対処法を、ひろゆき独自の視点で分析しています。人間がバイアスによってどのように自己や他人を誤解しているのか、そしてそれらからどう自由になるかについて、具体的な例とともに解説されています。この本を通じて、私たちは自己認識を高め、より健全な人間関係と社会生活を築くための方法を学びます。また、労働観やコミュニケーションの新たな視点も提供され、私たちの日常生活に深い洞察を加えてくれます。

最後に

「99%はバイアス」を読むことで得られる知見は、ただ理解するだけでなく、実生活に応用することでその真価を発揮します。自己のバイアスに気づき、それを乗り越える試みは、私たちをより良いコミュニケーションと自己理解へと導きます。この本から学んだことを、日々の人間関係や仕事に活かし、より意義深い社会生活を送るための一歩としてください。ビジネスマンの皆さん、自己認識を高め、他者との関係を深めることで、より充実したキャリアを築くチャンスを掴みましょう。

 


リサーチオンラインを運営するリサーチバンク株式会社では、最新ニュースや、資産管理や投資についてのニュースを発信しています。また、NISA、iDeCo、投資などの資産運用の個別相談も行っています。゙LINEで簡単に無料でお申込みできますので、お気軽にお問い合わせください。

また、「女性の相談しやすさ」に特化した資産運用相談サービス「アセット デザイン ラボ」もございますのでお気軽にお問い合わせください。

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事