女性が香水を変える心理になるのはどんな時が多い?

はじめに

香水を変える心理になるのは、どのような時が多いのでしょうか。
普段からお気に入りの香水を使っている女性でも「ちょっと変えてみようかな」と思う時がありますよね。
このような時には、どんな心理が働いているのかについて、詳しくお伝えしていきましょう。

イメージチェンジをしたい


今まではフローラル系の香水を好んでつけていた女性が、少し大人っぽい雰囲気の香水に変えたいと思う時もあるのです。
香りを変えただけでも気持ちが変わり、そしてイメージチェンジができるように感じるのでしょう。

今までの香水もそれなりに気に入っていたけれど、レベルアップしたい思いになった時に、香水を変える心理になる場合もあるのです。

女性がイメチェンをした時は、できれば周りの人に気づいてほしいと思うもの。
これについてはファッションだけではなく、香りに対しても同じように言えるのです。

今までと全く違う香水にすることによって、周りに気付かれるのを期待している思いもあるでしょう。
そして新しい香水が自分に合っていると感じると、これが自信に繋がるケースもあるのです。

好きな人の好みに合わせたい


好きな人が出来た時は、出来るだけ相手の好みに合わせたくなるという女性の気持ちもありますよね。
このため今までの香水ではなくて、好きな人の香りに近いものを選びたくなる場合も。

相手がつけている香水について知ることができたのなら、同じ香りを選びたくなる気持ちもあるでしょう。
でもあまりにも同じものにしてしまうと、好意についてバレてしまうかもしれないとリスクを感じて、少し違う香りにしようとするケースもあるのです。

好きな人が普段から好んでいるものに対して、自分も同じように好きになりたい思うこともあるでしょう。
これがきっかけとなり、今まで以上におしゃれになりたいと考えたり、センスの良い自分になりたい思いを持ったりする女性もいるのです。

周りから勧められた

友人からのプレゼントで、香水をもらうこともあるでしょう。
もしくは周りの人が購入してつけてみたところ、とても良い香りだったので勧められるケースもありますよね。

自分の好みやこだわりだけを重視するのではなく、周りの人の感覚に対しても取り入れてみる柔軟性を持つのが理想的でしょう。
そうすることによって、今までと違うものを好きになれたり、新しい自分になれたりすることができるのです。

お気に入りだからと思い、今までの香水を大切にしたいと考える人もいるでしょう。
でも人からのアドバイスに対して感謝をして、一度試してみるのも良いかもしれません。
プレゼントしてくれた人の思いを大切にすると、香水をつけてみた時に相手が喜んでくれる可能性が高いですよね。

職場が変わった


職場によって、合う香りと合わない香りがあるものです。
今までは自分の好みで、少し強めの香水をつけていたという女性もいるでしょう。

でも職場が変わったので、今までよりは少し香りを抑えなければいけないと考える時もあるのです。
周りの空気を読んで、環境に適応するように努力をするのも仕事をするうえでは求められる場合が多いでしょう。
違う職場に勤めたり部署が変わったりした時に、香水について配慮するのも必要になるのです。

この時にファッションやヘアスタイルについてはかなり意識をしていたけれど、香りにまでは気が回らなかったというケースもあるでしょう。
でもここで香りに対して配慮ができる女性だと周りが感じたのなら、一目置かれる存在になるのも可能なのです。

お手本にしたい女性の存在を見つけた

仕事ができたり気配り上手だったりする女性が、今までは身近にいなかったケースもあるでしょう。
でもとても魅力的で、お手本にしたい女性と出会う機会があるかもしれません。

このような時には、相手の女性がつけている香水に対して興味を持つものでしょう。
その香水がとても合っていて、その女性をさらに魅力的なものにしているように感じると、もっと深く聞いてみたくなることもあるのです。

「自分もいずれは、その女性のようになりたい」という気持ちがあるため、まずは同じ香りになってみたいと感じて、香水を変える心理が働くのでしょう。

でもあまり相手を真似しすぎてしまうと、自分らしさを大切にすることができなくなってしまうのです。
自分の良さについては、これからも伸ばしていくようにしたいですね。

まとめ

香水を変える心理になるのは、何かきっかけがあることがほとんどでしょう。
でもふとした時に、香りを変えてみたくなる場合もあるのです。
季節が変わったり自分の気持ちに変化があったりする時にも、今までとは違う香りを身に纏いたくなるもの。

このような自分の気持ちに対して、素直に行動するようにしてみましょう。
そうすることによって、今の自分に合う香りを見つけることができるようになるのです。

おしゃれでセンスの良い女性は、香りについても普段から意識している可能性が高いでしょう。
自分自身の魅力を高めていくためにも、香水に対しての知識を深めるようにしたいですね。

衝動買いをするときの心理とは?買い物前の注意点をチェック。

リサーチオンラインは、働く女性を応援しています!

リサーチオンラインを運営するリサーチバンク株式会社では、iDeCo (イデコ)、NISA(ニーサ)、新NISA(ニーサ)を基本とした年金対策、税金対策のご相談をお受けし、様々な悩みを解決してきました。実際、政府は個人の資産を増やすには「貯金から投資へ」シフトする必要があるというスローガンを長らく掲げています。

しかしながら、実際に投資を行っている人の割合は、全国20代〜70代の男女1,000人に調査した結果、約3割しかいませんでした。長年根付いてきた「お金をためるなら貯金」という概念を変えるには、正直高齢者では難しいかもしれません。若いうちから「お金をためる」ことを意識すれば、暮らしや気持ちにも余裕が持てるようになります。

リサーチバンクでは、日々頑張っている女性のために"相談のしやすさ"に特化した「アセット・デザイン・ラボ」を立ち上げ不安解消のお手伝いを行っています。

アセット・デザイン・ラボお約束する5箇条
  1. 専門家によるカスタマイズされたサポート:
    女性の資産運用における独自のニーズを理解し、それに合わせたパーソナライズされたアドバイスを提供します。
  2. 柔軟な相談オプション:
    忙しい日常の中でも、オンラインや対面での柔軟な相談オプションを通じて、利便性とアクセス性を高めます。
  3. プライバシーとセキュリティの確保:
    オンライン相談では顔出し不要なオプションを提供し、プライバシーを尊重します。また、個人情報の厳格な保護を約束します。
  4. ストレスフリーな相談環境:
    リラックスした雰囲気の中で、資産運用に関する疑問や懸念に応えます。
  5. エンパワーメントと教育:
    投資に関する知識を高め、自信を持って資産運用を行えるよう支援します。

「アセット・デザイン・ラボ」は、女性が資産運用を行う際に直面する独自の課題を理解し、それらに対応することで、女性が自信を持って投資を行うことができる環境を提供します。

将来を明るく過ごすために、まずは資産形成を考えましょう。相談はLINEから24時間いつでも無料で受け付けておりますのでお気軽にご相談ください♪

「アセット・デザイン・ラボ」詳細記事

a

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事