ビジネスマナー完全ガイド:働く女性のための敬語使い分け

この記事のポイント

読者さん
最近、仕事で敬語を使う場面が多いんですが、いまいち自信がなくて…。
特に尊敬語と謙譲語の使い分けが難しいんです。間違った使い方をして恥をかくのが怖いです。

RiSA

こんにちは、リサーチオンライン編集部のリサ子です!

今回の記事では、ビジネスシーンで欠かせない「敬語」の正しい使い方に焦点を当てています。私たちの記事を通して、敬語の基本的な重要性からその役割、さらには尊敬語、謙譲語、丁寧語の違いと適切な使用方法まで、幅広く掘り下げていきます。また、よくある敬語の誤用や、その正しい言い換え方法についても詳しく解説していきます。そして最終的には、敬語を使ってコミュニケーションを円滑に進める方法と、実践で役立つ敬語の使い方を紹介します。ビジネス初心者から中堅のビジネスパーソンまで、この記事が皆さんのコミュニケーションスキル向上に役立つことを願っています。

それでは、一緒に敬語についてしっかり学んでいきましょう!

特に、次のような方に読んでいただきたいです:
  1. ビジネス環境での適切なコミュニケーションスキルを学びたい方
  2. チームや部下に敬語の重要性と正しい使用方法を教育したい方
  3. 日本のビジネス環境における敬語のニュアンスと使い方を理解したい外国人ビジネスマン
TAP or Click

この記事はビジネスシーンでの敬語の使い方について解説した記事です。

  1. 敬語の基本的な重要性と役割: 敬語はビジネスコミュニケーションにおいて、相手への尊重と敬意を示す重要な手段であり、プロフェッショナリズムの表れとして機能します。
  2. 敬語の種類と正しい使い方: 敬語は尊敬語、謙譲語、丁寧語の三つのカテゴリーに分けられ、それぞれの状況や相手に応じた適切な使い方が重要です。
  3. 敬語の誤用と適切な言い換え: 誤った敬語の使用はプロフェッショナリズムを損ねる可能性があり、正しい言い換え方法を知ることでビジネスコミュニケーションの質を高めることができます。

ビジネスコミュニケーションの基礎:敬語の重要性

敬語の重要性

職場における敬語の使い方は、マナー以上の意味を持ちます。正しい敬語の選択は、「あなたやあなたの会社のイメージを大きく左右」し、プロフェッショナルとして、自己表現や職場での人間関係、チーム内コミュニケーションの円滑化に不可欠です。

また、社外シーンにおいても、相手への配慮と尊敬の表れとして機能します。敬語の適切な選択と使い方は、誤解の防止と建設的な意思疎通を促進し信頼の構築と人間関係のスムーズな展開に寄与するため、社会人としてのコミュニケーションには欠かせません。

敬語の種類と適切な使用法

尊敬語、謙譲語、丁寧語の違い

ビジネスにおいて敬語を使い分けることは、プロフェッショナルな印象を与える鍵です。

敬語の三つの形「尊敬語、謙譲語、丁寧語
  1. 尊敬語:「いらっしゃる」「おっしゃる」などを用い、目上の人への敬意を示す言葉遣いとして活用されます。
  2. 謙譲語:「参ります」「申し上げます」といった表現を通して、自身や所属する組織の行動を控えめに伝えるために用いられます。
  3. 丁寧語:「です」「ます」の形式を取り、あらゆる状況で基本的な敬語として使われる重要な言葉遣いです。

これらの敬語を意識して、適切に使い分けることで、ビジネスコミュニケーションがスムーズに進むでしょう。

ビジネスシーンでの敬語の誤用と正しい表現

よくある敬語の誤用と正しい言い換え方法

ビジネスでの敬語の使い方には、気をつけるべき点があり、一つの間違いは、相手に不快感を与えたり、プロフェッショナリズムを疑われる原因になることもあります。

間違いやすい例
例1:「お忙しいところを失礼します」という表現は実は、間違いです。
ここでの「を」は、行為の対象を指し示しており、「お忙しいところ」を「失礼する」対象としてしまうため、不自然な形となります。

→正しい言い換え:「お忙しいところを失礼します」は、「お忙しいところ、失礼いたします」

例2:「ご苦労様です」という言葉も注意が必要となります。
『ご苦労』という言葉は、他者の努力や苦労を敬う意味を持ち通常、上司が部下に対して使用する言葉になります。
→正しい言い換え:「ご苦労様です」は、『お疲れ様です』や『ありがとうございます』

敬語を使ってコミュニケーションを円滑に

敬語がもたらす印象の変化

クライアントとの会話で適切な敬語を使うことは、その関係を信頼と尊重の基盤で強化します。一方で、敬語の誤用は、専門性や誠実さに疑念を生じさせる可能性があります。ビジネスの場において、敬語の正しい使い方は、プロフェッショナルイメージの確立に重要な役割を果たします。

▼敬語が使えないことで相手の印象が変わってしまう

プロフェッショナルとしての敬語の使い方

会議やプレゼンテーション

尊敬語や謙譲語を使用して、相手の地位や自己の立場を適切に表現します。
丁寧語を基本にしつつ、尊敬語や謙譲語を交えることで、敬意を効果的に伝えます。敬語を上手に使いこなすことは、相手への敬意と自身のプロフェッショナリズムを同時にアピールする絶好の機会となります。

ビジネスメール

顔や表情が見えないため、言葉遣い一つで相手に与える印象が大きく変わります。ビジネスメールの基本として、書き出しでは会社名・部署名・氏名を明記し、挨拶をします。初回連絡時は「初めてご連絡させていただきます」、2回目以降は「いつもお世話になっております」と表現します。依頼メールでは、「ご査収のほどよろしくお願い申し上げます」や「ご教示ください」といった正しい表現を用います。また、メールの終わりには、「今後ともよろしくお願い申し上げます」など丁寧な結びの挨拶を付け加えることが大切です。これらのポイントを押さえることで、信頼関係を築くための効果的なビジネスメールを送ることができます。

まとめ:敬語を駆使した円滑なコミュニケーションを

敬語の使い方まとめ

この記事では、ビジネスシーンでの敬語の重要性、様々な種類、正しい使い方、そしてよくある間違いを学びました。敬語は、相手に敬意を示し、同時にあなたのプロフェッショナリズムを表現する強力なツールです。適切な敬語の使い方は、スムーズなコミュニケーションを促進し、信頼関係の構築に大きく貢献します。

また、調査によると、78%の人が他人の敬語の使い方に注意を払っており、特に60代以上ではこの割合が86%に上っているという結果が出ました。

多くの人が指摘するのは、尊敬語と謙譲語の誤用です。敬語の使い方が特に気になる場面としては、職場、接客時、テレビのアナウンサーやインタビューを聞いているとき、電話をする際などが挙げられています。また、インターネット上のコミュニケーションでは、相手が見えないため、丁寧な言葉遣いを心がける、基本的に敬語を使用する、言葉の省略を避けるなどの配慮が重要視されています。これらの結果から、敬語の正しい使い方に対する意識の高さが伺えます。

実践で役立つ敬語の使い方

実際のビジネス環境では、敬語の使い分けが重要です。目上の人物には尊敬語で敬意を示し、同僚や目下の人物には丁寧語で平等な敬意を保ちましょう。
自身や自社の行動には謙譲語を用いて、謙虚な姿勢を示すことが肝心です。

これらの敬語の適切な使用は、快適なコミュニケーション環境を作り、職場の円滑な人間関係構築に役立ちます。


リサーチオンラインは、働く女性を応援しています!

リサーチオンラインを運営するリサーチバンク株式会社では、iDeCo (イデコ)、NISA(ニーサ)、新NISA(ニーサ)を基本とした年金対策、税金対策のご相談をお受けし、様々な悩みを解決してきました。実際、政府は個人の資産を増やすには「貯金から投資へ」シフトする必要があるというスローガンを長らく掲げています。

しかしながら、実際に投資を行っている人の割合は、全国20代〜70代の男女1,000人に調査した結果、約3割しかいませんでした。長年根付いてきた「お金をためるなら貯金」という概念を変えるには、正直高齢者では難しいかもしれません。若いうちから「お金をためる」ことを意識すれば、暮らしや気持ちにも余裕が持てるようになります。

リサーチバンクでは、日々頑張っている女性のために"相談のしやすさ"に特化した「アセット・デザイン・ラボ」を立ち上げ不安解消のお手伝いを行っています。

アセット・デザイン・ラボお約束する5箇条
  1. 専門家によるカスタマイズされたサポート:
    女性の資産運用における独自のニーズを理解し、それに合わせたパーソナライズされたアドバイスを提供します。
  2. 柔軟な相談オプション:
    忙しい日常の中でも、オンラインや対面での柔軟な相談オプションを通じて、利便性とアクセス性を高めます。
  3. プライバシーとセキュリティの確保:
    オンライン相談では顔出し不要なオプションを提供し、プライバシーを尊重します。また、個人情報の厳格な保護を約束します。
  4. ストレスフリーな相談環境:
    リラックスした雰囲気の中で、資産運用に関する疑問や懸念に応えます。
  5. エンパワーメントと教育:
    投資に関する知識を高め、自信を持って資産運用を行えるよう支援します。

「アセット・デザイン・ラボ」は、女性が資産運用を行う際に直面する独自の課題を理解し、それらに対応することで、女性が自信を持って投資を行うことができる環境を提供します。

将来を明るく過ごすために、まずは資産形成を考えましょう。相談はLINEから24時間いつでも無料で受け付けておりますのでお気軽にご相談ください♪

「アセット・デザイン・ラボ」詳細記事

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事