2025年には6人に1人が「おひとりさま」に。女性トレンド総研がシングル女性ミドル世代の本音調査を公開

"独身であることに不安あり”未婚女性の約76%

引用先:PR TIMES

HERSTORYが運営する女性トレンド総研は2023年5月10日発刊のHERSTORY REVIEW6月号内にて、「シングル女性ミドル世代の本音調査」の結果を公開いたしました。

◆拡大していくシングル女性マーケット!

  • 上昇する生涯未婚率、増えるシングル女性

「少子化社会対策白書」(2022年6月内閣府)によると「生涯未婚率(50歳時未婚率)」は1970年には男性1.7% 、女性3.3%だったのに対して、2020年には男性28.3%女性17.8%と上昇しています。女性の社会進出の拡大や、結婚・家族観の多様化、非正規労働者の増加、 男女のマッチング機会の減少などが要因と推測されています。また、国立社会保障・人口問題研究所が2022年に発表した「出生動向基本調査(独身者調査)」(対象:18〜34歳未婚者)では、「一生結婚するつもりはない」と考える人の割合は、1987年に男性4.5%、女性4.6%だったのに対して、2021年は男性17.3%、女性14.6%と上昇傾向です。このことから、今後もシングル男性・シングル女性の増加とマーケットの拡大が予想されます。

◆独身であることに不安あり約76%!

  • Q.あなたは独身であることに不安を感じることがありますか?

「はい」75.9%、「いいえ」が24.1%という結果に。多くのシングル女性が不安を感じていることが分かります。年代別に見た場合、不安を感じている人が多いのは30代の80.5%と60代の91.7%でした。30代は妊娠出産に向けて、60代は親の介護や自身の老後に向けて不安が強くなるのではないかと推測できます。また、自ら未婚の生活を選んでいる人は64%が不安を感じているのに対して、好まず未婚状態の人は91.3%が不安だと答えています。しかし 自らの意思で未婚であっても不安を感じる人の方が多く、女性の単身世帯が今後も増えることを考えるとシングル女性の不安や困りごとを解決する商品・サービスへの需要は今後ますます高まっていくのではないでしょうか。

◆悩みトップは「給料が低い」こと!一方年収500万円以上の層では「悩みがない」が過半数に

  • Q.あなたの仕事・キャリアに関する悩みを全て教えてください。

「給料が低い」が48.8%でトップの結果。シングル50%女性は自分の収入だけで生活していかなければならないため、お金の悩みは大きいです。女性は男性に比べて平均年収が低いことも不安要因となっていると考えられます。女性がさらに活躍し、収入アップできる職場環境整備が求められるでしょう。

「仕事が楽しくない」「人間関係がうまくいかない」「キャリアアップが出来るか不安」といった会社特有の悩みも20%前後、また「悩みはない」は全体で21%となったが世帯年収別にみると500万円〜750万円未満の層は45%が「悩みがない」と回答する結果となりました。

◆約7割の女性が資産運用・貯蓄を実践!2割が「つみたてNISA」

  • Q.あなたが行っている資産運用・貯蓄方法を全て教えてください。

「貯蓄(預金)」が53.7%で過半数を占め比較的新しい「NISA/つみたてNISA」は約2割が運用しているという結果に。次に投資信託や株式投資が続くが、一方何も行っていない人も3割以上。収入に悩みを抱えているが、何もしていない層が一定数いることが分かります。シングル女性向けのお金について学べる場や金融商品は今後ますます注目されると推測されます。

◆年収によって変わる女性の可処分所得

  • Q.あなたが生活費以外として自由に使える毎月の平均金額を教えてください。

ボリュームゾーンは5,000円〜50,000円と幅広く分散されている結果となりました。世帯年収別にみると、年収400万円未満は10,000〜20,000円、年収400〜750万円未満は15,000〜50,000円、年収750万円以上は50,000円以上とボリュームゾーンが分かれます。シングル女性といえども、収入や生活環境はさまざまであるため、商品・サービスのターゲットに合わせた訴求が必要となるでしょう。

  • 女性トレンド総研について

女性トレンドを30年以上追い続けている株式会社ハー・ストーリィの研究機関です。毎月、世代別、状態別に定量定性調査を重ね、インサイト分析を行っています。消費者動向を先読みし、企業にトレンド変化をレポートしています。

  • HERSTORY REVIEWについて

女性トレンド総研が消費の8割に影響を及ぼす女性の消費動向、市場の最新トレンドを毎月追いかけており結果の月刊レポートを展開し各企業のマーケティングに幅広く活用いただいています。本リリースの調査の詳細は6月号のHERSTORY REVIEWをぜひご覧ください。

https://www.herstoryshop.jp/review-list-new
HERSTORY REVIEW6月号(5月10日発行)好評発売中
年間購読税込54,000円(月払5,500円)
6月号トピック:

・シングル女性の「困った」を解決する「THANKOの家電」サンコー株式会社

・女性に特化した賃貸情報を提供する「Woman.CHINTAI」 株式会社CHINTAI
・独身であることに不安あり約76% シングル女性たちの本音調査結果

・夫婦で考える消費 新世帯スタイル

・女性消費者インタビュー調査
・女性10ペルソナのトレンドワード HERTREND

・女性視点マーケティング最前線 Marke-Jinに聞く VOL.53
・国内ローカルNEWS
・海外ローカルNEWS

  • 【大好評】女性10ペルソナ別のトレンド​

HERSTORY REVIEWでは10ペルソナ別のトレンドを毎月研究発表しており、各企業様のマーケティングで実用的に活用ができるととても好評をいただいています。

  • HERSTORY REVIEW 世帯の購買影響度調査 概要

調査期間:2023年4月8日〜2023年4月12日
調査方法:インターネット調査
調査対象:35歳以上の未婚女性162人
調査会社:株式会社ハー・ストーリィ https://www.herstory.co.jp/
本調査のローデータ(税込33,000円)販売中:https://www.herstoryshop.jp/research

  • HERSTORYについて

「100年残したい日本の会社(扶桑社)」10社に選出。Forbes Japan女性活躍企業賞 全国第2位を受賞。日本で唯一の女性視点マーケティング®を推進し全ての企業のマーケティングのサポートを実行しながら“あしたのしあわせ”を創造することをミッションしている。
会社概要
会社名:株式会社ハー・ストーリィ Herstory Co.,Ltd.
所在地:〒106-0032 東京都港区六本木5-11-25 鳥居坂アネックス5F
TEL:03-5775-1581
事業内容:女性視点マーケティング®事業(研究調査/専門情報出版/マーケティング支援/人材育成支援)
設立:1990年8月20日
代表取締役:日野 佳恵子

引用先:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000036.000023043.html

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事