今でも婚約指輪は給与の3ヶ月分が相場なの?令和婚した男性176名に聞いた!婚約指輪に使った金額

引用先:PR TIMES

令和婚した男性に聞いた!婚約指輪事情についてメディアサイトPaMarryが調査

夫婦のお悩みメディアサイトであるPaMarryを運営するクーミル合同会社(代表社員:馬鳥亮佑、本社:東京武蔵野市)が令和に結婚した男性(令和婚)の婚約指輪に対する本音をアンケート調査致しました。

  • 調査アンケート概要

調査対象者
令和以降に結婚した男性176名

調査期間
2022年10月2日〜2023年2月10日

調査媒体
・インターネットのアンケート調査

アンケート調査内容
・あなたのご年齢は?
・婚約指輪に月収の3ヶ月分(3倍)の金額が妥当ですか?
・婚約指輪にかけた金額はいくらですか?
・その金額帯を選んだ理由は?
・パートナーの反応はいかがでしたか?

  • 調査背景

物価額の上昇などインフレ状況にある中、横ばいで推移しているのがサラリーマンの平均年収。
以前までは、「婚約指輪は月収の3倍が相場」など言われていました。

果たして、今の時代にもその考えは当てはまるのでしょうか?

結婚をするためには「婚約指輪・結婚式」など様々な出費があります。
そのため、金銭的な理由で結婚に踏み出すことができない人は少なくありません。

本記事では、令和に結婚(令和婚)でも「婚約指輪の月収の3倍相当の金額が妥当か?」男性176名を対象にアンケート調査を実施いたしました。

  • あなたのご年齢は?​

  • 当データを使用の際は、【「PaMarry(パマリー)」(https://pamarry.com/)より引用】と記載ください。

 

年齢層 人数
20代 51名
30代 101名
40代 24名

 

  • 婚約指輪に月収の3ヶ月(3倍)の金額が妥当だと思いますか?

  • 当データを使用の際は、【「PaMarry(パマリー)」(https://pamarry.com/)より引用】と記載ください。
婚約指輪の相場が月収の3倍について
男性の本音
人数
高い 140名
妥当 34名
安い 3名

 

高いと回答した人の声
・婚約指輪に50万以上は流石に出せない(30代 男性)
・そもそも、月収の3倍も婚約指輪に出せる余裕がない(20代男性)
・買ってもどうせ付けないのに、高いお金を出せない(20代男性)
・結婚指輪も買うのに、そんなに高い指輪はいらない(30代男性)
・今の時代にあっていないと思う(20代男性)
・そのお金があるのであれば、二人で旅行に行きたい(30代男性)
・出せなくはないけど、今後の生活を考えると難しい(40代男性)

妥当・安いと回答したの声
・人生一度きりだし、そのぐらい出しても良い(40代男性)
・財産として、形にする意味も込めて妥当(30代男性)

  • 婚約指輪にかけた金額はいくらですか?

  • 当データを使用の際は、【「PaMarry(パマリー)」(https://pamarry.com/)より引用】と記載ください。

 

婚約指輪にいくらかけましたか? 回答した人数
1~5万円 42名
5~10万円 51名
10~20万円 65名
20~30万円 14名
30万円以上 4名

 

アンケート調査をした結果、月収の3倍程度の婚約指輪を購入した男性は1%にも満たない結果となりました。

令和婚をした男性にとって、月収の3倍程度の婚約指輪は「現実的には難しい」という意見も多く寄せられました。

  • その金額帯の婚約指輪を選んだ理由は?

1~5万円と回答した男性
・貯金がなかったため、そもそも買えなかった。(20代男性)
・婚約指輪は安くして、その分結婚指輪にお金をかけたい。(20代男性)
・婚約済みだったので、指輪代をハネムーンと結婚式に当てました。(30代男性)

5~10万円と回答した男性
・本音を言うと、月給の1/4ぐらいで収めたかった。(20代男性)
・妻が気に入ったデザインの指輪がこの金額だった。(20代男性)

10~20万円と回答した男性
・自分の手取りぐらいの物を買うと決めていた。(20代男性)
・妻も納得してくれる金額だったから。(20代男性)
・婚約指輪に出せる金額の限界だった(30代男性)
・妻の好きなブランドの指輪がこの金額だった。(20代男性)

20~30万円、30万円以上と回答した男性
・人生一度きり!奮発しました。(30代男性)

  • パートナーの反応はいかがでしたか?

  • 当データを使用の際は、【「PaMarry(パマリー)」(https://pamarry.com/)より引用】と記載ください。

婚約指輪を渡した結果、ほとんどのパートナーは喜んでくれた結果となっています。

女性側も婚約指輪に求めるものは金額ではなく、「結婚したい気持ち・好きなブランド」など価値観が大切となっております。

結婚できたが、小言を言われたパターンについて
・好きなブランドを事前に聞いていたが、高くて買えず別のものを自分で選んで買ったため(20代男性)
・指輪のデザインが好きじゃなかったみたいです。笑(30代男性)

プロポーズ自体は成功しているものの、当時のことを振り返り小言を言われたケースもあります。

婚約指輪を購入する際は、金額ではなくパートナーが欲しいデザインやブランドなど求めているものを意識することが重要となります。

  • 夫婦のお悩み解決情報サイト「PaMarry(パマリー)」

https://pamarry.com/
夫婦のお悩み解決情報サイト『PaMarry(パマリー)』

パマリーは「夫婦円満のヒントを。」をミッションとし夫婦の問題に役立つ情報やサービスを提供いたします。

結婚してからの人生は嬉しいこともあれば、大変なこともあります。
そんな夫婦生活を円滑に進めるためのたくさんのヒントを提供しております。

夫婦のメディアとしては日本最大級!
​医師や弁護士など専門家に記事を監修していただき、コンテンツの品質を担保しております。

-----
◆PaMarry(パマリー)
https://pamarry.com/

◆夫婦のお悩み掲示板
https://pamarry.com/topics/
-----

  • まとめ

本記事では、「令和婚した人の婚約指輪に出せる金額について」アンケート調査を実施いたしました。

以前までは、婚約指輪は月収の3倍が相場と言われていましたが、近年ではその考え方に変化が起きていることが明らかとなっています。

彼女さんも喜ぶことができる「工夫や演出」などパートナーのことを考えていることが最も大切です。
婚約指輪を悩んでいる人はぜひ本記事を参考にしてください。

クーミル合同会社
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-10-10 Faroビル4F
https://coomil.co.jp/

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事