通帳を見てニヤニヤしちゃう。貯金が好きな人の心理とは

あなたは貯金が好きですか?それとも、貯金は苦手でしょうか。

 

世の中には貯金が苦手な人や興味のない人がいる一方で、貯金が趣味、大好きだという人もいます。どんな人が貯金を好きになるのでしょうか。貯金好きな人の心理が気になりますよね。

 

本記事では貯金が好きな人の心理について解説します。貯金が大好きな人も、ちょっと苦手な人もぜひこの記事で「貯金が好きな人の心理」や「貯金好きな人が好む貯金方法」に触れてみてください。

貯金が好きな人の心理

貯金が好きな人はどのような心理なのでしょうか。詳しくみていきましょう。

将来に不安がある

将来、どんなことにお金が必要になるのかわかりません。貯金に励む人の中には、老後に必ず年金がもらえるかどうか、心配を感じている人も少なくありません。

 

そのような場合、将来に備えて貯金額が増えることで安心感を覚えます。そのような人は一方で、予定外の出費や急な出費に対して不安を覚えることもあるでしょう。

貯金額が増えると喜びを感じる

世の中にはお金を使うことで喜びを感じる人もいます。推しのグッズを購入する、好きなミュージシャンのライブに行く、旅行に行く、コレクションを増やす、などです。

 

貯金が好きな人は、このようにモノや思い出を増やすのではなく、貯金額が増えることに喜びを感じているのです。

自分の頑張りがお金で見えるのが好き

自分の生活から無駄をなくしたり、何かを我慢したりした結果お金が貯まります。努力を重ねて節約をし、ストイックな生活を送った結果、貯金額が増えていくのを見るのが好きな人もいます。

 

努力の結果が数字として表れることに、喜びを感じられるタイプの人です。

貯金が好きな人の貯金の仕方

貯金が好きな人はどのように貯金をしているのでしょうか。具体的な手法を知りたいと思っている人もいるでしょう。ここでは、貯金好きな人の貯金の仕方について詳しくみていきます。

家計簿をつける

貯金好きな人の多くは、丁寧に家計簿をつけています。たとえ、家計簿をつけていない場合でも、月々の出費額を把握していることが多い傾向です。

 

食費・家賃・日用品・水道光熱費など月々必要な出費額を把握して、給与などの入金額から差し引けば、およその貯金額が計算できます。

 

生活に欠かせない出費を把握したうえで、趣味や楽しみのお金にいくらまで使ってもいいのかを確認しておくと、使いすぎ防止につながります。

節約する

貯金するためには、入金を増やすか出費を減らすかが欠かせません。貯金が好きな人の中には出費を減らす人が少なくありません。

 

しかし、よほど貯金好きな人以外は極端な節約が続かない場合がほとんどです。真似をしたければ、家計簿をつけたうえで無駄を感じるところから出費を減らしていくとよいでしょう。

副業

厚生労働省も副業や兼業を推進しています。そのため、副業を始めた人は少なくありません。収入を増やし、支出を増やさなければ貯金額は自然と増えていきます。

 

代表的な副業には次のものがあります。自分に合うものを選択してみましょう。

  • ネットオークション
  • フリマアプリ
  • クラウドソーシング
  • 株式投資
  • 不動産投資
  • ライティング
  • 講師
  • ネット広告(SNS、ブログ)

貯金用の口座を作る

給与振り込み用の口座に全てのお金を置いている人もいるでしょう。そうすると、つい貯金用のお金まで使い込んでしまうことがあるため注意が必要です。

 

貯金用の口座を別に分けておくと、お金を使いこまなくて済みます。貯金が好きな人の多くは、貯金用の通帳と給与振り込み用の口座を使い分けています。

先取貯金

残ったお金を貯金しようと思っているものの、「今月も残らなかった」と貯金を諦めている人は少なくありません。

 

貯金が好きな人は給与振り込み時に先取貯金をしています。最初からお金がなかったことにしておけば、使いすぎることがありません。貯金が苦手な方は真似をしてみてはいかがでしょうか。

毎月定額を貯金

貯金が好きな人は毎月決まった金額を貯金しています。今、貯金額がゼロという人は、月々5000円など、可能な額を決めて貯金してみましょう。

 

その際、貯金用の口座に先取貯金しておけば間違って使い込むことがなくなります。少しずつでも自分のお金が増えていくのをみると、自信につながるでしょう。

まとめ

貯金が好きな人は、将来に不安がある人や、貯金額の増加に喜びを感じる人が多い傾向です。

 

また、貯金用の口座を作りすぐには取り出せないようにする、給料が入ると同時に貯金をしておく、など無理をせずにお金が貯まる工夫をしている人は少なくありません。

 

貯金を始めたい人、貯金に興味がある人は真似をしてみてもいいですね。

 

しかし、現在は低金利が続いています。そのため、貯金だけではなかなかお金を増やすことができません。お金を増やしたい場合は、貯金だけでなく資産運用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

資産運用に興味があるものの何から始めたらよいかわからない方は、ぜひお気軽に、リサーチオンラインまでご相談ください。

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事