近年憧れる人が増量中のアーリーリタイアとは?

皆さんは、アーリーリタイアという言葉を聞いたことがありますか。若者からシニア層まで、多くの人が憧れている生活スタイルです。  

ここでは、アーリーリタイアの意味や達成するためのポイントについて紹介します。将来のことをじっくりと考えたい方は、ぜひとも参考にしてみてください。

アーリーリタイアとは?

では、アーリーリタイアとは、一体どのような生活スタイルなのでしょうか。今後の生活のためにも、ある程度の実態を押さえておいたほうが賢明です。ここでは、アーリーリタイアについてメリットやデメリットも交えて解説しましょう。

アーリーリタイアは「早期退職」を指す

アーリーリタイアを日本語に置き換えると「早期退職」を指します。老後を迎える前に仕事を辞め、残りの人生を楽しむ方法です。普通の人であれば、大体が60歳〜65歳で定年を迎えます(※1)。なかには、65歳を過ぎても働きに出るケースもあるでしょう。

一方で、すでに相当な額の貯金がある人は、仕事をする必要性がないかもしれません。その場合、60歳を迎える前に退職する方法もあります。残りの人生を好きなことして過ごしたいのであれば、アーリーリタイアを目指すことも手段のひとつです。

世間では「FIRE」と表現されることも

アーリーリタイアは、一般的に「FIRE」といわれています。この単語を見たときに「火」を連想する方もいるかもしれませんが、全く異なる意味の造語です。「Financial Independence Retire Early」の略語で、経済的自立と早期リタイアを指します。

FIREは、早期退職後も資産運用を続けて稼ぐ点でアーリーリタイアとは異なります(※2)。似たような概念ではあるものの、区別して覚えておきましょう。

アーリーリタイアのメリット

アーリーリタイアのメリットは、日々の仕事のストレスや責任から解放される点です。皆さんのなかにも、働くことがあまり好きではない方がいるかもしれません。なるべく自由な時間を増やしたいのであれば、アーリーリタイアを目指すといいでしょう。

平均寿命が伸びている日本の場合、老後の人生は決して短くありません。ただし、若いうちにしかできないことは数多くあります。アーリーリタイアは、一度きりの人生を仕事などで奪われたくない人におすすめの生き方です。

アーリーリタイアのデメリット

アーリーリタイアのデメリットは、不安感に苛まれる可能性が高くなることです。たしかに、仕事から解放されれば自由な時間が謳歌できます。しかし、貯めていたお金が少しずつ減るとストレスを感じる方も一定数います。

また、いくら好きな趣味でも長く続けていると飽きてしまうかもしれません。アーリーリタイア後も、何か目標を掲げて生活することが大切です。

アーリーリタイアするためにはどうする?

アーリーリタイアをするためには、具体的にどのような行動をすべきか解説します。当然、ただ普通の生活をしているだけでは早期退職はできません。日々の暮らしのなかでも、さまざまな工夫が求められます。

お金をなるべく使わずに貯める

最も基本的な方法は、お金をなるべく使わずに貯めることです。自分の趣味や他人との遊びも、極力我慢しなければなりません。貯金をひとつの生きがいにするような強い精神が必要不可欠です。

アーリーリタイアするためには、40代でも1億4,000万円以上の資金が必要になる(※3)といわれています。浪費を繰り返していれば、とうてい達成できる金額ではありません。家計を細かく見直し、ムダだと思うことに一切お金を使わないよう心がけましょう。

副業にもチャレンジして多くのお金を稼ぐ

いくらお金を貯めようと取り組んでも、年収が低ければアーリーリタイアの実現が難しくなってしまいます。そのため、積極的に副業にもチャレンジしたほうが賢明です。クリエイターやプログラマーなど、自分の得意な分野を見つけて挑戦しましょう。

なかには、副業禁止の企業に勤めている方もいるでしょう。該当する場合は、決して企業のルールを破って副業してはいけません。転職するか、あるいはほかの手段を検討してください。副業の代わりとしては、投資が最もおすすめです。

貯金だけではなく投資にも挑戦する

投資は、波に乗れば時間をかけずに効率よく稼げます。日本の場合、金利がほとんど付かないため貯金するだけではお金が増えません。コツコツと資金を貯めるのであれば、自動的に収益を得られる方法に出資する必要があります。

さまざまな投資スタイルを検討しよう

アーリーリタイアを目指す場合の投資スタイルは、不動産投資が最もオーソドックスです。土地や建物を購入する費用が必要となるものの、利用者が増えれば安定して収入を得られます。 

ただし、不動産投資だけでは運用が上手くいかなかったときに損失を招く危険もあります。リスク分散を図るためには、以下のようにさまざまな投資スタイルを検討しましょう。

  • 株式投資
  • 投資信託
  • つみたて投資など 

それぞれのメリットやデメリットを押さえ、じっくりと考えて投資することが大切です。

https://research-online.jp/all/save/14486/
https://research-online.jp/all/asset/13668/

まとめ

アーリーリタイアは、新たな人生を見つけるための手段のひとつです。入念に準備をすれば、充実した生活を送れるようになるかもしれません。

加えて、不動産投資をはじめとした資産運用にも注目しておきましょう。資産を増やしたい方は、リサーチオンラインまでお問い合わせください。

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事