お金を増やすための貯金と投資:効果的な資産形成の戦略

 

資産を増やすには、仕事の収入のみならず投資にも目を向けなければなりません。戦略的に資産形成をすることで、効率良くお金を貯められます。 

今回は、貯金と投資の重要性と戦略を解説します。資産運用にチャレンジしたい方は、しっかりと内容を押さえてください。

資産形成に関心がある人はこちらから!

貯金の重要性と戦略

まずは、貯金の重要性と戦略について紹介します。貯金は投資と比べるとリスクが少なく、安定して貯められる手法です。我々の生活を支えるうえで、重要な役割を担います。貯金する大切さをしっかりと押さえてください。 

突然の出費に対応できる(※1)

貯金が重視される理由は、突然の出費に対応できるためです。例えば、友人が突然事故に巻き込まれ、お見舞いに行くとしましょう。その際には、交通費やお見舞い品に使うお金が必要です。

 

全くもって貯金がなければ、これらの費用が払えません。非常事態に備えられるよう、すぐに使えるお金を貯めておくことが大切です。

投資と比べてリスクが少ない(※2)

貯金は、投資よりも安定して資産を守れる強みがあります。投資の場合は経済状況の悪化により、資産が減少するケースも考えられます。元本割れのリスクもあることから、定期的に運用状況を確認しなければなりません。 

 

一方で、貯金として管理すれば、余程のトラブルがない限りは資産をしっかりと守れます。心に余裕を持って生活するためにも、ある程度の金額を入れておいたほうが賢明です。

資産形成に関心がある人はこちらから!

投資の重要性と戦略

資産を増やしたいのであれば、貯金のみに頼るのは効率が良いとはいえません。投資にも目を向けながら、効率良く増やすことが求められます。ここでは、投資の重要性と戦略について詳しく紹介します。将来に備えるべく、貯金と比較しながら特徴を押さえてください。

低金利に対応できる

投資の強みは、低金利に対応できる点です。日本では超低金利政策の影響もあり、全体的に金利が低く設定されています。三菱UFJ銀行の普通預金の場合、年利は0.001%です(※3)。つまり、50万円を預けると年間50円の利息が貰える計算になります。

 

低金利の状態が続く限り、銀行に一定額のお金を長期間預けても資産は大きく増えません。そこで利回りの高い金融商品に投資すれば、資産をある程度増やせる可能性があります。ただし、投資は損失を招くリスクもあるため注意が必要です。

運用スタイルを自由に決められる

投資は、運用スタイルを自由に選べる点も重要なポイントです。投資の種類を以下にまとめます。

 

  • 株式投資
  • 投資信託やつみたて投資
  • 債券
  • FXなど

 

これらの種類から、自分の好みに合わせて選べます。投資を始めたばかりの人は、投資信託やつみたて投資のようにコツコツと貯められるタイプがおすすめです。つみたてNISAの口座を開設し、非課税で運用する方法もあります(※4)。

 

ハイリターンを狙うのであれば、FXおよび株式投資も選択肢のひとつです。ただし、リターンの大きい種類はリスクも高まるため注意してください。さまざまな商品を選ぶことで、リスクの分散にも繋がります。

資産形成に関心がある人はこちらから!

貯金と投資のバランス

賢く生活費を貯めるうえでは、貯金と投資をバランスよく持たなければなりません。具体的な配分とともに、お金を持つうえで心がけるべきポイントを解説します。ここで紹介する内容を実際の生活にも生かしてください。

お金を3種類に分けて考える(※5)

貯金と投資のバランスを見るまえに、お金を以下の3種類に分けて考えます。

 

  • 生活費に使うお金
  • 将来の備えにするお金
  • 資産を増やすために使うお金

 

生活費は、基本的に支払いが毎月発生します。そのため、貯金や投資には使えないお金です。生活費を支払ったら、残りのお金を「将来の備え」と「貯金および投資へ回すお金」に分けます。

 

将来の備えにするお金は、一般的に子どもの進学やマイホームの購入の費用として使われます。余程の事情がない限りは使用せず、コツコツと貯めることを意識してください。

 

資産を増やすために使うお金は、貯金や投資に回します。収入から生活費と将来の備えを差し引いた、余剰資金にあたる部分です。これらのお金も運用を続ければ、結果的に将来の備えに繋がります。

貯金と投資は8:2か7:3が理想

貯金と投資の配分は、8:2か7:3が理想とされています(※6)。仮に余剰資金が30万円あったら「貯金24万円:投資6万円」か「貯金21万円:投資9万円」に分けるといいでしょう。

 

投資に使うお金が少ない場合は、投資信託のように比較的リスクの低い種類から始めたほうが賢明です。株式投資やFXは資産に余裕が生まれた段階で、分散投資させつつ購入するのをおすすめします。

収入や貯金額で細かく変わる

貯金と投資の理想的な配分は8:2や7:3ではあるものの、収入や貯金額によっても細かく変わります。余剰資金があまりない場合は、貯金を優先してください。

 

収入とのバランスを見ながら、出費を抑えられるよう意識しなければなりません。余剰資金が増えていくに連れて、少しずつ投資の割合を高めることがおすすめです。

まとめ

今回は、お金を増やすための貯金や投資のバランスについて紹介しました。資産運用する際には、貯金と投資のメリットをしっかりと押さえなければなりません。そこからお金の使い道を定め、どのように投資するかを決めます。

 

節約するだけでは、効果的な資産形成が難しくなります。投資の知識を学び、可能な範囲でチャレンジする姿勢が大切です。リサーチ・オンラインでは、投資に関する情報を積極的に提供しています。投資についてもっと知りたい方、資産を増やしたい方は公式LINEまでお問い合わせください。

 

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事