「PayPay投資信託インデックス アメリカ株式」新規設定
引用先:PR TIMES

Zフィナンシャル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員CEO:鳥越 宏行)のグループ会社であるPayPayアセットマネジメント株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:明丸 大悟)は、新ファンド「PayPay投資信託インデックス アメリカ株式」を本日設定、運用を開始しますのでお知らせいたします。当ファンドは「PayPay投資信託インデックスシリーズ」1本目となるファンドであり、業界最低水準の運用コストを目指しております。3月27日(月)よりPayPay証券株式会社での取扱いを予定しております。

■「PayPay投資信託インデックス アメリカ株式」の特徴

米国の株式を主要投資対象とし、CRSP  USトータル・マーケット・インデックス(配当込み、円ベース)に概ね連動する投資成果を目指して運用を行ないます。米国の企業の株式への投資は、上場投資信託証券であるバンガード・トータルストックマーケット・ETF(以下、「投資信託証券」という場合があります。)を通じて行ないます。

 

  • 世界経済を牽引する米国を代表する企業約4,000社の株式にまとめて投資
  • 米国株式ファンドの中で業界最低水準の運用コスト

「おカネに働いてもらう楽しさをすべての人に知ってもらいたい」という思いを日本中の方にお届けするために、引き続き、運用成績の向上とお客様の長期的な資産形成をサポートする質の高いサービスの提供に励む所存です。今後とも一層のご支援とご指導のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

<本件に関するお問い合わせ先>
PayPayアセットマネジメント株式会社
サポートダイヤル:0120-580-446
(受付時間:午前9時~午後5時(土日祝・年末年始除く))
メールアドレス:info@paypay-am.co.jp

《ご注意》
当資料はPayPayアセットマネジメント株式会社が作成したものです。当ファンドは、上場投資信託証券を通じて、主として株式など値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合には為替リスクもあります。)に実質的に投資しますので、基準価額は変動します。したがって、投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。投資信託の運用による損益は全て投資者の皆様に帰属します。なお、投資信託は預貯金とは異なります。当ファンドの基準価額の主な変動要因は「株価変動リスク」、「株式先物取引による運用に伴うリスク」、「為替リスク」、「カントリー・リスク」等です。ご投資に当たっては、販売会社よりあらかじめ又は同時にお渡しする「投資信託説明書(交付目論見書)」の内容等を必ずご確認の上、お客様自身でご判断くださいますようお願い申し上げます。

商 号 等 :PayPayアセットマネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第387号
加入協会 :一般社団法人投資信託協会/一般社団法人日本投資顧問業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事