PB商品が安い理由ってどうして?ブランドにこだわる人が知っておきたいメリットとデメリット

はじめに

PB商品が安い理由はご存知ですか。スナック菓子などの食品をはじめ、日用雑貨など最近よく見かけるPB商品。大手メーカー商品とさほど違いはないように見えますが、やはり信頼できるブランドのほうがいいという人もいるのは事実でしょう。

そこで今回は、人気のPB商品が安い理由や、ブランドにこだわってしまう人のメリットとデメリットをご解説していきますね。

コンビニでの現金払いをストップ!いつまでも現金にこだわらないほうがいい理由。こちらから。

恋愛マッチングアプリの市場規模は?いきなりデートの経済効果は3.1億円!こちらから。

PB商品が安い理由はなぜか?


コンビニやスーパーで見かける「PB商品」。たとえば「セブンプレミアム」や「トップバリュ」など、それぞれの系列グループのお馴染みの商品があります。

PBとは「プライベートブランド」のことで、値段が一般的な商品よりも安いことが特徴。一般的なメーカー商品よりも20%~50%ほど差がある場合もあり、かなり節約効果が期待できるアイテムです。

PB商品が安い理由は、大手スーパーが独自のルートでメーカーに発注し計画的に大量生産しているため。製造コストを削減、パッケージをシンプルにするなど、あらゆる角度から価格を抑える仕組みがあります。

製造者から見ると常に安定した大量発注がありますし、在庫を抱えるリスクも少ないため、双方にとってメリットだらけ。ではPB商品は「安かろう悪かろう」なものなのかというと、決してそういうことでもないのです。

大手スーパーがプライベートブランドとして販売する以上、ある程度の信頼性や質の高さは維持しなければなりません。PB商品はスーパーの宣伝にもなりますし、品質に影響がないようコストを下げているため、ただ安いだけの悪い商品ではないのです。

価格以外にも魅力あり!


PB商品が安い理由は、成功コストを安くできる背景があるためで、商品のパッケージを見ると製造元がとても有名な企業である場合も。また価格だけでなく販売地域に合わせた限定PB商品を展開するスーパーもあり、地方の活性化につながることもメリットになるでしょう。

PB商品と反対にNB商品(ナショナルブランド)と呼ばれる大手メーカーの商品は値段がデメリット。同じ質のものが変えるなら、ブランドにこだわらずPB商品で充分という人は増加しています。

食品、飲料、衣類、また100均ショップもPB商品を多く取り扱っていますので、とても私たちの生活にとって身近な存在であることは確かですね。

PB商品で注意したいことは?

PB商品が安い理由は、独自ルートで大量生産できることですが、値段が安い点は消費者にとってありがたいこと。しかしメリットだけでなくデメリットもあるので注意が必要です。

最近は減っている傾向があるものの、商品パッケージにメーカーが記載されていない場合があり、不安に感じることもあります。洋服や日用雑貨の場合は、万が一返品が必要なシチュエーションもあるはずですが、PB商品だとどこまでお店が対応してくれるか不明な点もあるかもしれません。

デメリットは消費者だけでなく小売店にもあり、販売できない商品を抱えてしまうリスクがあるという点。大手メーカーの商品なら引き取ってくれるなど、配慮してくれる可能性がありますね。

ブランドにこだわるメリットとデメリット

PB商品よりもNB商品を選ぶ人は理由があるから。たとえ同じ質の物でも名前がわからない商品よりも知名度が選ぶのは、ブランド意識が高いためといえます。

ブランド好きな人は、心理的に他人よりも自分のほうが立場は上でいたい願望があり、ライバル意識が強いことも特徴。経済的な余裕をアピールして満足したいタイプが多いともいえるでしょう。

たしかにブランドにこだわるのは、確実によい商品が手に入るメリットがあります。周囲から一目置かれることもブランドならではの特典。しかしデメリットとしては、節約効果が得られない、こだわりすぎて買い物がストレスになることもあるでしょう。

バッグや洋服などのブランド品は、長く使うために投資的な意味もあるかもしれませんが、食品のブランドにまでこだわるのは選択肢がなくなるデメリットもあります。

たとえばお醤油。定番ブランドの商品が売り切れでPB商品しかない場合。ブランドにこだわる人は、買わずにお店を出てくるでしょう。自分のこだわりのために逆に不満が募ることもありますので、ブランドもアイテムによってこだわる物を決めておくといいかもしれません。

PB商品を使うコツ

PB商品にするのは、値段が安いことが最大のメリットです。しかしアイテムによってはNB商品のほうが安心できることもあります。失敗しないためには、PB商品にする目的を明確にすること。

節約のためなら日常的に購入するものをPB商品に変えるとかなりお得になります。コンビニでジュースを買う時にPB商品に変えるなど、出費額の多い物からまずは見直してみるといいかもしれません。

まとめ

PB商品が安い理由は、スーパーや製造者の努力があるから実現していることですね。とても人気があり、NB商品が追いやられている現状もあり、さらに価格競争が激しくなると購入者にとっては質の高いものが安く買えるというサイクルになるかもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事