ヴィレッジヴァンガードの挑戦: サブカルから見る経済の転換点

この記事のポイント

読者さん
以前よく行っていたヴィレッジバンガードの店舗が減っている気がします。
サブカルチャー文化は衰退していると思ってましたが、こんなに店舗が減ってしまうとは...。
このヴィレヴァン縮小の背景や、日本で問題となっているゾンビ企業について学んでおきたいです。

RiSA

こんにちは、リサーチオンライン編集部のリサ子です!
今回の記事では、日本の象徴的な書店「ヴィレッジヴァンガード(ヴィレヴァン)」の興隆から逆境までの物語と、それが日本経済全体に与えた影響にフォーカスを当てています。ヴィレヴァンのビジネスモデルの変遷から学ぶ教訓、日本経済におけるゾンビ企業の実態とその影響、そして今後の日本経済の再生に向けた道筋について、分かりやすく解説しています。経営者、起業家、ビジネスに関心のある方々にとって、この記事は現代経済のダイナミクスを理解し、自身のビジネス戦略を練る上で有益な洞察を提供するはずです。
それでは、一緒にこの日本の重大な課題について学んでいきましょう!

特に、次のような方に読んでいただきたいです:
  1. 経済やビジネス動向に関心がある方
  2. マーケティングや流行に敏感な方
  3. 社会問題に関心がある方
TAP or Click

この記事はヴィレッジヴァンガード(ヴィレヴァン)と日本の経済状況について解説した記事です。

  1. ヴィレヴァンはサブカルチャーの中心として成功を収めましたが、デジタル化の波と消費者の好みの変化により経営危機に直面しました。この変遷は、時代の変化に応じたビジネスモデルの重要性を示しています。
  2. ゾンビ企業は、新しい投資やイノベーションを進める能力が低く、日本経済全体の効率と生産性を低下させています。これらの企業の問題は、日本経済の成長と発展にとっての大きな障害となっており、市場の健全化が急務です。
  3. サブカルチャーは、インターネットとSNSの普及により主流文化へと変貌しており、新しいトレンドやジャンルが生まれています。この進化は、消費者の多様化した趣味や興味に適応するために、ビジネスが柔軟な商品開発やサービス提供を求められていることを示しています。

はじめに: ヴィレヴァンの光と影

ヴィレヴァン:サブカルチャーの聖地としての栄光

ヴィレッジヴァンガード(愛称:ヴィレヴァン)は、ただの書店にとどまらず、サブカルチャーの宝庫として名を馳せました。創業者のユニークな考え方により、普通の本屋の範囲を超える多様な商品を取り揃え、特に若者たちの間で人気を博しました。本だけでなく、CD、DVD、さらには個性的な雑貨やアート作品まで、来店者には常に新しい発見と楽しさが待っていました。ヴィレヴァンの魅力は、単に商品を売ることではなく、独自のスタイルで顧客に特別な体験を提供することにありました。

デジタル化の波と消費行動の変化

しかし時が経つにつれ、ヴィレヴァンも苦境に立たされました。特にデジタル化の波と消費者の好みの変化は、大きな課題となりました。店の魅力は独特な空間にあったものの、オンライン移行はその特長を活かせず、売上の低下につながりました。さらに、サブカルチャーへの関心の変化により、かつてのような魅力が薄れ、多くの店舗が閉店に追い込まれる事態に。これらの変化はヴィレヴァンにとって大きな試練となりました。

2023年11月中間決算によると、営業損失が7億4900万円で、前年同期の1億7600万円の損失から赤字が拡大しており、既存店の数はここ数年で減り続けそれによる単純な減収、そして人件費や物価高の影響も響いています。

売上高ベースで見ると、2016年5月期が最高収益で、467億5800万円。ただし、そのときも営業赤字は2億円ほど出ている。2007年に買収した中南米雑貨の「チチカカ」が、その経営の足を大きく引っ張っていたようです。2017年にはチチカカを売却し、ヴィレヴァンのみでの営業を続けているが、その後も黒字化と赤字転落を繰り返し、経営の足取りはふらついています。

ゾンビ企業の影響と日本経済への挑戦

経済停滞の象徴としてのゾンビ企業

ゾンビ企業とは、本来倒産する可能性が高いにも関わらず、低い金利や政府の金融支援によって生き残っている企業のことです。これらの企業は新しい投資やイノベーションをほとんど行わず、市場の競争に負けているのが実情です。特にコロナ禍での各種経済支援は、一時的にこれらの企業を支えましたが、長期的には日本経済の効率と生産性を落としています。

ゾンビ企業が日本経済に与える影響

ゾンビ企業は、健全な企業に必要な資本や人材といった資源を吸収し、結果として新しいビジネスの機会や雇用創出が抑制されているだけでなく、これらの企業が多い業界では、全体の競争力が低下し、イノベーションが停滞する恐れがあります。

こうした状況は、日本経済の長期的な成長と発展にとって大きな障害となっており、ゾンビ企業の適切な処理と市場の健全化への対応が早急に必要です。

経済のダイナミズムを取り戻すためには、既存のビジネスモデルの見直し、新たな成長戦略の確立、そして市場の変化に迅速に適応することが不可欠です。これは、日本経済全体にとって、新しい時代の流れに対応するための重要な課題となっています。

ヴィレヴァン失敗からの教訓

消費者行動の変化とビジネスモデルの進化

ヴィレッジヴァンガード(ヴィレヴァン)は、市場の変化に適応する戦略を間違えました。特に、デジタル化への対応が遅れ、オンラインへの移行において店舗のユニークな体験を再現できませんでした。さらに、サブカルチャー中心の商品展開も時代遅れとなり、新しい消費者層を引き付けられなくなりました。これらの誤った戦略は、市場の変化を迅速に捉え、事業モデルを革新する重要性を浮き彫りにしています。

ニッチな市場から主流への変遷

ヴィレヴァンのもう一つの敗因は、消費者ニーズの変化に対応できなかったことです。サブカル愛好者の好みの変化を見落とし、現代の消費者が求める個別化された体験を提供できませんでした。加えて、サブカルという言葉の曖昧化により、店舗の商品や空間構成もあいまいになりました。特に、SNSの発達により、従来の「メイン」や「A級」の概念が薄れ、「サブカル」自体の輪郭が不明確になってしまったことが影響しています。これは、時代の流れに合わせて進化し、消費者の変化に敏感に対応することの重要性を示しています。

日本経済の新たな道筋

変わりゆくサブカルチャー

サブカルチャーは、今日も絶えず進化し続けています。インターネットとSNSの普及により、かつてマイナーだったこの文化は、広く受け入れられる主流文化へと変化しています。新たなトレンドやジャンルが次々と生まれ、これに適応することがサブカル関連ビジネスには欠かせません。消費者の趣向は多様化しており、個々の興味やニーズに合わせた柔軟な商品開発やサービス提供が必要です。これは、流行を追いかけ、常に更新されるサブカルチャー市場において、ビジネスが生き残るための鍵です。

ヴィレッジヴァンガードとドン・キホーテの明暗の分岐点

ヴィレヴァンは特異な空間戦略が特徴ですが、近年低調で、対照的に、ドンキは複雑な通路や多種多様な商品を取り扱いながらも、創業以来増収を続けています。

この差は、ドンキが2008年以降、MEGAドンキとしてGMS業態の開発を進め、一般的なスーパーのような店舗を増やし、地域住民から普通のスーパーとして使われるようになったことにあります。

さらに、立地に応じた店舗展開、例えばZ世代向けの「キラキラドンキ」や「酒ドンキ」など、多様な業態の開発を進めてきました。ドンキはその柔軟な世界観の変化で成功を収めたのに対し、ヴィレヴァンは企業側の強い意図を押し出したままに留まっています。

ゾンビ企業の再生への道

ゾンビ企業の問題は日本経済にとって重大な課題です。これらの企業は新しい投資やイノベーションを進めず、経済全体の活力を削ぐことになります。その再生には、経営戦略の再構築、ビジネスモデルの革新、そして市場の変化への素早い対応が鍵となります。また、政策立案者は支援策の見直しや市場規制の更新を通じて、健全な市場環境を促進する役割を担います。ゾンビ企業の処理は、単に企業の問題を超え、日本経済の未来に直結する大きな課題です。

まとめ:ヴィレヴァンから学ぶ日本経済の再生策

ヴィレヴァンと日本経済の将来展望

ヴィレッジヴァンガードの挑戦とその苦闘は、現代日本経済の縮図を映し出しています。過去の成功にとらわれず、時代の変化に敏感であることの重要性を、ヴィレヴァンは教えてくれます。日本経済も同様に、伝統的なビジネスモデルを見直し、デジタル化やグローバル化の流れに適応することが求められています。経済活性化の鍵は、イノベーションを促進し、新しいビジネス機会を創造することにあります。ヴィレヴァンのような企業が変化に適応し、再生を遂げることが、日本経済の再生に向けた重要なステップとなります。

この記事を読んで、ビジネスと経済の世界で起こる変化の重要性を感じ取っていただけたら幸いです。今後の日本経済がどう変わるか、私たち一人ひとりがどう関わるかを考える機会になればと思います。消費者として、また社会の一員として、変化にどう対応し、どう貢献できるかが大切です。ヴィレヴァンから学んだ教訓は、日本の未来を形作る上で非常に重要です。変化を恐れず、新しい時代の流れに積極的に乗り出して、日本経済の再生と成長に貢献しましょう。

 


リサーチオンラインを運営するリサーチバンク株式会社では、最新ニュースや、資産管理や投資についてのニュースを発信しています。また、NISA、iDeCo、投資などの資産運用の個別相談も行っています。゙LINEで簡単に無料でお申込みできますので、お気軽にお問い合わせください。

また、「女性の相談しやすさ」に特化した資産運用相談サービス「アセット デザイン ラボ」もございますのでお気軽にお問い合わせください。

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事