BTS兵役入隊の衝撃: 徴兵制度と韓国エンタメ業界の未来

こんにちは、リサーチオンライン編集部のリサ子です!今回の記事では、韓国を代表するグローバル音楽グループ「BTS」の兵役入隊とその波紋にスポットを当てています。

彼らの兵役が韓国のエンターテイメント業界、特にK-POPにどのような影響を与えるのか、詳細に掘り下げます。また、グループの成り立ちから、彼らがビルボードやグラミー賞に与えた影響、さらには韓国の兵役制度や、BTSの所属事務所HYBEの未来戦略についても解説します。

BTSをきっかけに、韓国社会の兵役、そしてエンタメ界について学んでいきましょう。

特に、次のような方に読んでいただきたいです
1.K-POPやBTSのファンの方
2.韓国のエンターテイメント業界に関心を持つ方
3.韓国文化や社会についての深い理解を求める方
4.エンターテイメント産業のマーケティング戦略に興味がある方
TAP or Click

BTSの兵役入隊と韓国エンターテインメント業界の動向について解説した記事です。

1.この記事では、世界的に有名な韓国の音楽グループ、BTSのメンバーが兵役に就くことと、それが韓国のエンターテイメント業界に与える影響に焦点を当てています。

2.韓国の兵役制度の概要と、BTSメンバーに特別な兵役延期を許可する「BTS兵役延期法案」の内容及びその社会的、文化的影響について説明しています。

3.BTSの所属事務所HYBEが、BTSの活動休止中に採用している多角的なビジネス戦略と、新たなアーティストやグループの発掘・デビュー計画について解説しています。

 

1: はじめに:BTSの兵役入隊と韓国エンタメ界への影響

韓国のエンターテインメント業界で最も注目されている出来事は、間違いなく世界的に有名なグループ、BTSのメンバー全員が兵役に就くことです。彼らの兵役は、単に一時的な活動休止以上の意味を持ち、韓国のエンタメ業界全体に影響を及ぼしています。

兵役と共に音楽活動は一時停止しますが、これは同時にK-POP界と韓国文化に新しい変革の兆しをもたらします。国際的な音楽シーンでの彼らの長年の支配は、他のアーティストやグループに新しい機会を提供し、韓国政府が兵役法に関して新たな議論を始めるきっかけともなっています。

BTSの兵役入隊はファンにとっては一時的な別れですが、兵役中も彼らの影響力は続くと見られています。また、BTSの活動休止は、韓国の他のアーティストやグループに新たなチャンスをもたらし、業界の多様化に寄与する可能性があります。

2: BTSがついに全員兵役へ

2-1. 各メンバーの入隊状況と時期

BTS、韓国の音楽界を牽引し、世界的な成功を収めたグループのメンバーが、一斉に兵役へと向かいました。最初に陸軍へ入隊したのはJINで、昨年12月に新兵教育を受けました。彼は京畿道の第5歩兵師団に配属され、現在は助教を務めています。J-HOPEは今年4月に入隊し、江原道の第36歩兵師団で服務を始めました。また、SUGAは9月に入所し、基礎軍事訓練後に社会服務要員として勤務しています。

特に注目されたのは、RM、V、JIMIN、JUNG KOOKの入隊です。RMとVは11月に入隊し、JIMINとJUNG KOOKは同伴入隊制度を利用して共に入隊しました。これによりBTSはグループ活動を一時休止し、メンバー全員が兵役に専念しています。彼らの除隊予定は、JINが2024年6月、J-HOPEが2024年10月、RMとVが2025年6月、JIMINとJUNG KOOKが2025年6月となっています。

2-2. 「同伴入隊」制度とその意義

韓国の「同伴入隊」制度は、親しい友人や家族と一緒に軍事訓練を受け、同じ部隊に配属されるシステムです。BTSのJIMINとJUNG KOOKはこの制度を選択しました。同伴入隊は、兵役中のストレスを軽減し、信頼関係を深めるために設計されており、特に公の人物にとって心理的な支えとなります。BTSのこの選択は、彼らの兵役後の活動再開に対するファンの期待を高めています。この制度は韓国社会において、兵役の負担を軽減するための重要な機能を果たし、今後も多くの若者に利用されると見込まれています。

3: そもそもBTSとは?

3-1. グループの歴史と成果

BTS、別名「防弾少年団」(Bangtan Sonyeondan)は、2013年にデビューした韓国の7人組男性アイドルグループです。彼らのグループ名に込められた意味は「10代、20代の若者を社会の抑圧や偏見から守る」というもので、彼らの音楽は全世界の若者に共感を呼び、大きな支持を集めています。2017年、彼らは「Beyond The Scene」という新たな意味合いを含むブランドロゴを導入し、自身のブランドを強化しました。

彼らの音楽的成功は、ビルボードの「Hot 100」や「ビルボード200」などの国際的なチャートでの1位獲得といった顕著な成果に現れています。これらの楽曲は、社会的メッセージを含む歌詞と心地よいメロディで、国境を越えて人々の心を捉えています。

3-2. ビルボードとグラミー賞への影響

BTSはその影響力でビルボードチャートに大きな足跡を残し、アルバムやシングルで複数回の1位を獲得しました。彼らのこの成功は、K-POPが世界的な音楽シーンにおける重要な地位を確立したことを示しており、音楽業界における多様性を前面に押し出しています。

また、BTSはグラミー賞にも顕著な影響を与えており、複数回ノミネートされています。これらのノミネートは、韓国音楽、特にK-POPの国際的な評価の高まりを象徴し、アジア音楽の新しい時代を切り開いています。

BTSの業績は、彼らの音楽的才能と革新的な取り組みの成果であり、全世界の音楽ファンにインスピレーションを与えています。彼らは音楽業界に新たな基準を築き、将来のアーティストのロールモデルとなっています。

4: 韓国人の男性が通る「兵役」とは?

4-1.韓国に兵役がある理由

韓国にまだ兵役がある理由は、まだ北朝鮮との戦争が継続しているからです。

1950年に勃発した朝鮮戦争は、1953年から休戦状態が保たれており、まだ終戦はしていないのです。K-popや韓国ドラマを見ていると一見平和な国に見えるのですが、実はいつ始まるかわからない戦争に備えて兵役の義務を設けているのです。

現在も60ヶ国以上の国が徴兵制を取り入れているという現状です。

4-2. 韓国の兵役制度の概要

韓国では、満18歳を迎えた男性には国防の義務として約2年間の兵役が課せられています。この制度は、陸軍、海軍、空軍、社会服務要員など、さまざまな分野で構成されており、個々の健康状態や専門性に応じて配属されます。

具体的には下記のような制限が設けられています。

【対象】

・満20〜28歳のすべての韓国人男性

①1〜3級:現役(現役兵)

②4級:補充役(社会服務要員)

③5級:第二国民役(有事時出動)

④6級:兵役免除

⑤7級:再検査

上記の5段階に分けられ、①②の1〜4級の判定を受けたものが入隊となります。

陸軍・海軍・空軍などへ配属が決まります。

【期間】

どこに配属されるかによって、兵役期間は異なりますが、約2年弱です。

陸軍や海兵隊は1年6か月程といわれています。

【兵役免除】

兵役が免除される理由は、下記の4つに分けられます。

①精神的不健康な場合

②身体的不健康な場合

③家計を支える者で不在となると家族生活が崩壊してしまう場合

④功績を収めたスポーツ選手

国家の安全を確保するために設けられたこの制度は、韓国の若い男性にとって一生に一度の義務と経験となっています。

4-3. 「BTS兵役延期法案」の内容と影響

2020年に韓国国会で可決された「BTS兵役延期法案」は、国際的な名声を持つアーティストに対して、30歳まで兵役を延期することを可能にしました。この法案は、BTSのような世界的に活躍するアーティストにとって大きな意味を持ち、彼らが音楽活動を続けながら国家への貢献を果たすための特例として注目されました。しかし、BTSメンバーは結局兵役を選択し、これにより韓国社会において兵役の義務と名誉に対する新しい理解が深まりました。

5: BTSの穴を補填できるのか?今後のHYBE戦略

5-1. HYBEの事業戦略と新グループ計画

BTSの所属事務所であるHYBEは、彼らの兵役中の活動休止に対応するため、多角的な事業戦略を立てています。これには、新たなアーティストの発掘と育成、グローバル市場での事業拡大が含まれます。HYBEは、新たなボーイズグループやガールズグループをデビューさせる計画を進行中であり、ENHYPEN、SEVENTEEN、TOMORROW X TOGETHER、LE SSERAFIM、NewJeansなどBTSの空白を埋める新しい音楽的才能を世に送り出そうとしています。

5-2. 他業他社M&Aによる市場戦略

HYBEは、他の音楽事務所やレーベルの合併や買収を通じて、その影響力を一層拡大しています。これにより、多様なアーティストと音楽ジャンルを取り込み、市場の多様性を高めています。この戦略は、K-POP業界全体の競争力を高め、グローバルな音楽シーンにおける韓国の地位をさらに強固なものにしています。

また、HYBEは日本のマーケットに対して、今後より大きな動きが生じる可能性もあると考えられます。というのも、K-POPにとって日本のマーケットは非常に重要だと考えられるからです。

▼下のグラフは、韓国音楽産業の輸出額の推移とその内訳です。

2019年は、BTSとBLACKPINKの成功により欧米市場でK-POPが大きく拡大しました。しかし、日本市場の重要性は変わらず、音楽輸出の約半分を占めています。中国市場の開拓が政治的問題で難航している中、日本はK-POPにとって重要な市場であり続けています。HYBEの日本での事業拡大は現在まだ控えめですが、将来的にはM&Aや資本提携などの大きな動きが予想されます。日本の音楽系プロダクションの中で、HYBEにとって魅力的なのは限られた数社だけであることも指摘されています。

また、これらの動きは音楽業界だけでなく、エンターテインメント産業全体において新たなトレンドを生み出す可能性を秘めており、今後ますます目が離せない展開になっていくでしょう。

6.まとめ:BTSの兵役と韓国エンタメ界の未来展望

BTSのメンバー全員の兵役入隊は、韓国エンタメ業界における重要な節目です。彼らの一時的な不在は、韓国音楽業界に新たな機会と挑戦をもたらし、他のアーティストやグループにスポットライトを当てるチャンスを提供しています。同時に、BTSの兵役は、韓国の兵役制度や国際的なアーティストの社会的責任に対する議論を促進しました。

彼らの復帰後の活動は、2025年に再始動すると予想されており、これはファンにとっては待ち遠しい瞬間です。一方で、この休止期間中には、HYBEなどのエンターテインメント企業が新しい才能を発掘し、K-POP業界をさらに豊かにする可能性があります。BTSの兵役とその後の活動は、韓国エンタメ業界における新たな動きの始まりを示しており、これが世界の音楽シーンにどのような影響を及ぼすか、多くの人々が注目しています。

 

関連記事:


 

リサーチオンラインを運営するリサーチバンク株式会社では、最新ニュースや、資産管理や投資についてのニュースを発信しています。また、NISA、iDeCo、投資などの資産運用の個別相談も行っています。゙LINEで簡単に無料でお申込みできますので、お気軽にお問い合わせください。

また、「女性の相談しやすさ」に特化した資産運用相談サービス「アセット デザイン ラボ」もございますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事