スポーツの経済効果:社会への貢献とビジネスの成長

2023年にWBCで日本が優勝し、国内全体が大きく盛り上がりました。スポーツが話題になると、経済にも良い影響を与えます。今回は、スポーツがもたらす経済効果について解説します。

加えて、社会やビジネスの成長にどう関わるかも見ていきましょう。雇用や投資にも影響するため、内容をしっかりと押さえてください。

資産形成に関心がある人はこちらから!

1.基本的な経済効果

スポーツの基本的な経済効果は大きく3つに分かれます。

  • 直接効果
  • 一次波及効果
  • 二次波及効果

それぞれの効果の意味と、どのような働きを持つのかについて解説します。

 

おすすめ記事:

 

1-1.直接効果(※1)

直接効果とは、名称のとおりスポーツが経済に与える直接的な効果です。具体例として、球場やグラウンドにある売店が挙げられます。

 

プロ野球を観戦する際に、球場でフードやグッズを購入した経験がある人もいるでしょう。観客の数が多いほど、施設側の売上もより大きくなる可能性が高まります。

 

さらに、観客の中には球場やグラウンドへ行くまでに、電車やタクシーを使う人もいるはずです。交通費も直接効果のひとつとして数えられます。

1-2.一次波及効果(※2)

一次波及効果は、施設側に商品を提供する企業が儲かる現象のことです。フードをグッズを販売するには、卸売業者の存在も欠かせません。卸売業者は、メーカーから商品を仕入れて各施設(小売業者)に販売しています。 

 

観客動員数が増加すれば、フードやグッズも数多く揃えなければなりません。卸売業者の販売数が増え、大きな利益を得られるチャンスが生まれます。

 

観客の中には遠方から来ており、ホテルを利用する人もいるでしょう。ホテルに食材や備品を提供している卸売業者も、スポーツに少なからず影響を受けます。

1-3.二次波及効果(※3)

二次波及効果とは、こうした直接効果や一次波及効果の影響を受ける企業の従業員へ与える経済効果のことです。観客動員数が増えれば、施設やホテルのみならず卸売業者の利益が上がります。この効果により、従業員の給料も上がりやすくなるでしょう。多くの給料を貰うことで、普段の生活でも多くの商品を買えるようになります。結果的に日本全体の経済成長に繋がるため、二次波及効果も注目すべき要素のひとつです。

資産形成に関心がある人はこちらから!

2.社会への貢献

スポーツは単純な経済効果のみならず、より良い社会を築くうえでも必要です。健全な社会を持続させると、人々の暮らしも豊かになります。ここでは、スポーツと社会との関わりについて押さえてください。

2-1.青少年の育成をサポートする(※4)

スポーツは、青少年の育成において重要な役割を担います。自治体や教育機関がさまざまなレクリエーションを企画し、心身の健全な発達を促します。

 

青少年のなかには、レクリエーションの経験を生かして同じ業界で働く人も出てくるかもしれません。このように、スポーツは青少年の育成とともに新たな雇用を生む効果もあります。

2-3.地域社会の再生に繋がる(※5)

地域社会を再生させる面でも、スポーツは重視されています。日本は自然豊かな国であるため、地域によって盛んな競技が異なります。

 

北陸や東北、北海道のように雪が多く降る地域はウィンタースポーツが盛んです。一方で、海を持つ地域ではマリンスポーツが愛されています。

 

このような特色を生かせば、多くの人がスポーツを楽しむために訪れるかもしれません。地域活性化を目指すべく、スポーツと観光を融合させた取り組みはスポーツツーリズムと呼ばれています。

2-4.国際友好の発展に寄与する

スポーツの発展は日本国内にとどまらず、国際関係にも良い影響を与えます。代表的な例が、2019年のラグビーワールドカップです。自国開催で大きな盛り上がりを見せたものの、台風の影響により試合がいくつか中止になる事態も起こりました(※6)。

 

このとき、試合が中止となったカナダ代表は岩手県の釜石市に残り、復興のための清掃活動をしたことが注目を集めます(※7)。同じくカナダと対戦する予定だったナミビア代表は、ファンのために交流会を開催しました(※8)。

 

スポーツをきっかけに、世界中の人々と支え合う意識が強くなった事例です。こうした支え合いが、地域の発展や経済成長にも結びつきます。

 

資産形成に関心がある人はこちらから!

3.ビジネスの成長

スポーツの発展に伴い、ビジネスの成長も期待できます。直接的に効果が得られるのは、上述したとおりスポーツ施設業界や流通小売業界です。他にも、以下の業界が成長する可能性を秘めています。

 

  • 観光業界
  • 放送およびエンタメ業界

 

スポーツに注目が集まり、観客動員数が増えると観光業界も活気づきます。2019年のラグビーワールドカップも、インバウンド収入に大きく貢献しました(※9)。

 

加えて、テレビを生かせば放送およびエンタメ業界にも効果を発揮します。バラエティ番組にスポーツ選手を招待するケースが代表例です。テレビ番組の視聴率が上がれば、スポンサーとなっている企業の認知も高まります。結果的に、多種多様な業界でビジネスの成長が見られるでしょう。

 

大会やイベントの開催は、仕事先や投資先を選ぶ際にも役立ちます。スポーツが話題になることで、高い利益が得られそうな業界を探してみてください。

 

4.まとめ 

今回は、スポーツが与える経済効果について紹介しました。スポーツは、日本の経済を支えるうえで重視すべき要素のひとつです。さまざまなイベントを開催すれば、社会やビジネスの成長にも繋がります。特に、日本で大きな大会が開催されたときはチャンスです。仕事や投資先の選び方によっては、資産を増やせるきっかけも生まれるかもしれません。このように、我々の生活には多くの要素が関わっています。しっかりと視野を広げれば、さまざまな視点から仕事選びや投資に関するヒントが見つかります。節約以外の方法で、資産を増やしたい方は公式LINEへお問い合わせください。

 


リサーチオンラインを運営するリサーチバンク株式会社では、最新ニュースや、資産管理や投資についてのニュースを発信しています。また、NISA、iDeCo、投資などの資産運用の個別相談も行っています。゙LINEで簡単に無料でお申込みできますので、お気軽にお問い合わせください。

また、「女性の相談しやすさ」に特化した資産運用相談サービス「アセット デザイン ラボ」もございますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事