ビジネスマン必見:本の解説と要約「続ける思考 「やりたいこと」も「やるべきこと」も全部できる!」

この本について

  • ジャンル:自己啓発、ライフハック、モチベーション
  • 著者:井上新八
  • 出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 本のリンク:「やりたいこと」も「やるべきこと」も全部できる!続ける思考 Kindle版
  • 導入文:「やりたいこと」も「やるべきこと」も全部できるという目標を実現するためのユニークな方法を提案する井上新八の著作。この本は、継続する力の大切さとその実践方法を解説し、読者に新たな発見とインスピレーションを与えます。

本書の要点

続けることの魅力

続けること自体を楽しむという新たな発見が、本書の重要なメッセージです。井上さんは自らの経験を通じて、継続することの価値を語ります。

多様な継続活動

ジョギングや手書き日記、企画考案など、継続する多岐にわたる活動が紹介されています。これらの活動は、毎日の積み重ねがいかに大きな成果につながるかを示しています。

続けることへの抵抗感を減らす工夫

完璧を目指さず、楽しいと思える方法で継続することの大切さを説いています。これにより、継続への抵抗感が減少します。

プロセスの楽しみ

何を続けるかよりも、続ける過程を楽しむことの重要性が強調されています。プロセスを楽しむことが、成功への鍵であると述べています。

自発的な行動の選択

「やりたい」という動機から行動を起こすことの大切さが語られています。これにより、継続する際の内面のモチベーションが高まります。

毎日続けることの重要性

毎日何かを行う習慣の重要性と、仕組み作りが続ける秘訣であることが語られています。

現実逃避の積極的な取り入れ

意図的な現実逃避のメリットとして、仕事の疲れを癒やし、心をリフレッシュするための時間を持つことの大切さが強調されています。

本書の要約

「やりたいこと」も「やるべきこと」も全部できるという井上新八の提案は、継続の力を新たな視点から見直すきっかけを提供します。継続は単なる義務ではなく、趣味や自己実現への道として捉え直すことで、日常生活においてもビジネスシーンにおいても、目標達成へのモチベーションが高まります。井上さんの豊富な実践例は、継続することの楽しさと、それがもたらす成果の両方を具体的に示しています。この本は、何かを始めたいが続けられないと悩んでいる人々に対し、継続する喜びとその方法を教えてくれる一冊です。

最後に

井上新八の「続ける思考」から学んだことを生活に取り入れ、小さな習慣から大きな夢まで、あなたの「やりたいこと」を実現してください。日々の継続を楽しみながら、自己実現への道を歩むことが、この本から得られる最大のメッセージです。今日から、新たな一歩を踏み出し、続けることの力を実感してみませんか?

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事