一人暮らしで節約する裏技3選!毎月6万円を貯める方法【2020年最新版】

節約/貯金

はじめに

一人暮らしをしていて貯金ができない、そんなお悩みはないですか?もしくは、もっと節約をして、貯金を増やしたいと考えている方もいるかと思います。
一人暮らしは自由で自分のために自分のお金を使えるため、なかなか貯金できないイメージがありますよね。

 

そうお考えの方に、今回は一人暮らしで節約する3つの裏技で毎月6万円貯める方法をご紹介いたします。

 

今回ご紹介する節約術は、苦しいものではなく日頃からできることばかりなので、ぜひ参考にしてください。貯金ができると、心にも余裕ができ、自信も持てるはずです。

今回の記事を最後までしっかり読んでいただき、これからの生活に役立てていただきたいと思います。

一人暮らしで節約するには家賃が重要

一人暮らしをするにあたって、一番大きな出費は家賃ではないでしょうか?
何もしなくても自然と出てしまう家賃の出費、気に入った物件を選んだとしても辛い気持ちになる方は少なくないと思います。

 

まず、一人暮らしの家賃には、目安があります。

大体、月収の20%から30%と言われています。例えば、月収25万円であれば、家賃は5万円から7,5万円となります。

 

しかし、より無駄に出費しないことを考えると、月収の20%以内に抑えることをおすすめします。
少しでも安くできたら、その分貯金にまわすことができます。

 

家計簿をつけて生活を見直せるように

 

次に、家計簿をつけて生活を見直せるようにしておくことが大切です。
自分は何にいくら使っているのか把握できたり、何に対して無駄に出費しているのかがわかります。これにより無駄遣いを抑えることができ、もっと節約できる項目も発見できます。

 

今では家計簿のアプリも種類がたくさんあります。自分のクレジットカードと結びつけることもできるため、お金の流れを一目で把握できるメリットがあります。

 

自分はめんどくさがりだから、と敬遠してしまうかもしれませんが、習慣づけたら貯金額も目に見えてわかるようになってきて、楽しいと思える時がくると思います。

 

一人暮らしで節約する裏技1.自炊する

それでは実際に、一人暮らしで実践できる節約の裏技を3つご紹介します。

 

まず、自炊をすることです。

 

大学生から社会人の一人暮らしは、大体月4万円ほどと言われています。
これを改善するには、買い物のコツをおさえて、自炊してみましょう。

 

買い物のコツとは、まずはまとめ買いをすることです。
毎日買い物に行くデメリットは、今日はこれが安いから買っておくなどの無駄遣いが発生してしまいます。
必要な物を必要な分だけ、買うことが大切です。

 

そして、食材の中でももやしやキャベツ、鶏むね肉はコストパフォーマンスが良いとされています。買い物に行ったら値段を他のものと比べて賢く買うように心がけましょう。

 

一人暮らしで節約する裏技2.風邪をひかないよう体調管理

次の裏技は、体調管理をして風邪などをひかないことです。見落としがちなことかもしれませんが、とても大切です。

 

一人暮らしをしていて体調を崩したとき、とてもしんどかったという経験、ありませんか?
家事をするのはもちろん辛いですし、買い物も思うように行けません。

さらに、それだけでなく病院にかかると臨時の出費が発生してしまいます。

 

初めて罹った病院の場合は初診料がかかりますし、診察をしてもらうと診察代、それだけでなく検査も必要になってしまうと多大な金額が請求されます。
そして、薬が出たときはその分も追加でお金が必要になります。

 

体調を崩さないためにも、日々の体調管理はしっかり行い、元気な体づくりを心がけましょう。

 

一人暮らしで節約する裏技3.税金を控除する

最後は、税金を控除することです。
少し難しく感じるかもしれませんが、ぜひ参考にしてみてください。

 

まず、保険に入っている場合、保険料が控除の対象となります。
しかし、入っている保険の条件によって控除額は異なりますので、詳細は国税庁のホームページなどで確認しましょう。

 

次に、ふるさと納税を利用することもおすすめです。
寄付した金額の2000円を超える部分の額が、住民税と所得税から全額控除できる制度となります。

 

最後に、医療費に関する控除があります。
支払った医療費が10万円以上だと控除の対象となりますが、一人暮らしでその額にいくことはあまりありませんよね。
もし、大きな怪我や病気などがあった場合は、確認してみることもおすすめします。

通信費、保険費用も節約できる

次に、日常的に使っている通信費と保険費についても見直してみましょう。

 

通信費については、格安SIMに変えることでかなり抑えることができます。
しかし、通信状況は大手キャリアに比べて悪い可能性もありますので、仕事に支障がきたさないかどうかも考慮して検討してみてください。

 

また、現在入っている保険についても、無駄な支払いをしていないかどうか確認することもおすすめします。
不要な保険ははずし、金額を安くできるプランに変更するなど、見直すことも節約につながります。

 

一人暮らしで節約するには出費を減らすこと

ここまでのことを一言でまとめてしまうと、とにかく節約するためには出費を減らすことが大切です。
日々の生活での出費は、ご説明した意外にもたくさんありますよね。

 

例えば、湯舟に浸かるときはお湯の量を少なくすることで水道代を節約できます。それに加えてお湯の温度の設定を1度下げると、ガス代も抑えることができます。

初期設定のままで、夏にも暑いお湯を使っていませんか?季節に応じて、温度の見直しをしてみましょう。

 

洗い物などもお湯だったところを水に変えてみるなどすると、少しずつ出費を減らすことができます。

 

こんな小さなことで、と思うかもしれませんが、毎月の家計簿を見直してみて節約できている結果を見ると嬉しくて続けることができると思います。

 

気持ちよく節約をすることが大切

しかし、節約すること、貯金することを頑張りすぎて切羽詰まってしまっては意味がありません。
楽しく、気持ちよく行うことが長く続けられる秘訣です。
一人暮らしだと自分との戦いなので、誰も応援してくれず、心が折れてしまうかもしれません。

 

無理しないよう、小さな贅沢を見つけるなどして、自分を励ましながら節約しましょう。
努力は無駄になりません。
必ず結果として表れるので安心してください。

 

無理して節約に追い込まれてしまっては、ストレスで体調を崩してしまうかもしれません。
目標をたてて、その目標を日々イメージすることでモチベーションを保つこともできます。

 

何に向けて節約、貯金をするのか立ち止まって考えることも大切です。

 

一人暮らしで貯金する裏技3選!毎月6万円を貯める方法 まとめ

これまで、一人暮らしで貯金するための裏技をご紹介いたしましたが、いかがでしたか?


自炊すること、体調管理をすること、節税すること、少し意識するだけですぐに挑戦できそうなことだと思います。
外食が多いなと感じた方は自炊にチャレンジしてみたり、私は格安SIMでも十分だなと思う方は切り替えてみたりと、参考にしていただけたら嬉しいです。

 

ご紹介した裏技や、みなさまの工夫で、月6万円の貯金も目指せます。
毎月の貯金が徐々にたまっていくのを想像すると、頑張れるのではないでしょうか。
また、節税のお話もご紹介したので、この機会にお金の知識を身に付けるのも良いかもしれません。

 

ぜひ、楽しい一人暮らし生活を送ってください。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。