お金持ちになるには?3つの方法を教えます!【2021年最新版】

節約/貯金

はじめに

好きな物を好きなだけ買って、食べたい物を食べ、行きたいところへ行く、そんな悠々自適な生活に誰でも憧れますよね?

お金の心配をすることなく、何でも欲しい物が手に入るお金持ちの生活、そんな夢のような暮らしは、宝くじでも当たらない限り無理だと諦めていませんか?

いつも「お金がない」と嘆いている人は、収入が少ないからお金が貯まらないのではなく、お金が貯まる術が身についていないだけかもしれません。

 

お金持ちには共通の特徴があります。

その特徴を理解し、あなたもお金持ちの思考や習慣を身に着け、お金持ちになれるチャンスをゲットしましょう。

 

お金持ちには特徴があります。

お金持ちの家に生まれる、確かにそれもお金持ちの特徴の1つです。

ですが、すべてのお金持ちに最初から財があったわけではありませんよね。

自身の手で財をつかみ取りお金持ちになった人も、世の中にはたくさん存在します。

 

お金持ちとそうでない人の差はどこにあるのでしょうか?

高価なブランドを身に着け、高級車を何台も乗り回し、腕には何千万円もの腕時計が光る、というような意味ではありません。

多くの人が、お金持ちには「運」や「才能」があると考えているふしがありますが、実際にはそれだけでお金を手に入れることは至難の業です。

 

お金持ちになる人の大きな特徴として、向上心があること、ポジティブであることがあげられます。

お金持ちになりたい方は、お金持ちの特徴と自分とどう違うのか理解しましょう。

 

お金持ちの基準は年収2000万円以上

お金持ちと言っても、どれくらいのお金があれば「お金持ち」とみなされるのでしょうか。

婚活相手に求める年収の基準としてよく1000万円と言われますが、これは現実的にはお金持ちの基準と言い難いのが実情です。

なぜなら、この1000万円から保険や税金もろもろ差し引かれると、実際に手にできるのは600~650万円ほどとなってしまうためです。

 

また、年収1000万円の世帯では、児童手当が減額になったり高校無償化制度が適応されないなど立場的にも冷遇されることが多く、お金に余裕を感じないこともあります。

結論としては、自由にお金が使えて心にも余裕がある「お金持ち」は、2000万円以上が基準と考えてよいでしょう。

 

お金持ちの生活を送るには

お金持ちになるためには、収入をアップするだけではいけません。

大事なのは収入と支出の差額ですので、収入をできるだけ上げて支出を減らし、できるだけ多くの資産から多くの利回りを得ることが大事になってきます。

たとえ年収2000万円以上の稼ぎがあったとしても、無駄な支出が多ければお金持ちとしての生活は送れないでしょう。

 

会社勤めの時給仕事をしている場合、社内で出世することで少しずつ給料を増やしていく必要があります。

一気に給料が増えることはなかなかないため、地道な積み重ねとなります。

 

では、収入をアップし支出をセーブしてお金持ちの生活を送るには、何を心掛ければよいのでしょうか。

 

お金持ちになる方法1.学び続ける

お金持ちの特徴として、仕事を持ちながら向上心を持って学び続ける点があげられます。

仕事というのはどんな時代、どんな分野においても環境が目まぐるしく変化していますので、うかうかしているとどんどん取り残されてしまいます。

 

お金持ちになる人は、いつでも対応できるように準備を怠らない賢明さがあります。

特に発展が目覚ましいITを活用した業務のスキルやノウハウ、英語や中国語などグローバル社会に備えた語学力などを磨いています。

 

そして身につけた知識やスキルを無駄にすることなく仕事に活用し、成果を上げて業績アップに繋げたり、チームや会社への貢献度を高めているのです。

自由時間を上手に捻出できることもお金持ちの特徴で、忙しいことを言い訳にしたりせず、自分のためにその時間を有効活用しています。

 

お金持ちになる方法2.自分を信じる

「どうして自分を信じることがお金持ちに繋がるの?」と不思議に思う方もおられるでしょう。

自分を信じるということは、自己肯定感が高いということです。

 

自己肯定感が低い人は、すぐに「私なんて…」とネガティブになりがちですが、自己肯定感が高い人は考え方がポジティブで、仕事で失敗したとしてもその失敗を次に活かそうというプラス思考があり、次の成功へと繋げることができます。

くよくよ立ち止まることがなく、また周りの意見に右往左往することもありません。

 

過程と結果を踏まえて分析し、何がいけなかったか、どうすれば改善できるかを常に考えています。

そうした姿勢や学ぼうとする意欲、新しいことに食らいつこうとする貪欲さ、そうした高い意識を持つ人がお金持ちになりえるのでしょう。

 

お金持ちになる方法3.論理的に物事を考える

論理的に物事を捉えられる思考回路の持ち主です。

つまり、感情や余計な情報に惑わされず、物事を道筋立てて考え、もっとも良い答えを導き出す力があるということです。

 

例えば、家計のやりくりが上手な主婦は、自分の家庭におけるキャッシュフローを常に把握し、無駄遣いをなくして節約を成功させることができます。

これは論理的思考ができているためで、半年、1年間、5年間と長期スパンでマネープランを立てています。結果、マイホームの購入や教育資金などの捻出も可能になるのです。

 

論理的に考えることができない場合、行きあたりばったりでお金を使いますので、いざお金が必要になったときに蓄えがない状態に陥ってしまいます。

お金持ちとは、こうした浪費をすることなく、限りある資金をどう使うかきちんと計画できる人と言えます。

投資と浪費の違いを理解する

お金の使い方には「将来への投資」と「ただの浪費」の2種類があると思ってください。

浪費とは、無駄遣いとも言いますが、お金を出したところで消費されるだけで何も生み出さないことを言います。

外食や家賃、税金、娯楽費などがこれに当たります。

 

「お金が貯まらない」という人のほとんどは、こうした浪費によって給料を使い果たしてしまいます。

そしてお金がない恐怖心からお金を稼ぐために働くというループにはまってしまうのです。

 

投資とは、手元にあるお金をもっと増やすための運用手段です。

お金を投じることでより大きなリターンとなって利益を生み出します。

 

お金持ちは、投資という方法で意味のあるお金の使い方をしています。

これがお金が貯まらない人との大きな違いでしょう。

 

お金持ちになるには無駄遣いをしないことも大切

お金持ちは、上手な資産運用を行っていると同時に、無駄遣いをしないように努力をしています。

お金が貯まったからと湯水のように使っているわけではありません。

2000万円以上の年収を得るためには、無駄遣いを一切せず、どのようにしたら資産を増やせるかを考えます。

 

無駄遣いをしてはいけないのは、お金だけではなく「時間」にも言えることです。

先に説明したお金持ちになる人は努力を惜しまないという特徴も、時間を大切にしている結果です。

お金を貯めたければお金が貯まる方法を学び、実行に移すこと、これが最も重要なポイントです。

 

ダイエットと同じで、目標に向かってどれだけ時間と努力を費やせるかによって成果が全く違います。

「痩せたいな」と考えるだけではなく、「痩せるために何をすればいい」と具体的に考え、実行することが大切なのです。

 

お金持ちになるには? まとめ

お金持ちの特徴について納得いただけましたか?

学び続けること、自分を信じること、そして論理的思考を持つこと、これが大きな特徴です。

 

これらは運や才能がなくても、自分次第でどうとでもできるものです。

お金がないと嘆くよりもまず、お金持ちになるためにできることを前向きに考えてみてはいかがでしょうか。

お金も時間も有限ですので、いずれ訪れる老後のためにも、色々な角度で自分の資産について考えてみてください。

 

お金持ちになる方法は、いつ何時もお金にケチケチしてお金を貯めることではありません。

お金は貯めているだけでは増えませんので、必要なタイミングで「上手に投資する」ことが重要です。

お金はどうしたら増えるのか、その知識をまず得ることから始めてみましょう。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。