カーリースのメリットとデメリット!購入せず車生活をする方法も解説

節約/貯金

はじめに

カーリースはメリットとデメリットがあり、車を購入するか迷っている際は、慎重にあらゆる角度から比較してみることが大切です。近年よく話題にされる若者の「乗用車離れ」。

 

ライフスタイルによって、車の利用スタイルも変わってきています。

そこで今回は、カーリースのメリットやデメリット、さらに購入せず車を使う方法をご解説していきましょう。

 

知っておいたほうがいい!リバースモゲージとは?こちらをチェック。

リバースモーゲージとは?リフォーム費用を確保できる一方でデメリットも

 

知っておくとお得?健康祝い金付きの医療保険について紹介。こちらをチェック。

健康祝い金付き医療保険とは?特徴や失敗しない選び方のポイント

 

カーリースとは何か?

リース契約はビジネスでもよく聞かれる言葉ですが、「カーリース」とはどのようなものかというと、契約期間中月額料金で支払い、利用者が選んだ車に乗るプランのことです。

 

カーリースの仕組みは、カーリース会社が契約者の選んだ車を購入して、使用料金を毎月払うスタイルなので、契約者は車を「購入」するのではなく、定額で利用する「サブスクリプションサービス」。

 

車の名義人は利用者ではなくカーリース会社になっていますのが、購入した場合のように自由に車に乗れます。月額の料金は車種や年式により異なり、さまざまなプランがリース会社で提供されています。

 

一般的には、車を購入した際のローンよりは安くリース料金が設定されていること。

なぜそのような料金設定ができるかというと、車体本体価格から契約満了時の残価(下取り価格)を差し引いた金額を契約者が負担しているためです。

 

たとえば車体価格200万円の車をリースする場合、残価を50万円としたら、150万円を契約月数で割って月額利用料金を算出するシステム。

長く契約するほど、お得に毎月車に乗れることになりますね。

 

カーリースのメリットについて

カーリースはメリットが多く、購入する際の予算が少ない場合は、カーリースにしたほうが好きな車に乗れる可能性が高くなります。

 

多額の頭金や登録諸費用など、初期費用の準備をしなくてよいこと。

さらに自動車税や車検時の税金なども月額料金に含まれているので、大きな出費もなくマイカーに乗れます。

 

毎月均等払いで好きな車を満喫できることは、カーリースの最大のメリットになるでしょう。

またリースされる車は、販売店からカーリース会社が大量に車を購入するので、かなり金額的に優遇されているケースが多くなっています。

 

個人がディーラーで車を買うよりも、お得に購入された車をリースしているので、さらに値引きも有利に確保できることがカーリースのメリットでしょう。

 

またカーリース会社は、あらゆるメーカーの車種を扱っていますので、あちこちディーラーを回る必要がないこと。

 

オプションプランではガソリン割引や任意保険、延長保証など、安心して車を楽しめるメリットもプラスできます。

 

カーリースのデメリットについて

カーリースはメリットが多く、購入するよりリースのほうがお得に見えますよね。

しかし注意したいのは、カーリースにもデメリットがあること。

 

まず料金ですが、現金で一括購入した場合と比較すると、カーリースの総額のほうが高くなるケースがあることです。

契約期間の途中解約は解約金が必要になり、相当額になる場合もあるかもしれません。

 

また残価清算する場合ですが、カーリースはオープンエンドという月額料金が安く抑えられる方式と、月額料金が少し高くなるクローズエンドがあります。

 

オープンエンドの場合は、契約終了時に追加清算されることもあるので、最後に多額の出費が待っていることも。

 

さらにカーリースには走行距離制限があり、超過するとその分費用が発生するので、車で毎日長距離通勤する人には不利になる場合もあるでしょう。

 

カーリースのメリットとして、あらゆる車を選ぶ点が挙げられますが、国産車がメインなので外車を探している人には向かない場合もあるでしょう。

もちろんリース契約する際に審査がありますので、通らない時は契約ができないこともデメリットです。

 

購入しなくても車に乗る方法

カーリースはメリットとデメリットがありますので、特徴を理解してライフスタイルに合わせられる人にはオススメです。

他にも車を購入せずに利用する方法としては、近年人気が高まる「カーシェアリング」があります。

 

カーシェアリングはあまり車に乗らない人向けで、利用期間は短時間~数時間程度。料金は月会費と利用時間や走行距離に合わせた金額を支払います。

 

諸税や自賠責保険などの支払い義務は利用者にはなし。

車種はカーシャアリングの会社が保有するものから選択しますので、カーリースのように好きな車種があるとは限りません。

 

似たサービスとして一般的に利用されるのは「レンタカー」。

旅行先でレンタカーを使うことはたまにあるかもしれませんが、利用時間は数時間~数日で、利用期間中に相当する分を料金として支払います。

 

税金などの支払い義務はなく、車種は用意されている中から好きなものを選択。

カーシェアリングとレンタカーは短期間利用なので、月額契約が必要な駐車場は不要です。

 

まとめ

カーリースはメリットになる月々の定額料金や初期費用が不要である点は、車を購入する場合と比べるとかなり楽になりますね。

 

ただしデメリットももちろんありますので、お得感を重視している人は、カーシェアリングやレンタカーも選択肢として考えてみませんか。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。