サブスクで節約生活?仕組みや選び方を徹底解説いたします!

節約/貯金

はじめに

サブスクで節約できると聞いたことはありますか。

大流行中のサブスクですが、一体どのようなものなのか人に聞きにくいということもあるでしょう。

 

節約はあらゆる手法があり、自分のライフスタイルに合わせて無理なく取り入れることがコツ。

想定外の出来事で生活が180度変わってしまう今の時代、普段から節約意識を高めることはとても大切ですね。

 

日々の生活を貯金に繋げる方法はこちらをチェック

節約のコツを掴め!日々の生活を貯金に繋げる方法

サブスクとは何か

節約が上手な人が近年取り入れているサブスク。

よく耳にするけれどどのようなものなのか、意味をわかりやすくご説明していきましょう。

 

サブスクの意味

サブスクとは「サブスクリプション」の略で、英語で定期購読という意味があります。

近年サブスクと呼ばれるものには、定期購読だけでなく定額料金を払い、商品やサービスを利用することを総体的に示す意味があり、ビジネスモデルとしても注目されています。

 

サブスクが最初に始まったアメリカ。

その背景にはリーマンショックで消費者の節約志向が高まったことがあり、購入するお金よりも月々の支払いで少額にできることが人気となった理由です。

 

サブスクの一例

サブスク型のビジネスが近年増え始め、とくにコンピューターソフト関連にもサブスクスタイルが普及しています。

とてもなじみがあるもののひとつが、MicrosoftのOffice。

 

以前は専用のCD-ROMを購入して、何台かのPCに入れて使用していましたが、現在はソフトのダウンロードが自由になり、その代わりにサブスクで月額課金や年間課金として支払う形態になっています。

 

身近なところにもたくさんあるサブスク。

内容や特徴を理解しておけば、節約生活のサポートになるといわれています。

 

サブスクの仕組みについて

ではサブスクで節約生活を始める前に、まずは仕組みについて理解しておきましょう。

ネットが普及している今の時代、会員制で決まった料金が自動で引き落とされるサブスク。提供する企業にとっては安定した収入につながり、利用者にとっては出費を節約できるという、双方にとって魅力がありますよね。

 

サブスクは最初に会員登録をして、希望のサービス内容を選択します。

オプション料金が発生する場合もありますので、サービス内容はきちんと確認しておくこと。

不要になったら解約手続きを行い、サービスが終了します。

自動的に商品が配送されるなど、外出を控えたい時期はさらにありがたさが実感できるはず。

 

利用の手順はとてもシンプルで、サブスクの種類はあらゆるものがありますので、自分が頻繁に使用する分野に関してはサブスクのほうがお金も時間も節約になります。

 

サブスクのメリット

サブスクにはメリットが色々とありますので、それらについて見ていきましょう。

通常に商品を購入するよりも、サブスクに変えたほうが満足できるものもたくさんあるかもしれません。

 

手軽にスタートできる

サブスクはとても手軽で、気軽に始められることがメリットです。

料金は比較的に安価なものが多く、多くのサブスクで「無料トライアル期間」を設けているのも魅力。

 

自分のライフスタイルに合うかどうか、似たような商品やサービスを比較してから判断することもできます。

申し込みはオンラインから手続きができるので、パソコンやスマホで気軽にスタートすることが可能です。

 

初期費用がなくても大丈夫

サブスクといえば、音楽配信やDVDレンタルなどがまずイメージされますが、最近は車や家具などもサブスクで手に入れることが可能になっています。

 

これらの対象商品は、購入するとなるとかなり高額な資金が必要になりますが、サブスクなら月額料金でできるため、初期費用なしで新生活がスタートできるということに。

憧れの商品を使った生活をしてみたいと、本来お金がないとできないことも少額のサブスクで可能になりますね。

 

コストパフォーマンスがよい

サブスクで節約効果がアップするように、最大の魅力はなんといってもコストパフォーマンスがよいこと。

一例を挙げますと、映像や音楽などの定額配信サービスの場合、個々に購入するよりもサブスクのほうが節約効果は高く、頻繁に映画を観る人なら通常のレンタルショップで借りるよりもお得です。

 

幅広いサービスが展開されている

かつてサブスクといえば、雑誌の定期購読しかなかった時代。

今はビジネスモデルにもなっているサブスクは、あらゆるジャンルにてサービスが提供されています。

 

身近な動画配信、書籍や雑誌、ゲームアプリ、ファッション、飲食系など。

住宅のサブスク型サービスなら、空き家に自由に移り住めるという魅力的な内容も始まっています。

 

またサブスク型で人気が高まっている車。

ローンやリースを考えると、どうしてもまとまった金額が必要になりますよね。

サブスク型の場合は月額料金を払い、好きな時にレンタカーを利用するようなもの。

 

購入してしまうと、しばらくはその車を手放すことはできませんが、違った車種に乗れることもサブスクならではのメリットです。

 

サブスクのデメリット

サブスクはよい点もたくさんありますが、もちろん注意したいデメリットもあります。

利用するにあたって、できるだけ理解しておきたいですね。

 

毎月負担がある

サブスクは月額料金で商品やサービスを利用することなので、利用者にとってたとえ購入するよりも金額が安くても、毎月支払いが必要になります。

 

そもそもサブスク型のサービスが増えているのは、企業側にとってメリットが多いため。

一見お得に見える内容でも、本当に必要な商品やサービスでなければ、サブスクで節約にはならないでしょう。

 

家計の見直しをする際に、固定費はまずチェックしたい部分になりますので、その際にサブスクを見直す人もいるのではないでしょうか。

 

新しい商品やサービスがない場合も

サブスクの中には「使いたい放題」という魅力的な内容もあります。

たとえば音楽配信。毎月のサブスク料金で、好きなだけ音楽をダウンロードできるようなサービスの場合、利用者は常に新鮮なコンテンツや商品を期待するはずです。

 

企業側がこのようなユーザーのニーズを理解していないと、常に同じ内容のサービスとなり、新鮮味がなくなってしまうかもしれません。

会員になったのはいいけれど、興味のない商品ばかりだったということもありますので、特定のジャンルだけを求めている人にはあまりオススメではないでしょう。

 

買い切りではない

サブスクを車でたとえるとよくわかりますが、利用者が支払う月額料金は、その商品の購入代金として蓄積されていくものではありません。

車のリースのように、一定期間リース料金を支払うと買取りが可能になるものがありますが、サブスクは基本的に買い切りではありませんので、利用をストップした時点で終了となります。

 

サブスクで上手に節約生活を始めるコツ

サブスクで節約効果を高めるポイントは、以下のようなものがあります。

とくに重要になるものをまとめてみましたので、参考にしてくださいね。

 

サブスクの種類を知る

サブスクで節約生活を始めるためには、どのようなサービスがあるのか知ることが大切です。

たとえば音楽が好きなら音楽配信のサブスク、ファッションに興味がある人なら定額借り放題のファッションサブスクが人気。

 

また食品宅配サービス、家具レンタルなど、あらゆるものがサブスク型のサービスを提供しています。

よく使うものがどれか、毎月の出費をまずは把握して、契約できるかどうか判断してみましょう。

 

定期的な見直しが必要

サブスクはまず無料期間で、実際に試してみることをオススメします。

その間に得られる商品やサービスをチェックして、料金とのバランスを検討してください。

 

サブスクは購入するよりも少額ですが、本当に必要かどうか考えることが重要です。

すでに契約しているサブスクも定期的に見直し、他社のサービス内容と比較してみてもよいでしょう。

 

まとめ

サブスクは、節約生活に上手に導入することがコツです。

便利な時代だからこそ万が一のことを想定し、金銭的な余裕を持って暮らす意識が大切。

仕事に行けない、プライベートが充実しないという時、気分転換としてもサブスクを活用したいですね。

 

FIREという生き方を実現するには?早期リタイアの方法

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。