【2020年最新版】貯金2000万を独身で貯めるコツ3つと注意点

不動産/保険

独身者の貯金の平均は約1,100万円~1,300万円

 独身者の貯金の平均額は年代によって異なり、周囲はどれぐらいの貯金があるかについては気になるところでしょう。

 

そして老後に安心して生活を送るにはいくら必要であるのか、月々いくら貯めないといけないのかといったことも気になるはずです。

 

まず独身者の貯金の平均は約1,100万円~1,300万円と覚えておいた方がよいでしょう。独身の場合は自分の収入を自分の生活に使えて、既婚者と比べると自由にお金を使える範囲も広いものです。

 

貯金をするのが日常となっている方ほど、平均以上の貯金額となっている場合が多いです。いきなり一気に貯金をしようと思ってもできないものです。

 

コツコツ地道に貯金をするからこそ余計なお金を使わなくなっていくといえるでしょう。 

 

平均値よりも少ない人は6割以上 

独身者の貯金の平均は約1,100万円~1,300万円となっているものの、多くの方はそんなに貯金がないと思っているはずです。平均値よりも少ないのは6割以上であり、貯蓄が200万円未満の方もすくなくありません。

 

年代が高くなるにつれて貯金はどんどん多くなっていき、年収が高くなると貯金できる金額も多くなっていくものです。

 

しかし年収と貯金額が必ず比例するとは限りません。貯金に対しての意識をどれぐらい持っているかによっては結果は変わっていきます。

 

貯金2000万を独身で貯める人は何で貯めてる?  

 

貯金が2000万円という高額である場合も、普通預金や定期預金が貯金の大半です。普通預金であってもちゃんと貯金していける方も少なくありません。

 

しかし何かしらの理由ですぐにお金を使ってしまうという方は定期預金を選択した方がよいでしょう。

 

定期預金を選択した方がちゃんと貯金をするという意識が高まり、生活を送るにあたって無駄なお金を使わないようになっていくでしょう。女性の場合は生命保険の割合が40~50代にかけておよそ2割と男性よりも多いです。

 

何でお金を貯めるかが問題ではなく、貯金に対しての意識が高いかが問題になります。確実に貯金をしていくのであれば、定期預金や保険を選択した方がよいでしょう。

 

貯金2000万を独身で貯めるコツ3つ  

貯金2000万円を独身で貯めるためにはいくつかのコツがあります。自分にとって適した方法を選択するのはもちろんのこと、なぜ貯金2000万円にもなるかの秘密に関しても知っていきましょう。

 

誰しもが独身で貯金2000万円を貯めることができる可能性があります。いくつかのコツを知っておくことによってより効率的に貯金をしていけるものです。

 

貯金2000万を独身で貯めるコツ1.資格をとる   

資格を取ることによって収入を増やすのはひとつの方法です。節約をして貯金をするのには限度があります。しかし収入は自分の努力によって上げることができます。

 

資格を取ることによって収入が上がる職業であるのなら、選択肢のひとつです。

 

資格を取ることによって上司からの評価も上がって周囲との差別化を図ることもできます。仕事の成果に応じてどんどん昇給をしていくのならどんどん資格を取ってチャンスをつかみ取った方がよいでしょう。

 

日々の生活を送るにあたって節約を心がけるとともに、自分の努力でしっかり収入を上げることも考えた方がよいでしょう。 

 

貯金2000万を独身で貯めるコツ2.目標を明確にする 

上司の自分を評価してもらうためには確実に達成できる内容の目標を具体的に書くのが効果的です。もしも給与交渉をしようと思った場合に何も目標を達成していないと評価されにくいのはいうまでもありません。

 

しかし何かしらの目標を達成しているのなら、評価しやすい人材となるのが大きいです。

 

いかに仕事ができるようになるかだけではなく、いかに上司に評されやすい人材を目指すかも重要です。せっかく自分がよい仕事ができるとしても、上司に評価されないとまったく意味がありません。客観的に目標を明確にするのは効果的です。

 

貯金2000万を独身で貯めるコツ3.投資を行う   

貯金2000万円を独身で貯めるのはあまり現実的ではないと思う方もいるでしょう。しかし投資を行うことによって実現する可能性が高まるものです。

 

いきなりFXや先物取引などにチャレンジするのが不安であるのなら、まずは投資信託からスタートするのがよいでしょう。

 

商品を選択して希望の金額を購入するだけという単純なものです。長期運用ができて、目先の値動きに自信がある場合は短期運用を選択する方法もあります。

 

投資と聞くと不安である方もいるものの、バランスよく資金を分散させることは効率的に貯金が貯まる理由になるものです。 

 

散財しないために家はきれいにする

自宅をきれいにすることがあまり貯金とは関係ないと思う方も少なくないものの、密接な関係にあります。

 

本当に必要なものが何かをしっかり見極めることによって、余計な出費を避けることができます。洋服やバッグなどを必要と思って購入したとしても、すでに持っていたというケースも少なくありません。

 

散財をしてしまうのは単に性格の問題だけではありません。しっかり貯金をしていくための環境を整えることに意識を高めているかの問題になります。

 

しっかり貯金をしている方の方が無駄なお金を使わないための環境を整えることに余念がありません。

 

 

65歳までに3000万円では足りない未来   

老後のライフスタイルによるものの、65歳までに3000万円を貯めても足りなくなってしまうかもしれません。毎日の取り組みによって少しずつ貯金を増やすことができる以上、取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

老後に貯金が足りなくなってしまうのは致命的な問題になります。

 

若い頃のように働けるわけではなく、いかに貯金を貯めるかが今後の人生に大きく左右するものです。貯金3000万円を貯めることができたとしても安心しきってしまうのは危険です。

 

さらに貯金を貯めていくためには何をすべきかを考えないといけません。 

 

貯金2000万を独身で貯めれるよう意識しましょう  

貯金2000万円と聞くと途方もない数字に感じる方もいるかもしれません。しかし地道に貯金をしていくことができれば2000万円も不可能ではありません。

 

いかに無駄なお金を使わないようにするか、さらにいかに収入を増やすかがポイントになります。

 

特に投資は大きく貯金を増やせる可能性を秘める方法で、まだ取り組んでいない方は取り組んでみてはいかがでしょうか。何も意識をせずに貯金2000万円を貯めるのは現実的には難しいです。

 

しかし自分が何をすればよいかを明確にすれば貯金2000万円を実現できて、老後の生活も楽になります。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。