ハワイの不動産がなぜか人気!ここ数年で加熱しているハワイ人気の理由について

不動産/保険

はじめに

ハワイの不動産市場が今日本人にとても注目されているといわれていますが、ハワイといえば日本人が大好きなリゾート。新婚旅行の行き先としても未だに人気がある場所ですよね。

 

ハワイに永住し余生を過ごす人やビジネスを展開する人など色々ですが、加熱しているハワイの不動産人気の理由について詳しくご解説していきましょう。

 

【ハワイ移住】失敗しないためのポイント5つ。知らなきゃ損します!こちらから。

【ハワイ移住】失敗しないためのポイント5つ。知らなきゃ損します!

【不動産】土地が売れない場合の対策は?なかなか売れない3つの理由。詳しくはこちら。

【不動産】土地が売れない場合の対策は?なかなか売れない3つの理由

 

 

世界のセレブがハワイの不動産に注目!

時代背景の変化により大きな打撃を受けているさまざまな業界。しかし感染が広がる中でも、ハワイの不動産は大人気のようなのです。この1年間の間で売却された不動産は急激に増え、2020年の販売数6倍以上も2021年に売却したハワイの仲介業者もいるほど。

 

その中には、以前はなかなか買い手がつかなかった4000万ドル以上を超える物件も多数あるとのことでした。ハワイの不動産市場は、2021年1000万ドル超えの物件は、合計10億ドル以上の取引額を突破しています。

 

今最も注目されているハワイの不動産ですが、そんな中でさらに話題を呼んだのは、アマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏がマウイ島の豪邸を7800万ドルで購入したというニュース。

 

この豪邸は、エネルギー関連企業のオーナーのコロラド州在住のシャッツ氏が保有していたものです。公式には両者ともコメントは避けていますが、先見の目があるベゾスも注目しているハワイの不動産。さらに今後もヒートアップしそうですね。

 

 

なぜ今ハワイなのか?

ハワイの不動産がさらに人気が高まっているのは、人々の働き方が変わっていることが理由のひとつ。ハワイはアメリカ本土からもフライトが何便も出るほどメジャーな場所で、富豪がアクセスしやすく、プライベートジェット用のスペースも充分に用意されていることも魅力です。

 

オフィス勤務から在宅勤務が増えたことで、一般の人も世界中どこでも仕事ができるようになっていることは、ハワイが注目される大きな理由です。

 

別荘をハワイに持っていた人も休暇を過ごすためではなく、仕事で数か月滞在することもできるでしょう。アメリカ本土の人なら時差もあまり気にせず仕事ができ、しかもプライベートでマリンスポーツが堪能できることもハワイならではの魅力。

 

また都会とは違い、雑踏を避けて暮らせることも、ソーシャルディスタンスを意識する今だからこそ安全な生活に欠かせないポイントですね。

 

 

IT企業が不動産投資に注目する理由

今加速しているのが、アメリカのIT企業のハワイの不動産人気です。ハワイの不動産市場は豪邸に限っていうと、市場に出る前に口コミで販売するスタイルが主流。売り物件として公開されずに、個人間での取引している豪邸が近年増えています。

 

とくにビーチ沿いの景観の美しい豪邸などは、ココナッツワイヤレスと呼ばれ非公開取引がメインに。そんな中で注目したいのは、アメリカ大手のIT企業の不動産購入が相次ぐニュースです。

 

ニューヨークのマンハッタンビルを購入したアマゾン、そしてフェイスブックもオフィス施設を3億ドルで取得。このように各地に巨額不動産投資を行い、ハワイもその対象になっているといわれています。

 

その理由はIT企業の手元資金が記録的に増え、保有しているだけではリターンが見込めないため。設備投資など使い道も限られてしまい、商業用不動産に目をつけていることが理由といわれています。

 

 

投資スタンスが変わったハワイ不動産

ハワイに別荘を持つ、または移住するなど、日本人にとっては憧れの場所であるハワイ。不動産投資としても人気があるハワイですが、日本人にとってはアメリカ本土に行くよりもアクセスがよく、しかも日本食が手に入りやすいなど、暮らしやすい環境があることも魅力。

 

さらにハワイに不動産を保有している場合、たとえ物件を自分が利用しなくてもハワイは世界中から観光者が集まるリゾートなので、レンタルとして安定的に収益を獲得することも可能なのです。

 

そんなハワイの不動産ですが、投資の視点から考えると、時代が変わったことによりスタンスが変わっているとのこと。不動産オーナーがバケーションレンタルとして活用した物件も、移動が制限されている時期は収益の低下は避けられないでしょう。

 

借り手がつきやすいハワイ物件も、投資物件として有益になるとは限らないのです。しかし働き方が変わり保有する物件の活用方法は、短期的な賃貸できなく長期賃貸へと変わり、空室期間をなるべく作らないよう運用するオーナーが増えています。

 

さらにハワイ州の税法では不動産の減価償却できる期間が長いことなど、節税メリットもあるため、日本人にとっても国内の不動産よりも魅力に感じるところは大きいでしょう。

 

 

まとめ

ハワイの不動産人気というのは、実は今始まったことではなく、価格は年々上昇しているように、将来的な投資の対象になるかもしれません。

もちろん投資だけでなくハワイに不動産があることは、自分の将来のライフスタイルを考える際によいアイデアにもなるはずなので、興味がある人は早速リサーチしてみませんか。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。