不動産投資型クラウドファンディングとはなにか・初心者が失敗しないための基礎ガイド

不動産/保険

 

はじめに

不動産投資型クラウドファンディングとは何か、投資や資産運用に興味がある人にとって気になるワードですよね。不動産を使った投資は近年とても注目されていますが、初心者ならできるだけリスクを考えて計画することが大切。

 

そこで早速ですが、不動産投資型クラウドファンディングとは何か、知っておきたい大切なポイントや注意点などを徹底解説していきましょう。

 

不動産投資の経費について解説。計上が出来る経費と出来ない経費まとめ。こちらをチェック。

不動産投資の経費について解説。計上が出来る経費と出来ない経費まとめ

不動産投資として駐車場経営をするメリットとデメリット。詳しくはこちらから。

不動産投資として駐車場経営をするメリットとデメリット

 

 

不動産投資型クラウドファンディングとは何か?

不動産投資型クラウドファンディングとは、新しい不動産投資手法のひとつ。投資家から集めた資金で不動産を取得、賃貸料や売買益を投資家に還元する手法です。

2017年に法改正が行われ、不動産投資がインターネットでできるようになったことがこの投資手法の誕生したきっかけに。不動産投資型クラウドファンディングとは、集まった資金を事業者が運用、管理して投資家は入金した金額に相当する分配金を待つというわかりやすいシステムになっています。

 

しかも手続きややりとりはインターネットで完結できるので、自宅にいながら投資できることも魅力。物件の修繕や入居者管理なども事業者が行っていますので、投資家に物件維持費がかかることはありません。

 

 

ソーシャルレンディングとの違いについて

不動産投資型クラウドファンディングとは、ソーシャルレンディングと混同してしまう人もいるようですが、異なる特徴がいくつかあります。

ソーシャルレンディングは投資家から出資された資金で、事業者に融資する仕組みです。投資家とソーシャルレンディング業者の間には匿名組合契約が結ばれ、業者が融資のファンド運用事業で得た利益を投資家に分配する契約。

 

不動産投資型クラウドファンディングと違うのはリスク対策、資金の運用方法、また法律規制の視点から見ても異なる特徴があります。ソーシャルレンディングは、リスクがありながらも資産運用を効率的に行いたい投資家向け、また資金調達したい業者の双方のニーズに応えられることが特徴です。

 

 

不動産投資型クラウドファンディングのメリットについて

不動産投資型クラウドファンディングの最大のメリットは、少額で不動産投資が始められること。1口1万円から可能なので、不動産投資の敷居の高さを感じていた初心者も参加が可能です。

投資家は不動産のオーナーの地位も手に入りますので、女性も憧れるでしょう。また不動産投資型クラウドファンディングは複数人の投資家が投資するために、投資家同士のつながりが生まれることもメリット。

 

将来自分のためになる情報や知識を身につけることもできるかもしれません。またメリットとしては、投資する物件を自分で選択できること。出資者を募る際に物件の詳細情報は公開されますので、さらに身近に不動産投資が経験できるでしょう。

 

不動産投資型クラウドファンディングを行う人が増えるほど、不動産業界の活性化にもつながりますので、市場が強くなれば投資している資産価値も高く期待できるよい循環が生まれるのです。

 

 

運営元を選ぶ際のポイントについて

不動産投資型クラウドファンディングとは、投資家のお金を業者が不動産投資してくれる方法なので、始める際には信頼できる運営元を選ぶことが必要です。

不動産投資型クラウドファンディングを行う法人は「優先劣後方式」を採用していることが一般的。この方式は投資家だけの資金で充分でない場合に、運営法人が出資して不足を満たすこと。

 

これにより不動産価値が下落しても、運営法人の出資割合によっては投資家に損失が発生しない場合もありますので、優先劣後方式かどうかはまず確認したいポイントですね。

また不動産投資の案件数が多いほど選択肢は広がりますので、案件数の多さも確認が必要です。中には供給数が少ない運営元もあり、同じ案件の中から仕方なく選択せざるを得ない場合もあるので注意が必要でしょう。

 

また物件情報の開示内容についても、詳細をきちんと開示してくれるか。物件の住所や施工会社、築年数など、投資家はこれらの情報を頼りに出資を決断しますので、多くの情報を提供してくれる運営元がオススメです。

 

 

注意したいこと

不動産投資型クラウドファンディングは、サービスサイトを利用して初心者でも手間を省いた投資が可能です。しかし魅力だけでなくリスクや注意点もありますので、事前に納得したうえで始めること。

 

たとえば元本割れや貸し倒れなどが発生する可能性があること。また投資案件の募集があると応募が殺到し、すぐに締め切られてしまうこともありますので、注目企業の事業や高利回りが期待される案件は早い者勝ちになることも理解しておきましょう。

 

 

まとめ

不動産投資型クラウドファンディングとは、不動産投資に詳しくない人でも気軽に始められる投資スタイルですが、もちろんリスクもありますし事前にある程度の知識を身につけておいたほうが安心です。

色々なサイトやサービスがありますので、それぞれの特徴をリサーチして投資の目的に合うかを判断してくださいね。

 

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。