不動産投資はFIREに向いている?

不動産/保険

はじめに

働き方や生き方の多様性が尊重される現代において、FIREを目指して生活している人も増えています。

FIREとは「Financial Independence,Retire Early」の略称で、経済的自由を獲得して早期退職するという意味です。

 

このFIREを達成するためには、仕事をしなくても安定的に収入を手に入れなければいけません。

そのため資産運用をしなくてはいけないわけですが、有効な方法として不動産投資が考えられます。

 

そこで、今回の記事ではFIREの達成に不動産投資が向いている理由を中心に記載していきます。

 

今回の記事で重要なポイントは以下の通りです。

  • 不動産投資がFIREに向いている理由は〇〇であるから
  • 不動産投資でFIREを達成するためのポイントとは?
  • 不動産投資と並行して行っておきたい資産運用とは?

ぜひ最後までご覧ください。

 

首都圏で不動産投資するなら横浜エリアがおすすめ!その理由や利回りは?こちらから。

首都圏で不動産投資するなら横浜エリアがおすすめ!その理由や利回りは

空室保証やサブリース契約とは?不動産投資で空室リスクを軽減する方法はこちらからチェック。

空室保証やサブリース契約とは?不動産投資で空室リスクを軽減する方法

 

不動産投資がFIREに向いている理由

FIREを達成するために、なぜ不動産投資がおすすめであるのかを紹介します。

利回りが安定している

 

不動産投資は一度入居者が決まってしまえば、家賃収入が毎月入ってきます。

特にFIREでは仕事を辞めることを前提にしていますので、資産運用以外に継続的な収入がありません。

 

そのような中で安定した収入が毎月入ってくるのは、精神衛生的にも金銭的にも嬉しいことです。

また、安定した収入に加えて、長期的に収益化できる点もおすすめできる理由の1つです。

経済的影響を受けにくい

 

株式投資やFXなどの資産運用は経済的影響を受けやすく、価格の変動が激しいです。

短期間で大きな利益が出せる可能性を秘めている一方で、もしかしたら資産価値がゼロになってしまう可能性も考えられます。

 

その点不動産投資では、短期間での利益は株式投資などに比べたら微々たるものかもしれませんが、経済的影響を受けにくく安定した収益が入ってきます。

また、不動産はインフレにも強いです。

 

インフレになると物価が上がりますが、その物価が上がるにつれて不動産価値も上昇します。

このように経済的影響を受けにくいため価格の変動性が低く、不動産投資はFIREに最適な投資方法ともいえるでしょう。

手間がかからない

不動産投資は管理会社に運用を任せることもできます。

株式投資やFXは価格の推移を逐一チェックしなければいけないため、それ相応の手間がかかってしまいがちです。

せっかくFIREで自由を獲得したというのに、株価の値動きに時間を取られていれば元も子もありません。

 

しかし、不動産投資であれば管理会社に運用を一任できますので、時間にゆとりが生まれます。

不動産投資がうまくいけば精神的にもゆとりが生まれて、真の意味でのFIREを達成できるでしょう。

不動産投資でFIREを達成するためのポイントは?

不動産投資でFIREを達成するポイントは以下の3つです。

  • 空室リスクを減らす
  • バックアップ体制を整える
  • 投資の規模を拡大していく

それぞれのポイントを簡単に解説します。

空室リスクを減らす

収益を安定させるためにもできるだけ空室リスクは減らしてください。

特に不動産投資のメインとなる収益は家賃収入ですので、空室のままだと収入が発生しません。

 

対策としては需要がある土地に物件を建てることが考えられます。

事前のマーケットリサーチは怠らずに、その地域にふさわしい不動産投資をするようにしましょう。

バックアップ体制を整える

管理会社に一任することも可能な不動産投資は管理会社の質が大事です。

特にFIREでは長期的な不動産投資をすることが見込まれますので、長期にわたって信頼できる不動産会社を選ぶようにしてください。

投資の規模を拡大していく

1つの物件で不動産投資に慣れてきたら規模の拡大も視野に入れてください。

不動産投資は継続的に収入が入ってきますが、1つの物件では収入は乏しいです。

そのため、まとまった収入を得るためにも、複数の物件を運用することをおすすめします。

不動産投資と並行して行いたい資産運用

資産に余裕があるのであれば、株式投資や投資信託も並行して行っても良いでしょう。

特にFIREともなるとまとまった収入が必要です。

 

かといって、不動産投資に集中していれば資産のリスク分散としては不十分です。

そのため、不動産投資をしていても資産のリスクヘッジのために、株式投資や投資信託を行っている方も少なくありません。

 

ただし、いずれの資産運用を行うにしても、事前に知識を身に付けたうえで行うようにしてください。

知識がなければ損失を計上してしまいかねません。

 

そうなってしまえば、せっかく達成したFIREも意味がなくなってしまいます。

FIREを達成したとしても日々の勉強は大切です。

 

 

まとめ

ここまで不動産投資がFIREに向いている理由を紹介しました。

今回の記事で重要なポイントは以下の通りです。

 

  • 不動産投資がFIREに向いている理由は経済的影響を受けにくく、利回りが安定しているからであること
  • 不動産投資でFIREを達成するには早めの空室リスク対策が大切であること
  • 不動産投資に加えて、株式投資や投資信託などの資産運用も並行して行った方が良いこと

 

これらの情報があなたのお役に立てれば幸いです。

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

 

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。