高収益が期待できるガレージハウス経営とは?

不動産/保険

はじめに

近年では不動産投資が注目されていることから、ガレージハウス経営も注目を集め始めています。

安定した契約者さえいれば、高収益が生み出せることがメリットのガレージハウス経営。

今回はそんなガレージハウス経営について以下のポイントを中心に紹介します。

 

  • そもそもガレージハウス経営とは一体どのようなものなのか?
  • ガレージハウス経営をするメリットは〇〇であること
  • ガレージハウス経営をする上での注意点について

 

ぜひ最後までご覧ください。

 

不動産投資の体験談!詳しくはこちらから。

不動産投資の体験談!サラリーマンが中古ワンルームor一棟マンションに投資したら

広告でよく見る「10万円から始める不動産投資」とは。本当に可能なの?こちらからチェック。

広告でよく見る「10万円から始める不動産投資」とは。本当に可能なの?

ガレージハウス経営とは?

ガレージハウスとは建物と車庫が一体になっている構造の建物のことです。

1階部分が車庫として機能するので、建物と車庫の行き来が簡単にできるようになります。

このような特徴があるため、車好きの方はガレージハウスに住みたいと考える方も多いです。

 

尖った特徴であるがゆえに入居者を見つけるのは困難かもしれませんが、その分ニッチな市場ですので競合がまだまだ少ない傾向にあります。

特に駐車場の確保が難しい都心に住んでいて、かつ車好きの方であればガレージハウスを利用したい方も多くいるはずです。

 

都市圏の賃貸住宅の新たな不動産投資のスタイルとして、今後も注目されていくことが予想されます。

ガレージハウス経営の強み

ここでは先述したガレージハウスの特徴を踏まえた上で、ガレージハウス経営の強みを紹介します。

高収益が期待できる

ガレージハウス経営では入居者さえ見つかれば、高い収益性を見込めるのが特徴的です。

そもそもどこの市場でも競合が少ないため、他の不動産と比べてメリットがかぶることが少ないのがガレージハウス経営の特徴でもあります。

 

その需要が刺さる人には刺さりますので、高めの賃料を設定しても借りてくれる人はいます。

そのため、相場より多少高めの賃料を設定しても入居者は現れるでしょう。

 

また、ガレージハウスを希望する入居者層は車好きの方が多いです。

車を趣味としている方の多くは高級所得層であるため、高水準の賃料であっても需要さえマッチすれば問題なく入居してくれます。

 

小さな土地でも経営できる

ガレージハウスは一戸建てが建てられるスペースさえあれば経営できますので、それほど広い土地を必要としません。

都心で一戸建てとなると、30〜40坪程度が平均となるでしょう。

その程度の土地さえ確保できれば、ガレージハウス経営は可能です。

 

本来、一戸建てであれば駐車場のスペースを気にする必要があります。

しかし、ガレージハウスであれば一階が駐車場の役割を果たしますので、駐車場のスペースを気にする必要がありません。

そのため、入居へのハードルが低くなることも考えられます。

入居期間が長期になりがち

一度入居を決めてしまえば、次のガレージハウスを見つけることは難しいことから、安易に入居先を変えられません。

なぜ見つけるのが難しいかというと、先述した通りガレージハウスは不動産投資においてもニッチな市場だからです。

そのため、入居者を一度確保してしまえばしばらく空室リスクを気にする必要がありません。

 

また、長期的な入居が見込めることから安定した収入が入るのも、ガレージハウス経営のメリットです。

ガレージハウス経営の注意点

ここまでガレージハウス経営のメリットを中心に紹介してきました。

しかし、メリットがあるということは、デメリットも存在します。

ここからはガレージハウス経営の際に注意していただきたい、デメリットについても紹介します。

空室リスクがある

どの不動産投資でも挙げられる問題ですが、ガレージハウス経営であっても空室リスクがあることには注意してください。

ガレージハウス経営はファミリー向けの一戸建ての不動産投資です。

一度入居者が決まってしまえばしばらく安定した家賃収入が期待できる一方で、入居者がいなくなってしまうと次の入居者を見つけるのは難しいです。

 

ニッチな市場であるがゆえに入居者がなかなか見つからない可能性があることは踏まえた上で、ガレージハウスの経営をするようにしましょう。

ニッチであるがゆえに需要があるか事前の把握が大切

先述している通りにガレージハウス経営はニッチな市場です。

どのよう場所でガレージハウス経営をしたとしても、一定の需要は満たすかもしれませんが、全ての需要に答えられるわけではありません。

そのため、ガレージハウスを求めている人が少しでもいる土地にガレージハウスを建てる必要があります。

 

ガレージハウス市場はまだまだデータが少ない市場でもあります。

そのため、もしガレージハウス経営をしていくのであれば、事前のマーケットリサーチは必須です。

まとめ

ここまでガレージハウス経営の情報を中心に紹介しました。

今回の記事で重要であったポイントは以下の通りです。

 

  • ガレージハウス経営とは、一階に車庫がついている車好きの層を狙った不動産投資であること
  • 車好きな層を狙っているがゆえに高収益も期待できること
  • ニッチな市場であるがゆえに空室リスクを抱える可能性があることや、そもそも需要があるのかを事前に調べることが大切であること

 

これらの情報があなたのお役に立てれば幸いです。

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。