広告でよく見る「10万円から始める不動産投資」とは。本当に可能なの?

不動産/保険

はじめに

「10万円から始める不動産投資」なんて広告を、インターネットや動画の合間などに見たことありませんか?

不動産投資といえば、資金がかかるものというイメージがありますので、にわかには信じられないはずです。

 

しかし、正しい手段さえ取れれば10万円からであっても不動産投資はできます。

今回の記事では10万円から始められる不動産投資について、以下のポイントを中心に紹介いたします。

 

  • 低資金で開始できる不動産投資を2つ紹介
  • 少額不動産投資をする際に気をつけたいポイント
  • 少額不動産投資で慣れたら次にすることは?

 

ぜひ最後までご覧ください。

 

投資信託と不動産投資のメリットとデメリットを比較!こちらをチェック。

【投資信託VS不動産投資】メリット・デメリットは?人気の投資方法を比較!

 

不動産投資の経費で計上が出来るものと出来ないものはこちらをチェック。

不動産投資の経費について解説。計上が出来る経費と出来ない経費まとめ

 

低資金で始められる不動産投資とは?

少額から始められる不動産投資は大きく分けて2つです。

 

  • 駐車場経営
  • J-REIT

 

まずは、それぞれの不動産投資の特徴について紹介いたします。

駐車場経営

月々一定の金額で契約する駐車場を経営する投資手法です。

月極の駐車場であれば、コインパーキングのような設備を導入する必要がありませんので、比較的初期費用を安く済ませられるでしょう。

 

特に自分で土地を持っていて、サブリースという形式で、業者に土地を貸し出して運用していけば、初期費用が0円から経営していくことも可能といわれています。

 

賃料は地域によって異なりますが、一般的には月々1〜3万円程度が相場といわれています。

東京などの土地代が高いエリアであれば、その分賃料も高く設定できますが、まずは周囲の相場に合わせて運営するのがベターでしょう。

J-REIT

REITとはいわゆる不動産投資信託のことを意味します。

そのREITの中でも、J-REITは日本の不動産投資信託のことです。

 

証券場で取引されている金融商品のうちの一つで、複数の不動産から構成されています。

そのため、一つのREITを購入するだけで複数の不動産に投資できることになります。

 

また、このREITは1口当たり5万円程度から購入可能です。

まず少額から不動産投資を始めたい人にとっては、うってつけの投資手法といえます。

 

ただし、REITを構成する物件をあなたの手で選ぶことはできませんので、資産管理を自分でコントロールできない点には注意が必要です。

 

また、投資信託の一種ですので、株式市場にも影響されやすい点には気をつけて投資するようにしてください。

 

気をつけたいポイント

上述したような手法を取れば、10万円程度さえ確保できていれば不動産投資を始めることは可能です。

しかし、やっとの思いで不動産投資を始めたところで、利益が出せなければ仕方ありません。

ここでは、少額不動産投資する際で気をつけておきたいポイントを2つ紹介いたします。

立地条件を見直す

少額不動産投資に限ったことではありませんが、投資する不動産の立地条件は、利益を出すためには重要な要素です。

 

特に駐車場を経営するのであれば、立地条件をまず先に気にする必要があります。

立地条件で大切な要素では、以下のような要素が挙げられます。

 

  • 交通量や人の行き来が多い立地であること
  • 周囲が住宅街であること
  • 利用者の多い駅が近くにあること

 

特に都心から外れた郊外に駐車場を経営していても、そもそも利用する人が少ないですので、利益が出しにくいです。

 

そのため、駐車場の経営などの不動産投資をするのであれば、都心に近い方が利益を出しやすくなるでしょう。

相場感の確認

周囲の相場感に合わせて不動産投資をすることは大切です。

REITの場合は、相場感を気にせずに商品を購入していれば問題ありません。

 

しかし、駐車場経営であれば周囲の駐車場に合わせた料金設定をする必要があります。

利益を取りたいからと言って、その地域の中でも高い料金設定していたら、そもそも契約する人がいません。

 

例えば、月々1万円の駐車場が空いているのに、近くにある月々3万円の駐車場とわざわざ契約することはありませんよね?

そのため、契約者数を増やすためにも、周囲の相場感に合わせた料金設定が求められます。

 

少額不動産投資の次のステップは?

少額不動産投資は比較的少ないリスクでスタートできますが、その分利益は少ないものです。

そのため、少額不動産投資に慣れて、ある程度資金が貯まったら、一棟のアパート投資やマンション投資なども視野に入れてみましょう。

 

特に一棟のアパート投資の場合には、自分である程度の収益をコントロールできたり、大きな利益を狙えたりすることから人気の不動産投資手法です。

少額不動産投資に慣れたら、ぜひアパート投資も検討してみてください。

 

まとめ

ここまで少額でできる不動産投資についての情報を、以下のポイントを中心に記載しました。

 

  • 少額不動産投資には、駐車場の経営かJ-REITなどの手法があること
  • 少額不動産投資にでは駐車場経営がメインになるが、運営していく上で、立地を気にすることや、周囲の相場感に料金を合わせることは大事であること
  • 少額不動産投資にある程度慣れたら、アパート投資も検討するのも考えられること

 

これらの情報があなたのお役に立てれば幸いです。

ここまでご覧いただき、誠にありがとうございました。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。