【不動産投資信託】いま話題のREIT(リート)とは?わかりやすく解説

不動産/保険

はじめに

資産運用をしたい方の中には、不動産投資をしてみたいという方も多いのではないでしょうか?

しかし、不動産を購入して投資するには資金が足りないということや、融資してもらうことが難しいということがハードルになり、なかなか不動産投資まで踏み切れないというのが実際のところでしょう。

 

そんな方でも少額の自己資金で始められる不動産投資として、「REIT(リート)」があります。

そこで今回の記事では、少額から始められる不動産投資であるREITについて、以下のポイントを中心に紹介していきます。

 

  • そもそもREITとは一体なんなのか
  • REITを始めるメリットやデメリット
  • REITと不動産投資の違いとは?

ぜひ最後までご覧ください。

 

投資信託と不動産投資どっちがいい?メリットやデメリットを解説。こちらをチェック。

【投資信託VS不動産投資】メリット・デメリットは?人気の投資方法を比較!

 

看護師の方におすすめの副業と不動産投資をする際に気をつけたいポイントはこちらをチェック。

看護師は副業していいの?おすすめの副業と不動産投資をする際に気をつけたいこと

 

REITとは?

まずはREITがどのような商品であるかを紹介いたします。

REITについて

REITとは、不動産投資信託「Real Estate Investment Trust」の略称です。

投資法人が投資家から資金を集めて、複数の不動産に投資することで発生する、賃貸収入や不動産の売却などの利益を配当金として、投資家に還元する金融商品のことを意味します。

 

REITの中でも、日本で投資がおこなわれているものは、Japanの「J」をとって、J-RIETなんて呼ばれていたりしますよね。

 

そして、REITは10万円前後の金額から投資できるため、投資初心者にとっても人気な金融商品として知られています。

どんな種類のREITがあるの?

REITには大きく分けて、3つの種類があります。

 

  • 特化型…オフィスや住居、商業施設など、特定の施設に特化した不動産に対して投資するタイプです。投資対象が明確ですので、値動きやリスクが確認しやすいです。
  • 複合型…オフィスや商業施設などの施設などの2種類の不動産を収益源として、投資するタイプです。全く違った不動産に投資することから、リスクが分散できます。
  • 総合型…3種類以上の不動産施設を投資対象としたタイプです。用途が異なる不動産に投資することで、リスク分散できます。

 

REITと不動産投資の違いについて

REITは不動産投資と違って、比較的少額から投資できます。

不動産投資をするとなるとある程度まとまった資金が必要になりますが、REITであれば10万円前後から投資できます。

 

そのため、比較的簡単に不動産投資をはじめられるという点においては、REITの方が優れているでしょう。

 

REITのメリット

ここまでREITがどのような商品化を紹介してきました。

ここからはそれを踏まえた上で、REITのメリットについて紹介いたします。

分散投資が可能であること

REITの中には何種類かの不動産を投資対象としている総合型の商品があります。

 

そのため、総合型の商品に投資するだけで、さまざまな不動産に対して分散投資できますので、簡単にリスクヘッジが可能です。

現物の不動産投資に比べて、簡単に複数の不動産に投資できる点は大きなアドバンテージになります。

少額から投資できる

REITは10万円から100万円程度から投資可能です。

そのため、現物の不動産投資よりも気軽に投資ができます。

 

現物の不動産投資をするとなると、平気で100万円以上かかりますので、余程のまとまった資金がなければ融資して投資するしかありません。

 

しかし、REITであれば少額からの投資が可能ですので、持ち合わせが100万円もあればすぐさま投資可能です。

プロが運用してくれる

REITでの不動産運用は、不動産のプロが運用するのが一般的です。

そのため不動産知識が少ない方でも、REITであれば不動産投資ができるようになります。

 

またREITは、直接不動産を管理するわけではないため、不動産を運用する手間や費用がかからないのもメリットといえるでしょう。

 

REITのデメリット

ここまでREITを運用するメリットを紹介しました。

次はREITを運用する上でのデメリットも紹介いたします。

災害リスクの影響がある

REITは不動産を運用する投資商品ですので、投資先の不動産が被災するリスクが孕んでいます。

投資先の不動産が被災することで、不動産として機能しなくなり、収益がなくなる可能性があることは念頭においてください。

運営法人が倒産する可能性がある

REITは不動産投資法人が運営していますので、倒産する可能性があります。

つまり運営母体が倒産してしまうということは、REITが上場廃止になってしまうということです。

 

REITが倒産した際には不動産を売却して、売却金から投資家に資金が返還されますが、満額まで戻る可能性は約束されていません。

そのため、元本の返還が約束されている投資でないことは把握しておくべきです。

 

まとめ

ここまでREITの情報について紹介いたしました。

ここまで記載した内容のポイントは以下の通りです。

 

  • REITとは、投資家から資金を集めて、複数の不動産に投資することで発生する利益を配当金として、投資家に還元する金融商品のこと
  • REITは少額から始められる上に、分散投資が可能であること
  • REITのデメリットは、災害リスクによる配当金の減配や、運営法人が倒産する可能性があること
  • REITは不動産投資に比べて少額から投資が可能になること

 

これらの情報があなたのお役に立てると幸いです。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。