テレワーク向け賃貸物件の選び方!おすすめポイントや役立つ情報をご紹介

不動産/保険

はじめに

テレワーク向きの賃貸物件は、不動産市場で最近とても注目を集め、働くスタイルを考え直す際に、住まいを見直す人も増えていることがわかります。

 

自宅で仕事をするとなると、オフィス的な使い方がどうしても必要。

現状を改善するだけでは間に合わないこともあるでしょう。

 

新しい時代の働き方に合わせた賃貸物件は、選ぶ際にいくつかのポイントをおさえておくと満足しやすくなります。

では早速ですが、テレワーク向きの賃貸物件の選び方について徹底解説していきますね。

 

中古マンションを売却したいときにすることは?こちらをチェック。

中古マンションを売却したい!売却平均期間はどれぐらい?

 

不動産投資で駐車場経営をするメリット、デメリットはこちらをチェック。

不動産投資として駐車場経営をするメリットとデメリット

 

共有ワークスペースがある場所

賃貸物件といっても、家族構成によって必要な間取りやスペースは異なります。

独身の場合、本来ならワンルームでも生活には充分かもしれませんが、テレワーク向きの賃貸物件としては少し不足するところもあるかもしれません。

 

その場合は、マンションなどの集合住宅に共有のワークスペースがあるところがオススメ。

これなら仕事とプライベートを完全に分けることができ、しかも住んでいる敷地内なので、移動も楽で安心です。

 

テレワーク向きの賃貸物件として、従来ミーティングスペースとして使っていた場所をワーキング用の共有部分に改造しているマンションも。

 

Wi-Fi完備で、オフィス関連のコピー機やカフェスペースが設置されているなど、自宅では集中できない場合もこれなら安心ですね。

 

狭いワンルームでも仕事場は別になりますし、家族がいる人なら集中できる仕事環境が作れる点もメリットになるでしょう。

 

駅から離れた物件を探す

テレワーク向きの賃貸物件を探す際に、多くの人が希望するのは仕事スペース。

ダイニングでパソコンを使う生活は、オフィスの作業よりも姿勢が辛く、腰痛や肩こりの原因にもなりかねません。

 

ビデオ会議で家の中が丸見えになることも、できれば避けたいポイントのひとつ。

そのため快適なテレワークをするには、仕事部屋のスペースをどう設けるかがコツです。

 

通常の間取りは、一人暮らしだと6~10帖が目安。もう一部屋プラスすると賃料は高くなります。

今と変わらない家賃で広さを求めるなら、駅から離れた物件にすることも方法でしょう。

 

テレワークで通勤が不要になれば、駅までのアクセスはさほど重要条件にならない場合も多いもの。

どうしても駅から徒歩圏内は家賃が高くなる傾向がありますので、この機会にバスの利用を検討して、広い間取りの物件を探してみてもよいですね。

 

周辺環境をチェックしよう

テレワーク向きの賃貸物件は、仕事に集中しやすい環境かどうかも判断基準のひとつです。

オフィス環境と違うのは、自宅で仕事をすると生活感があり、息抜きが上手にできない場合も考えられますよね。

 

そんな時に窓から見える周辺の風景がビルや工場よりも、見晴らしがよく緑が多い場所のほうが、気分的にメリハリはつけやすくなるでしょう。

 

またテレワークは、休憩時間に近所のコンビニでお茶や食事を買うことも多くなるかもしれません。

わざわざ車に乗って外出するよりも、周辺施設が充実しているほうが安心な場合もあります。

 

このような点を考え、テレワーク中に何が必要になるか、周辺環境をチェックして賃貸物件を選ぶこともポイントになりますね。

 

インターネット環境がいいか?

テレワークはパソコンがないと仕事ができないように、賃貸物件を探す際もネット環境は重要な判断基準になります。

 

インターネットはプロバイダー料金が家賃に含まれている物件も多いため、金銭的に考えても負担が減ることもあります。

 

Wi-Fi完備されているか、通信環境はいいかなど、テレワーク向きの賃貸物件を探す際にはチェックしておきたいところです。

 

たとえば光回線にこだわりたい人は、管理会社や不動産会社に問い合わせて、事前にチェックしておくと安心ですね。

 

郊外で物件を探す

働き方が変わると、賃貸物件の条件も大きく変わってきます。

都心で駅近にこだわることはもはやなく、ネット環境があれば仕事ができるなら、郊外に拠点を移すことも可能なのです。

 

エリアを見直すと、さらに賃貸物件の選択肢は広がり、同じ間取りなら家賃が安くなる可能性もあります。

定期的にオフィスに通う場合も、毎日でなければさほど遠方でも苦にはならないでしょう。

 

また仕事のストレスがオフィスから家に変わる今の時代、息抜きの仕方も工夫が必要に。

郊外に住んでいるとアウトドアも身近になり、趣味がある人にはさらに好都合なライフスタイルが手に入ります。

 

家族がいる人なら、公園が近いと育児もしやすくなるかもしれません。

テレワーク向きの賃貸物件は、室内の環境だけでなく、暮らし方を丸ごと違う視点から考えることも重要なポイントです。

 

まとめ

テレワーク向きの賃貸物件は、自分のライフスタイルを変えるきっかけにもなりますね。

仕事がしやすい快適な環境、そしてプライベートも充実できる場所。

 

まずは一番こだわりたい部分を考えて、条件をリストアップしてみましょう。

テレワークが短期的な場合は、ウィークリーマンションなどを使うこともできますので、用途や希望に合わせて上手な物件探しをしてくださいね。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。