リバースモーゲージとは?リフォーム費用を確保できる一方でデメリットも

不動産/保険

はじめに

リバースモーゲージとはどのような意味があるのか、初めてこの言葉を聞いた人もいるかもしれませんが、将来マイホームを購入する際や、すでにお手持ちのマンションなどを違った視点から活用する意味があります。

そこで今回は、最近話題にされることが増えている「リバースモーゲージ」とは何か、詳しくご解説していきましょう。

 

注文住宅と建売住宅の違いとは?メリット、デメリットはこちらをチェック。

注文住宅VS建売住宅!マイホーム購入の際に知っておきたい大きな違い

 

家財道がは地震保険でカバーされるのか、契約前に知っておきたいことはこちらをチェック。

家財道具は地震保険でカバーされる?契約前に知っておきたいこと

 

リバースモーゲージとは何か

リバースモーゲージとは何か、仕組みをまずはご説明しましょう。

リバースモーゲージとは、自宅を担保にして生活資金を借り入れすることで、自分の家にそのまま住み続けお金を借りた人が亡くなった時に、担保になっている不動産を処分して借金返済するのが基本的な仕組みです。

 

リバースとは「逆」のモーゲージは「抵当権」という意味がありますので、借り入れた分を最後に返済するという解釈をするとわかりやすいでしょう。

 

リバースモーゲージとは高齢者向けの貸付制度ともいわれ、あらゆる金融機関や地方自体の社会福祉協議会などが扱っています。リバースモーゲージの商品によって、貸付限度額や借入の使途などが異なることが特徴。

 

リバースモーゲージとは、自分が亡くなった後の自宅について不安がある人や、子供が独立後に住み替えを考える、ローン返済が大変な場合など、あらゆる悩みをサポートする借入制度といえるでしょう。

 

住宅ローンとの違いについて

リバースモーゲージとは、住宅ローンとは違う特色があり、高齢化社会が問題になる日本だからこそ、自宅を継続できない可能性がある世帯から需要が高まっています。

 

住宅ローンは毎月一定の元金と利息を返済しますが、リバースモーゲージは元金部分を契約者が亡くなった時に不動産を売却して一括返済しますので、月々の返済は利息のみ。

 

定年退職しても、住宅ローンがまだ残っているケースはとても多く、このような不安をなくすためにも、住宅ローンからリバースモーゲージに乗り換えする人もいるようです。

 

リバースモーゲージは金融機関が扱う商品の場合、住宅金融支援機構と提携して貸し付ける場合や、金融機関が独自に提供する商品などがあります。

 

この場合は借入人が毎月利息だけを支払い、死亡した後は相続人が自宅を売却する流れ。

社会福祉協議会のリバースモーゲージは、借入人が亡くなるなど、契約が終了した時は借入元金と利息の返済が必要になるので注意が必要です。

 

リフォーム資金として使えるのか?

リバースモーゲージとは、持ち家を担保にして老後の資金を確保するようなイメージが強いのですが、将来に向けたお金だけでなく、リフォームや生活資金として使うこともできます。

 

借り入れたお金をリフォーム資金、田舎への移住資金にあてる人もいますし、年金だけでは足りない生活資金にすることも可能です。

 

リフォームは高額な施工も多いため、収入が少ない世帯ではかなり計画が苦しくなる場合もあるでしょう。

リバースモーゲージは、有価証券や投資資金として使うことはできませんが、リフォームでマイホームをアップグレードすれば売却時にメリットがあるので、ある種の投資として考えることもできるかもしれません。

 

メリットについて

リバースモーゲージのメリットは、一般的なローンとは違い高齢者が利用しやすいことや、ローンがありながらも自宅に住めることが魅力です。

 

たとえば自宅のリフォームが必要になっても、一般的なローンが借りられない高齢者も多く、その際は自宅売却して賃貸に引っ越すしか方法がない場合もあるでしょう。

 

リバースモーゲージは利息の支払いが不要な商品もあるように、月々の返済額が少ないことがメリット。

さらに実家から離れて暮らしている子供がいる場合、介護資金の調達でリバースモーゲージを使う人もいます。

経済的な不安による自宅の売却を避けたい時には、リバースモーゲージはメリットが多いといえるでしょう。

 

デメリットについて

リフォーム費用としても使えるリバースモーゲージとは、一見ありがたいローンのようにも感じますが、デメリットもあるので理解しておきましょう。

 

まずは金利上昇のリスクがあることで、多くのリバースモーゲージは変動金利を採用しているので、金利が上昇すると月々の利息返済額が増額される可能性も。

 

また担保にしている自宅の評価額が下落するリスクがあり、融資限度額以上に借入残高が上回るケースもあります。

超過分は返済が必要になりますので、この場合は生前に自宅売却もやむを得ないでしょう。

 

またリバースモーゲージの問題点としては、契約者が亡くなった後は担保の自宅を売却するため、子供に家が残せない、配偶者が住み続けるためには審査や条件があるので、借入人が亡くなった後に自宅に住めなくなる可能性も。

資金使途を限定している商品もありますので、リフォーム資金として使えないといったケースも少なくありません。

 

まとめ

リバースモーゲージは、まだまだ自分の年齢では関係ない話に感じる人は多いでしょう。

しかしマイホームを手に入れた後、とくに老後の生活は早くからプランを立てることが大切。

その際にどのようなローンがあるのか、ぜひ詳しく知るようにしてくださいね。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。