家の査定はどこを見られているか・査定の流れや高値をつけるポイント

不動産/保険

はじめに

家の査定はどこを見るのか、土地の広さやロケーションなど、あらゆることが考えられます。将来的に家の売却を考えているなら、今から価値を上げるためにできることがあるかを知っておきたいですよね。

 

家のローンが残っている段階で、住み替えを考える人も増えています。そんな時は尚更、現在の家がいくらで売却できるかを把握することは、自分の生活スタイルを変える際の判断材料にもなるでしょう。

そこで今回は意外と知られていない、家の査定はどこを見るのか詳しくご説明しますね。

 

家計をコントロールしよう!理想的なバランスとは?こちらをチェック。

家計をコントロールしよう!生活費・預金・投資の理想的なバランスとは?

 

東京23区別の家賃相場は?こちらをチェック。

東京23区別の家賃相場!安いエリアや一人暮らししやすい駅は?

 

家の査定とは何か?

ずっと同じ家に住んでいるなら、査定価格はあまり気にならないかもしれませんが、あまりにも高値がつく場合なら売却を考える人もいるでしょう。

家の査定は基本的に不動産会社が行い、査定により売却できそうな価格がわかります。査定の基本は、近隣で売買された似た物件の価格を参考にして、ポイント制で評価をつけていきます。

 

物件の築年数、敷地面積、立地条件、不動産市場も関係していますので、あらゆる要素が複合的に集まり査定価格が決まります。あくまでも査定なので、提示してもらった価格で必ず家が売れるわけではありませんのでご注意ください。

また査定価格の評価方法は、依頼する不動産会社によっても多少異なることもあり得ます。

 

ポイントは築年数

家の査定はどこを見るのか、最も影響するのは建物の「築年数」です。中古車の査定と同じく、新しいもののほうが評価は高くなり、家の査定は1年でも早く売却したほうが高値がつく可能性もあります。

 

査定価格マニュアルによると、築年数1年の場合はプラス13.5ポイント、15年だとマイナス7.5ポイントになるといわれています。建物のロケーションは変わることはありませんが、建物は毎年加算されるため、築年数だけを見ると価値は年々下がることに。

家の査定で配点が高くなるのは築年数なのです。売却を検討している場合は、早めにアクションを起こしたほうが有利ですね。

 

水回りの状態

家の査定をしてもらう時は、外壁や屋根などの建物の構造をはじめ、インテリアも見られるポイントです。とくにキッチン、トイレ、洗面台などの水回りは、家の査定でどこを見られるか迷った時にまず清掃しておきたい場所。

 

清潔感が大事な場所が汚れていると、設備の劣化が早くなると判断され、高値がつかないこともあります。築年数の古い家なら最新の設備ではないかもしれませんが、年数に見合った状態を維持して綺麗な印象を与えるよう準備しておきましょう。

 

また修理できるところやペンキ塗りなど、DIYで修繕できる個所もできるだけ事前にやっておくと、査定価格が高くなる可能性があります。

 

マンションのチェックポイント

持ち家はマンションも同じく、売却する前には査定価格が気になるところです。マンションは一戸建てとは違い、査定で高く評価されるポイントがいくつかあります。

まずは立地条件。マンションは駅近など、アクセスが魅力になっている物件が多いため、最寄りの駅からの距離は査定にも影響を与えるでしょう。

 

また部屋の方角や階数、眺望や採光はマンションの部屋によって不利になることも。一戸建ての査定では築年数がポイントになりますが、マンションも同様に築年数は査定に関わるポイントです。

またマンションの構造や耐震基準をクリアしている、エレベーターや駐輪スペースなどの共有部分、管理体制、さらにマンションの売主が大手デベロッパーだとブランド価値がつき、高値がつく可能性があります。

 

家の査定を依頼する方法

家の査定は間取り、近隣との関係、近所に工場があるか、騒音がひどいなど、建物が綺麗でも環境次第では低い査定になる可能性があります。

意外なところで閑静な住宅の場合、近隣にコンビニがあると評価が高くなる傾向も。家の査定でどこを見られるか、いくらになるかが気になる時は、まずお近くの不動産会社に問い合わせしてみましょう。

 

家の査定は無料の不動産会社、もしくは不動産鑑定士に有料で依頼することが可能です。ほとんどの場合、無料で査定を依頼できますが、有料の場合は鑑定評価額により費用も高額になりますので、事前に見積もりしてもらうこともオススメです。

不動産会社の査定は簡易査定と訪問査定があり、精度が高い結果を望むなら訪問査定がよいでしょう。訪問査定は所要時間1~2時間ほど。

 

期待以上の高値をつけてくれる業者は、契約をとるために見込みのない価格を提示することもあるので、無料であれば何社か査定を依頼することもよいですね。

 

まとめ

家の査定でどこを見るか、家の玄関先など、第一印象はとても大切です。このため鑑定士が来る前に、きちんと整理整頓や掃除は済ませておきたいですね。

あらゆるデータを元に、機械的に査定額を求めることもありますが、家の価値とは市場性や実需を考慮して決まるものなので、査定をする時期によっても価格が変動する可能性があります。

 

ドラマの撮影地で急にトレンドになっている場所など、マンションの投資が流行っているように、家の価格は思わぬ価値がつくこともあるでしょう。

 

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。