東京23区別の家賃相場!安いエリアや一人暮らししやすい駅は?

不動産/保険

はじめに

東京23区の家賃相場は、他の地域と比較すると高くなりそうですが、仕事の関係もあり都心部のほうが何かと便利ですよね。一人暮らしは、家賃がかなり家計を苦しめる要因に。

 

そこで早速ですが、これから東京で暮らす予定がある人や家賃を安くしたい人などに向けて、東京23区の家賃相場について徹底的にご紹介しましょう。

 

東京23区の家賃相場について

 

世界的にも暮らしの水準が高い東京都ですが、一人暮らしをしたい街として人気があります。気になるのは家賃相場。一体東京都は、どれくらいのコストで一人暮らしが可能なのでしょうか。

 

東京23区の家賃相場

東京23区の家賃相場をご説明します。一人暮らしで選ばれる間取り1R1K1DKを基準にして比較した場合の家賃相場ですが、一番高いのは港区の約11.9万円。

 

次に千代田区の約11.31万円、そして中央区の約10.21万円となっています。一人暮らしでこれだけの家賃になるのはかなり高いイメージがありますが、区によって家賃相場に格差があります。

 

安い家賃相場で見ていくと、葛飾区の約6.11万円、足立区の約6.35万円、江戸川区の約6.52万円など、高いエリアとは数万円の違いがあることになりますね。

 

家賃相場に影響する環境について

家賃相場の高い区は、全ての物件が高額になるわけではありません。家賃は駅から離れている場所や築年数が古い物件なら、高いエリアでも安く見つけることが可能。

 

逆に安い家賃相場の地域でも、新築の物件やアクセスがよいところなら家賃は高くなるでしょう。あらゆる条件が複雑に関係していますので、あくまでも区別の家賃相場は総体的な感覚として参考にするとよいかもしれません。

 

たとえば複数路線が経由する東京駅や新宿駅、渋谷駅などの近くなどは家賃が高くなりますし、オフィス街や繁華街、高級住宅地なども家賃相場が高くなるでしょう。

一例を挙げると自由が丘、恵比寿、表参道、汐留等、六本木など、都内でも中心部に位置する場所は、一人暮らしをするにはかなり高い物件が多くなる傾向にあります。

 

家賃相場が安いオススメの駅について

一人暮らしで毎月10万円以上も家賃に費やすのは大変ですよね。地方から上京した新社会人などは、いきなり都心部で暮らすのはかなりの予算が必要になるでしょう。

 

では東京23区でも比較的一人暮らしがしやすい、家賃相場が安い駅名をご紹介します。

 

葛西臨海公園

葛西臨海公園駅は、JR京葉線で江戸川区になります。一人暮らしの家賃相場は6万円台。家賃がお手頃なだけでなく、葛西臨海公園は渋谷駅まで電車で25分というアクセスのよさも魅力です。

 

東京都でありながらも自然が豊富で、駅周辺にはオススメスポットも多く、エンターテイメントも楽しめる住みやすい街。新婚さん向けのマンションやファミリー向けの物件も多く、あらゆる年齢層を対象にしてもオススメといえるでしょう。

 

葛西臨海公園駅の近くにはコンビニやスーパー、ドラッグストアも数軒あり、買い物に不便さを感じることはないはずです。

 

金町駅

JR常磐線が乗り入れている金町駅は、一人暮らしの家賃相場は約6.2万円。常磐線は大手町や新御茶ノ水、国会議事堂前などのオフィス街に経由する路線なので、通勤しやすいエリアといえるでしょう。

 

ただし朝のラッシュ時間は、混雑する可能性があるので覚悟しましょう。金町駅からは主要駅に行くために、乗り換えが必要になることも注意が必要。

 

駅周辺は徒歩10分以内に深夜営業しているスーパーがあり、駅南口には24時間営業のスーパーもあります。ショッピングに適しているのは、大型店舗が集中する北口です。

 

東京23区の中でも家賃が低いエリアで、都会の喧騒が少ないことが魅力。若者向けのお店が少ないことや、場所によって治安が少し気になる場合もあります。

 

喜多見駅

小田急小田原線が乗り入れる喜多見駅は、周辺の駅よりも家賃相場は5千円ほど安くなります。喜多見駅から新宿までは直行で29分。

 

急行に途中で乗り換えると、23分というアクセスのよさが魅力ですね。それ以外の主要の駅に行くには乗り換えが必要ですが、新宿を起点として仕事をしている人にはとても家賃相場も安く便利な駅といえます。

 

駅周辺はスーパーやコンビニの数は、他の駅よりも若干少なめ。大型商業施設はないものの、喜多見商店街がありますので、こぢんまりと買い物したい人によいでしょう。

 

ただし若者向けの新しいトレンドのショップなどは少ないので、となり駅の成城学園前駅まで行く必要があります。喜多見駅ならワンルームで、家賃5万円以下の物件も多く存在します。

 

治安がよいので、都内で初めて一人暮らしをする人も安心。ただし各駅停車しか止まらない駅であり、飲食店が少ない、買い物が不便であるといったデメリットもあります。

 

田端駅

JR山手線の駅なので、都心へのアクセスは抜群によいことが田端駅の魅力。新宿や渋谷のような繁華街ではなく、山の手沿線でも閑静な住宅が広がっています。

 

一人暮らしの家賃相場は約7.1万円、新宿までたったの18分。京浜東北線も乗り入れていますので、大宮駅など埼玉の主要エリアにも行きやすいでしょう。

 

田端駅にはアトレという駅ビルがありますので、買い物に困ることはありません。スーパー、コンビニ、飲食店なども多く生活がしやすい場所。

 

住宅街は暗い場所も多いかもしれませんので、女性の一人暮らしは行動時間に注意しましょう。

 

豊島園駅

都営大江戸線と西武線が乗り入れる豊島園駅は、遊園地でお馴染みの豊島園がある駅です。映画やスパなどのレジャー施設も多く、全体的に治安がよいことが魅力。

 

家賃相場は約6.15万円で、深夜営業するお店もあり便利に暮らせるでしょう。休日に遊ぶ場所を見つけるには困らない場所。夜は用心しなければなりませんが、女性で一人暮らしをするケースもあります。

 

夏休みや連休になるととても混雑する駅ですが、少し離れると緑が豊富な住宅地が広がっています。

 

東京23区で一人暮らしするコツについて

 

東京23区で一人暮らしするのは、コストが高くなる可能性はありますが、決して不可能ではありません。その際にはどのように費用を抑えるか、オススメのコツをぜひ活かしてくださいね。

 

家賃が安いエリアを選ぶ

東京23区は、家賃相場が高い場所や安い場所がありますので、予算に合わせて路線から検索してみることもオススメ。またエリアによっては、一人暮らしの家賃が2万~5万円ほど節約できますので、23区内にこだわらずそれ以外を狙うことも方法です。

 

また埼玉県や千葉県などと隣接したエリアなら、家賃も安くなる可能性がありますので、通勤に支障がないよう、交通アクセスの利便性も考えておくとよいでしょう。

 

賃貸の初期費用を準備しておくこと

東京23区で一人暮らしを始める際に一番コストがかかるのが、賃貸物件の契約の際に必要な初期費用。保証金になる敷金の他に、都内では家賃1か月分の礼金が必要になることもあります。

 

さらに不動産への仲介手数料、火災保険料、途中で入居する場合は日割り計算の家賃も必要。家賃が7万円の物件なら、契約の際に35万~40万円ほどの費用がかかる計算になります。

 

しかし春先の引っ越し時期などは、不動産によってはキャンペーンを行い、敷金、礼金ゼロ円という特典を提供する場合もあるでしょう。

 

まとめ

東京23区の家賃相場はとても幅がありますので、予算と場所の優先順位を決めておくと、物件を探しやすくなるかもしれません。また都内は生活費も高くなりがちなので、最初は必要最低限のものから生活をスタートさせることもオススメです。

 

一人暮らしで節約する裏技3選はこちらをチェック

一人暮らしで節約する裏技3選!毎月6万円を貯める方法【2020年最新版】

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。