地方移住する場合の不動産の目安価格は?リモート増加で地方の不動産がおすすめな理由!

不動産/保険

はじめに

地方に移住してのんびりと暮らしたい、畑仕事をやってみたいというライフプランを描く人が、近年かなり増えているようです。

都会の暮らしはとても便利ですが、時間があっという間に流れ、見過ごしてしまう大切なものもありますよね。

 

誰も想定しなかった事態が起こる今の時代。

リモートワークが定着する中、働き方だけでなく暮らし方についても考えることが求められています。

 

そこで早速ですが、地方移住する際の不動産に関する大切なポイントについてまとめましたので、今後移住を検討している人はぜひ参考にしてくださいね。

 

地方移住を考える人が増える背景にあること

定年後、田舎暮らしでのんびりと過ごしたいと思うことはよくありますが、最近は若い働き盛りの人も地方移住を考えるようになっています。

なぜ地方移住を希望するのか、その背景にあることをまずは見ていきましょう。

 

スローライフへの憧れ

地方移住を考えるのは、全体の割合を見るとまだ一部かもしれませんが、徐々にその数が増えていく傾向にあります。

その背景にあるのは「スローライフ」というライフスタイルに憧れる人が増えているため。

 

スローライフに厳密なルールはありませんが、大都会で追われて暮らすのとは反対に、自分の時間を作り楽しみながら暮らすことを一般的にはいいます。

時間の概念だけでなく、心のゆとりが何よりもスローライフの目的なのでしょう。

 

自分の家の裏庭でガーデニング、手作りのそば打ちなど、スローライフは自分のアイデアを活かしてゆっくりと生活すること。

都会暮らしに疲れてしまうと、田舎や地方の自然、ゆとりはとても魅力的に感じられるでしょう。

 

出社しない働き方が定着

在宅勤務をしなければならない状況がある今の時期、仕事は出社してやるものという考え方が徐々に変わっています。

なんとなく地方へ移住したいと考えていた人にとって在宅勤務が要求される生活は、さらに地方移住をリアルにイメージするチャンスになっているでしょう。

 

満員電車に乗って通勤をしなくても家で働ける環境があるなら、都会暮らしも不要になるはず。

仕事の会議も全てオンライン、インターネットの普及により、どこでも働ける環境が整っています。

 

リモートワークに慣れてくると、いよいよ地方移住を実現するチャンスが到来したともいえます。

 

健康面を考える

地方移住を検討する人が増えている背景には、仕事や暮らしの様式だけでなく、健康面でも都心部を離れるメリットがあるようです。

人混みを避けて暮らすことが必要になっている今の時期、電車を使って通勤するのはできれば避けたいと思うのは当然ですよね。

 

都会暮らしだと物不足も深刻ですし、大気汚染や人口密度を考えると、田舎暮らしのほうが心身ともに安定する魅力もあるかもしれません。

都会暮らしのよさはもちろんたくさんありますが、嫌な面を痛感する出来事により、地方移住に興味を持つ人が増えているのも納得できます。

 

安く家が買える

都心部にマイホームを購入した場合、仕事や生活をするにはとても便利ですが、定年後の暮らしをどうするか考えた場合に、いくつかの不安が残るでしょう。

 

たとえば住宅ローン。

都心部になるほど家を購入するコストは高くなり、ローンは何十年も返済しなければなりません。隣の家とわずかな隙間しかなく、庭がない家も多いですよね。

 

金銭的な負担を同じように抱えるなら、地方に移住して安い土地や物件を購入し、広い敷地でのびのびと暮らしたいと考える人もいます。

絶対に都会がよいと思う若い世代から、徐々に年齢を重ねるにつれて、田舎暮らしへの憧れは家を購入する視点から考えても強まっていくでしょう。

 

地方の不動産はいくら?

地方移住、もしくは週末だけ田舎で過ごすためなど、地方の不動産に興味を持つ人は多いもの。

地方都市は最近価格が上昇傾向にあるといわれていますが、いくらほどで家が買えるのか、目安価格についてご説明していきましょう。

 

マンションの坪単価について

地方に移住を検討する際に、どうしても考えなければならないのが住む場所です。

地方の不動産は、都心部と比較すると安いということはなんとなくイメージできますが、目安はいくらなのでしょうか。

 

地方でも県庁所在地などの都心部には中古マンションがありますので、利便性を考えて一戸建てよりもマンションを選ぶ人も決して少なくありません。

中古マンションの坪単価は、その場所や時期ごとに違いはありますが、たとえば東北地方の青森県や宮城県、福島県などの6県の県庁所在地は、中古マンションの平均坪単価は上昇しています。

場所によっては、大都市圏と変わらないほど価格傾向になっているエリアもあるほど。

 

伸び率は減少傾向にあるものの、群馬県、栃木県などの北関東や中部、北陸、中国地方、四国地方でも同様に注目されています。

北海道札幌市の場合、2017年の中古マンション坪単価は約74.1万円、中部北陸地方の県庁所在地は約72.6万円、沖縄県の那覇市は約138.9万円となっています。

 

マンションの坪単価はあくまでもマンションの価格の目安で、さまざまな条件の善し悪しを考慮して判断することが大切です。

地方の物件のように価格の目安がわからない場合は、坪単価で相場をイメージするとよいかもしれません。

 

中古一戸建て物件の相場価格について

住む都市によって住宅の価格は異なりますが、地方移住するのは不動産の購入が都心部よりも安くなることがメリットですよね。

田舎暮らしなら500万円で購入できる中古物件は各地にあり、1,000万円前後クラスになると敷地内で家庭菜園ができるほどの広大な敷地を手に入れるのも可能。

都会に家を持つよりも、明らかにお得といえるでしょう。

 

地方物件の探し方のコツは?

地方移住する場合、後悔しないためにもあらゆる判断ポイントを考慮しなければなりません。

都会とは違った暮らしのスタイルがあるので、地方の物件を探す際に意識したい点をご説明していきましょう。

 

安いエリアにこだわらない

物件を探すのはとてもワクワクすることですが、その反面、地方の物件探しは難しい面もあります。

都心部から離れていれば必ず安いということもなく、たとえば沖縄県のように観光収入があるエリアは、意外と不動産価格が高い場合も。

 

なぜ地方に移住したいのか目的を明確にして、どこに住みたいかを決めたいところです。

たとえば実家が近い、首都圏にアクセスがよいなど、実際に暮らした場合を想定して考えるべき項目をリストアップしましょう。

 

安くてよい物件を探す

地方に移住する魅力は、生活費やローンなどのコストが都心部よりも安いことです。

住宅コストの手軽さを活かすためにも、安くてよい物件探しがコツに。

 

田舎になるほど資産価値が見込めない家も多く、いざという時に売却しにくい点も事前に考えたいですね

。住宅ローンの返済額は都会の家賃並み、もしくはそれ以下になるよう意識しましょう。

 

一般的な家賃相場よりも高い物件や返済が困難になるのであれば、わざわざ地方に移住することはなく、計画を再度練り直したほうがよい場合もあります。

不動産を購入するのが不安な場合は、田舎の賃貸物件で地方の暮らしを体験してみることも可能です。

 

まとめ

地方に移住することを考えている人は、地方自治体の助成金制度を使うのもオススメです。

対象地域の住宅購入の助成金制度、中古物件のリフォーム費用のサポートなど、気になる地方自治体のホームページなどで確認してみましょう。

ゆとりのある地方の暮らしは現在の暮らしを見直しながら、実際に住む際に必要なことをイメージしてくださいね。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。