女性の不動産投資ブーム到来?!女性ならではの適性が活かせる理由

不動産/保険

はじめに

女性が不動産投資で資産運用をするというのは、一昔前ではあまり聞かなかったことかもしれません。

大きな金額を動かす投資は男性向け、そんな常識を覆す現象が近年起こっています。

 

不動産投資はとても敷居が高い印象がありますが、女性向けのセミナーも増え、不動産投資家をサポートするシステムが充実しているのです。

そこで今回は、女性の不動産投資が人気になっている理由や、女性が不動産投資に向いている理由についてご解説していきましょう。

 

不動産投資に興味を持つ人が増える理由

投資といえばまずイメージされる「株式」。ハイリスク・ハイリターンである株式とは違い、不動産投資ならではの魅力が人気となっています。

また最近はステイホームが増え、将来の不安を軽減するため、投資に関する情報を集める人も増加中です。

 

では不動産投資が増えているのはどのような理由があるのか、詳しくご説明しましょう。

 

ミドルリスク・ミドルリターンの不動産投資

銀行の普通預金の金利がとても低い今の時代、資産運用を行うにはあらゆる種類があることを知っているほうが何かとよいですよね。

不動産投資について全く想像しなかった人でも、低金利の今の時代は興味を持ち始めやすいといわれています。

 

その理由は「ミドルリスク・ミドルリターン」のため。

投資はリスクがつきもので、できるだけ自分の資産を守りながら利益を出したいという人を中心に、徐々にミドルリスク、ミドルリターンという考え方が定着しています。

 

大きな変動がない賃料収入

不動産投資が人気になっている理由は、部屋を賃貸に出すことができるためで、家賃収入が期待できます。

家賃収入は景気動向の影響を受けにくく、安定的に収入を得やすいので、大きな変動を避けたい人にはとても適しているといえるでしょう。

 

また賃貸は短期的でなく、長期で入居する人が多いため、突然の退去がなければ賃料収入はしばらく続くことになります。

このような安定した長期間の収入は、資産形成も長期的に計画できるメリットにつながるのです。

 

オリンピック開催などが安心材料になっている

東京オリンピック開催に向けて、湾岸エリアの再開発が進んでいます。

そのおかげでマンションの価格も上昇し、都内中心部の銀座、品川、京橋、渋谷、八重洲などでも再開発プロジェクトが予定されています。

 

そのためこれらのエリアを中心に、周辺市街の不動産の価格も上がる見込みがあるので、不動産投資がさらに注目されているというわけなのです。

とくに東京は、世界的に見ても魅力の多い街で、2017年の「世界の都市総合力ランキング」でも3位に選ばれています。

 

女性が不動産投資に向いている理由

女性の不動産投資家が、近年とても増えていることはご存知でしたか。

不動産市場が活性化している中、とくに女性向けの投資用物件が増えたり、不動産投資に関する情報も多くなったりしています。

 

なぜここまで女性の不動産投資が増えているのか。

その隠された理由は、女性ならではのスキルや適性があるためなのです。

 

少額資金で始められる

女性は男性よりも、堅実で確実な資産運用を選ぶ人が多いといわれています。

まして不動産投資となると多額のお金を動かし、かなりのリスクがあると不安になるでしょう。

 

しかし不動産投資は、金融機関からマンションなどの物件を担保にして融資を受けられるため、実は少額な資金でも多額の投資が可能なのです。

株式だと自己資金がないと、大きな利益を得ることは極めて難しくなりますが、その点安全に投資を始めたい女性にとっても少額資金という点は魅力になるでしょう。

 

慎重な判断力

どちらかというと男性のほうが、大胆な発想をしやすいですよね。

不動産投資は人気があるとはいえ、決断力や冷静な判断力が求められます。

 

女性の不動産投資が増えているのは、女性ならではの慎重な思考力があるため。

株式やFXとは違い、不動産投資はすぐに売買できるものではありません。

そのため最初に決断する際には、慎重に投資しなければなりませんので、勢いだけの発想では利益を得ることが困難になるでしょう。

 

女性の不動産投資は、最後まで慎重であること。

そしてあらゆる情報を収集して、ゴーサインを手にするまで決断しない点も、不動産投資で成功する理由です。

 

時間をかけずに投資ができる

女性のライフスタイルを考えた場合、働く女性なら結婚すれば家事も行い、子育てや親の介護など、あらゆることを担っていますよね。

仕事と家庭を両立すると、FXのようにパソコンの前にずっと座り、価格の変動をチェックしているわけにはいきません。

 

女性に不動産投資が人気の理由は、男性に比べて投資に使える時間が少なく、不動産投資ならそんな生活でも管理しやすいため。

女性の日常生活にも無理なく導入できる投資スタイルといえるのです。

 

老後資金の確保ができる

女性が将来に抱く不安は、やはり老後のことではないでしょうか。

公的年金だけでは老後は安心して暮らせないと考える女性は、全体の8割以上を占めるともいわれています。

 

そのため自分の資産や貯蓄が今充分でないことに不安を感じ、必然的に老後の生活も不透明に見えている状態。

さらに今のご時世、どのような事態になるか全く想定できない不安があり、経済的な余裕は心の安心にもつながります。

 

近年女性の未婚率が上昇している背景もありますので、さらに老後についてはしっかりとプランを立てておきたいと思うのは当然かもしれません。

そんな人にも不動産投資は、女性自身の力で生活して老後の経済力を高めたいという願望を満たしてくれるものなのです。

 

女性目線の評価が優れている

女性の不動産投資家が増えている理由は、実は男性とは違う女性目線の不動産評価がとても役に立つため。

たとえばマンションを購入する際、女性なら現実的な暮らしを想定し、水回りや日当たり、通気性、近隣との関係、インテリアのセンスなど、男性が見落としやすい細部まで目を配ります。

 

結果的にこのような部分まで行き届いている物件は、男女共に魅力を感じますので、不動産投資をするうえでは女性の観点はとても有利に働くのです。

 

専門的な知識が必要ない

不動産投資はとても難しそうで、初心者だと失敗しそうですよね。

しかし実際は女性の不動産投資家の中には、専門的な知識がなくても始めている人は多いのです。

 

株式は知識がないと上手くいかないもの。

その点不動産投資は信頼できる不動産会社を見つけ、適切な物件を選べば専門的な知識がなくても、上手く資産運用ができるといわれています。

 

そのため投資に興味がある女性が情報収集しやすいジャンルであることも、不動産投資が人気になっている理由といえるでしょう。

 

女性向けのオススメ不動産投資について

不動産投資といっても、いくつか種類があります。

女性向けはどのようなタイプがよいか、オススメの不動産投資をご紹介しましょう。

 

マンション

女性の不動産投資で、最も人気が高いのがマンションです。

マンションは男性にも人気があり、賃貸で最大のリスクになる「空室」をヘッジしやすいこと。

 

また今独身の人でも、将来結婚して子供が生まれる可能性もあります。

いずれ子供に残す資産としても有効なマンション。

女性の不動産投資に関するブログやサイトも増えていますので、マンションなら親近感が湧きやすいでしょう。

 

福祉施設

マンションやアパートとは異なり、福祉施設は交通機関の利便性はさほど重視されず、それよりも立地条件や住環境が大切です。

 

一般的な賃貸物件よりも退去が少なく、日本の高齢化のことを考えても需要は拡大するでしょう。

福祉施設が飽和状態のエリアもありリスクはありますが、老後を考えて投資アイデアにすることもオススメです。

 

まとめ

女性の不動産投資は保守的な考え方を土台に、とても丁寧に情報を分析する女性ならではの目線が活かされています。

投資を考えるきっかけは色々とありますが、万が一のことを想定して、仕事以外の収入や資産運用ができることは気持ちの面でのゆとりにもつながるでしょう。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。