不動産の保険とは?種類や内容を確認してポイントをつかんでおこう

不動産/保険

はじめに

不動産を購入して賃貸収入や実際に住居として利用する人もいるでしょう。

不動産を購入する目的にはいろいろありますが、不動産を購入した後は保険もしっかり確認しておく必要があります。

 

不動産は大きな買い物であり、万が一トラブルや問題が起きたときに補償がなければ大きな痛手を受けることになるからです。

 

ただ「不動産の保険はどんな種類があるの?」「どのようなポイントをつかんでおけば良いの?」と疑問もあるでしょう。内容を徹底開設していきましょう。

 

低金利の住宅ローンが可能に?ネット銀行の住宅ローンについてはこちらをチェック。

低金利の住宅ローンが可能?ネット銀行の住宅ローンのメリットとデメリットについて

 

30代の自動車保険についてはこちらをチェック。

30代の自動車保険は高い?安い?コストを抑えるコツやおすすめの選び方

 

不動産の保険の種類とは


不動産を購入したなら万が一に備えて保険に加入しておくべきですが、「保険にはどんな種類があるの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。不動産の保険の種類は以下のようになります。

火災保険

不動産を持つことになれば火災保険に加入しておくことがおすすめです。

自分が購入した不動産でもし火事が生じて建物の一部が破損、または全焼してしまったときは莫大な費用が生じてしまい、自分の持っている資産で支払うことはかなり厳しいです。

 

しかし、火災保険に加入しているなら内容にもよりますが火災で損傷した部分は保険の補償でお金が支払われるので修繕してもらえます。

 

また、火災保険はオプションで大雨で起きた土砂災害の補償や、台風の影響で損傷した部分の補償などオプションを付ければいろいろな災害による補償を付け加えることができます。

 

火災保険1つで自然災害など不測の事態に備えることができます。

火災はいつ起こるのかわからないものなので必ず加入しておくようにしましょう。

地震保険

火災保険と同じく重要視されている保険に地震保険があります。

地震保険は名前の通り地震によって起きた損害を補償してくれます。

 

地震の震度によっては建物が歪んだり物が落ちてきて大きな傷がついてしまうなど、地震による被害は不動産により大きなダメージとなることもあります。

 

地震の補償は火災保険では対象外となっているので、もし地震が原因起きた火事や津波、噴火などで不動産が損傷を受けてでも火災保険では補償が受けられません。

そのため、地震による被害が予測できるなら火災保険と一緒に加入を検討してみましょう。

施設賠償責任保険

施設賠償責任保険は設備の欠陥や不具合によって対人事故が発生したときに賠償の補償をしてくれる保険です。

例えば、自分の不動産のの外壁が壊れて通行人に当たり怪我をさせた場合は医療費を求められます。

 

そのときに施設賠償責任保険で医療費を補償してもらうことができます。

万が一自分の不動産の外壁や屋根、設備の欠陥で怪我を負ってしまったり重い障害が残ったりしてしまったなら莫大な賠償金が発生してしまい、自分の資産だけでは支払うことができない場合もあります。

 

不動産を徹底的に管理していても不測の事態が起きることもあるので、施設賠償責任保険の加入も検討しておくことが大事でしょう。

孤独死保険

孤独死保険はマンションや一戸建てなどで孤独死、または自殺した場合の原状回復に適用される保険です。

今では高齢者の方が1人でマンションやアパートに住むことも多くなっており、孤独死をする人も増えてきています。

 

孤独死をした場合は、その部屋の原状回復を行う必要がありますが、原状回復をするときは出費もかかるので、その費用を補償してもらった方が節約することができます。

1人で住んでいる高齢者の方が多いマンションやアパートを経営している人なら、孤独死保険の加入を考えてみることができます。

団体信用生命保険

団体信用生命保険は不動産を購入するときにローンを組むときに、万が一借主がローンの返済中に死亡した場合や思い障害を負って返済が困難になった場合にローンの支払いを補償してくれます。

 

団体信用生命保険に加入しておらず、もしローンの契約者が返済前に死亡してしまったなら、残された家族がローンを支払う必要が出てきます。

 

そうなると家族に大きな借金が残されることになります。

しかし、この保険で家族には返済された不動産だけが残るようになり、不動産から得られる家賃収入を得ることができます。

 

不動産保険の加入のポイント

不動産保険にはいろいろな保険が提供されていますが、保険に加入すると大きな費用が生じてしまうので、保険の選択を行うと共に保険内容のポイントを検討する必要があります。

不動産保険の加入のポイントについて以下の点を明記しておきましょう。

不動産の構造

不動産の保険に加入するときは構造によって支払う費用が変わってきます。

火災保険の場合は不動産の構造が木造マンションであれば火災が起きるリスクは大きくなるので保険料も高くなります。

 

しかし、鉄筋コンクリートや鉄骨造であれば火災が起きにくいため、保険料は木造よりは安く加入することができます。

 

不動産の構造により保険料が変わるので、不動産を購入するときの目安とすることもできるでしょう。

また、購入した不動産の専有面積が大きいと、それだけ補償する範囲が広くなるので保険料も高くなります。

 

ただ、マンションや一戸建ての専有面積の範囲を限定して補償してもらう契約であれば、保険料を安くしてもらうことも可能です。

費用と補償を考慮してベストな費用と内容にしましょう。

不動産のある地域

不動産の地域によっても保険料は変わってきます。

自然災害が多い地域では火災保険や地震保険は他の地域より高い料金設定になっていることもあり、例えば、九州や沖縄などです。

 

九州地方や沖縄は地震や台風などを受けやすい地域なので、火災保険などに加入するときは中国地方やなど他の地方より料金が高く設定されています。

 

また、細かく地域を見るなら住宅が密集している地域や消化施設が充実している地域など、地域の特徴によっても保険料は変わってきます。

火災や地震など自然災害が起きにくい地域であれば保険料は安くなるので覚えておきましょう。

補償期間や内容の補償により金額が変わる

不動産の保険に加入するときは補償の期間によって費用が変わってきます。

火災保険は1年から10年まで補償期間を選ぶことができ、保険の期間が長いほど保険料は安くなります。

 

また、保険の補償内容によっても保険料の高さは変わってきます。

保険の補償範囲やオプションなどを付け加えら万が一に備えやすくはなりますが、支払う保険料は高くなります。

 

そのため、保険の補償期間と内容を照らし合わせて契約することが大事です。

補償を付けすぎると保険料の支払いが高額になり費用を圧迫されることになります。

限度額の設定を考える

不動産の保険料は限度額によっても支払う費用は変わってきます。

保険が支払われる限度額が大きいほど支払う保険料は当然大きくなりますが、補償場所や不動産の状態によっては補償の限度額いっぱいにまで設定する必要がありません。

 

限度額の設定は再調達か下記が目安となっており、再度建築したらいくらほどになるかを考えて保険の限度額を決めるのがおすすめです。

ただ、補償金額は万が一のために大事なポイントになるので、後悔しないように考えましょう。

 

まとめ

不動産の保険について内容を紹介してきました。

不動産は大きな買い物ですが、火災や自然災害などにより不動産が損傷してしまうことがあります。

 

不動産の価値を守るためにも不動産の保険内容や設定方法はしっかり考えて付帯しておく必要があるでしょう。

ぜひ、不動産の購入を考えているなら同時に保険の対策もしておきましょう。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。