【将来出世する人の特徴5選】コレを意識するだけで劇的に変わる!

ライフスタイル

はじめに

同じような仕事を同じようにしているように見えても、出世する人を見てみると、共通点があることが分かります。まずは出世する人とはどんな人なのか、様々な観点から特徴を見て行きましょう。出世をしたい、もっと上を目指したいと思っている方向けに、詳しくご説明いたします。  

 

将来出世する人には特徴があります

将来的に出世をするであろう、実際に出世をした人には、共通している特徴があると言えます。共通する特徴をしっかり把握しておくことはとても大事です。

 

特徴を知っておくと、将来的に出世を目指してが、むしゃらに仕事をがんばっているのに、なかなか報われないと嘆いたり、同期や後輩に先をむやみに越されてしまった、ということは少なくなるでしょう。

 

将来出世する人の特徴5選

 今後出世しそうな人の特徴にはどんなものがあるのでしょうか。大きく5つに分けて、詳しくご説明いたします。自分の仕事ぶりを鑑みるきっかけにしてみましょう。

 

将来出世する人の特徴1.ポジティブである

 出世する人の特徴の一つ目は、ポジティブであることです。常に気持ちが前を向いていて、どんな仕事を行うにしても、良くとらえる、建設的に考えることができる人を指します。

 

たとえば厄介なクライアントに当たったり、ミスが発覚した等トラブルに見舞われたとしても「これを乗り越えることで業績アップにつながる」「自分が成長できる」等、前向きに受け止められる人であれば、周囲も明るくなりますし、運気もアップさせることができるのです。

 

常に向上心もあります

 出世する人は、自分自身を高めることにも熱心です。仕事のための勉強や情報収集は欠かすことがないことはもちろん、自分の仕事とは一見関係がないことにも熱心です。

 

勉強になるからと他の人の仕事を手伝ったり、仕事で関係ある資格の取得に力を入れたり、関係なくても将来的に自分を高めることになる勉強にも熱心など、上向きな姿勢は出世につながりやすいです。

 

将来出世する人の特徴2.常に効率化を考えている

 仕事をする時には組織の中で行います。さまざまな人が働くと、どうしても非効率な部分も出てきます。サラリーマンだからと、ただ決められた枠の中にいて、ただ任された仕事をそれなりに行っているだけに見える人は、なかなか評価にはつながりません。

 

一方、仕事をどうすれば効率よく進められるか常に頭に置いておき、職場の働く環境をよくするための改善や改革を考え、実行ができる人は、当然上からの評価も高いものとなるでしょう。

 

整理整頓もしっかりできています

意外かもしれませんが、デスク周りがきちんと整理整頓されている人は、出世をしやすいです。毎日ように仕事で使う書類や物品を、どのように扱っているかということは、その人の仕事への取り組み方の姿勢に通じるものがあると言われています。すっきりと整理整頓をすることで、仕事を無駄なく進められることができるのです。

 

将来出世する人の特徴3.プライベートをしっかり持っている

 仕事をきちんとこなし、出世ができる人はプライベートも充実しているものです。仕事に熱心になるあまり、休みの日でも仕事の緊張感やミス、重責をずっと引きずっていたり、休日も仕事のことが頭から離れられないような人もいます。

 

しかし、休みになると、オンとオフのスイッチを切り替えて、プライベートを満喫できる人の方が、ストレスもたまりにくく、仕事に集中できるパワーがあるため、仕事の結果も出しやすいのです。

  

将来出世する人の特徴4.目標が明確である

 出世する人は、今現在のこと、目先のことばかりではなく、もっともっと先を見据えた仕事をしていると言えます。

 

ただ目の前の仕事だけをしているのではなく、現在の会社での自分のポジションを把握します。

その上で、1年後、3年後、5年後、そして10、20年後どのようになりたいか、できるだけ具体的に目標を明確にしている人は、先のためにどのように仕事に向き合えばよいのかは明確にしやすく、さらに、仕事のモチベーションが各段と上がるのです。

 

仲間に仕事を任せることの大切さも理解している

どんな業種、職種でも、1人だけで仕事が成り立っているわけではありません。中でも、会社や組織の中で仕事をしている方は、同じ職場、グループ・チームで仕事をしている仲間と、どのように仕事を進めていくかというのはとても大切なことです。

 

自分で仕事を抱え込むのではなく、仲間たちの適材適所を見極め、適切に仕事を振り分けられる、そして仲間を信用して仕事を任せることができる人は、人間関係の大切さをよく分かっています。仲間からも信用されますので、円滑に業務を進めることができます。

 

将来出世する人の特徴5.無駄な誘いに時間を使わない

会社で仕事をしていると、仕事終了後の飲み会や、休日などに行われるイベントや親睦会などに誘われる機会は良くあります。

 

組織で働いている限り、コミュニケーションを円滑にするためや、普段接点がない違う職場の方と交流するなどに、誘いに乗ることもある程度意味はあります。しかし、出世ができる方は、適当なところで帰ったり、毎回は出席していません。

 

誘われるまま週に何度も飲みに行ったり、二次会、三次会も必ず出席したり、休日がほとんど潰れているような過度なお付き合いをしているようであれば、見直してみましょう。

 

将来出世できない人の特徴は?

これまで、出世できる人の特徴を見てみました。今度は、出世ができない、もしくは同期や後輩に追い越されてしまうような人は、どのような特徴があるのでしょうか。詳しく見てみましょう。

 

ネガティブである

何かと悲観的でネガティブな考えで日々仕事をしている人は、出世から遠ざかりやすいです。慎重に仕事を進めるだけでしたら問題ありません。しかし、悪い結果ばかりを想定したり、表情がどんよりと暗い、ため息ばかりをついてるといった人は、当然のように周囲の人も避けていくようになり、仕事の成功からも遠ざかります。

 

常に責任から逃れている

どんな仕事でも、任されたからには責任がともないます。しかし自分の仕事に対して、責任を取ることができない人は、出世しづらくなります。役職が上がるにつれ、責任もその重くなっていきます。

 

仕事でもし失敗をしてしまった際、逃げ回ることはもちろんのこと、チームメンバーや部下など、他人に責任を転嫁するような人であればさらに、周囲からの信頼を得ることは不可能で、出世の可能性は薄くなると言えるでしょう。

 

将来出世する人の特徴5つを実践して信頼される人に

いかがでしたでしょうか?将来出世をすると考えられる人の特徴を5つのポイントでご紹介いたしました。

 

何事にもポジティブな姿勢で、他人を信頼し、目標に向かってまい進する姿勢で仕事に臨むことで、成果につながっていくことができます。ポイントをを抑えて、出世を目指しましょう。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。