社畜とは一体なに?抜け出す方法3つを教えます!アメリカでも同じような言葉が

ライフスタイル

はじめに

 1990年代から流行した言葉である社畜に該当する方は少なくありません。会社の自分を犠牲として働くサラリーマンを比喩した社畜になっていると自覚している方もいるでしょう。通常仕事熱心である方は企業戦士や会社人間といった言葉が使われるものの、社畜はまた異なる意味を持ち合わせています。

 

具体的に社畜とは何か、そして社畜であると自覚される方が抜け出すためにはどういった方法があるのかについて説明をしていきます。社畜はあくまでもネガティブな意味合いで使われる言葉で、決して褒められているわけではありません。

 

会社のために一生懸命働くことそのものには悪い印象を与えることはなくとも、思考停止の状態に陥っていると思われることもあります。今一度、自分が社畜であるかどうかを判断してもしも該当するのならいかに抜け出すかを考えていきましょう。

 

 

社畜ってなに

社畜ってなに

社畜とは会社で飼われている家畜を表現しており、従順に働く会社員といった意味として認識すれば問題ありません。仕事熱心である方を表現する企業戦士や会社人間といった言葉とは意味が異なるのが分かるはずです。

 

企業戦士や会社人間といった言葉はあくまでもポジティブな意味であり、社畜の場合は自分の意思がほとんどなく会社からの圧力に強いられていることを示すものです。

 

思考停止状態であるにも関わらず、がむしゃらに仕事を続けてしまうことは効率的とは言い難いものです。

 

本人として社畜であると思っていないものの、周囲から社畜と呼ばれてしまう方も少なくありません。自分の意思を持たず、会社の意のままに働く方は社畜となる可能性が高いです。

 

あくまでも一生懸命働くのとは異なるもので、会社の言う通りに進めていればよいと考えるのは社畜になる可能性が高まる理由となります。自分の考えに沿って働くのならまだしも、言いなりになっていれば問題ないと考えるのは危険といえるでしょう。

 

社畜になってしまう人の特徴

社畜になってしまう方にはいくつかの特徴があります。

 

上司の言うことを絶対に守ったり、社内評価を気にしたりといった特徴です。基本的には悪いことではないものの、社内での出来事ばかりに注視してしまうことが多くなります。

 

さらに仕事を断ることができず、残業や休日出勤をアピールする方も社畜になりやすいです。やがてオーバーワークとなってしまうのは目に見えています。決して名誉なことではなく、理不尽には文句を言わないことは社畜の証といっても過言ではありません。 

 

社畜を抜け出す3つの方法

今現在、自分が社畜であると認識しているのなら、まず社畜を抜け出すことを考えるべきです。しかし社畜となっている方が抜け出すのは容易ではありません。なぜならなぜ自分が社畜となっているのかを理解していない方も少なくないためです。

 

大きく分けると社畜を抜け出す方法は3つあります。この3つの方法のどれが自分に当てはまるのかを考えていくのが大切です。仕事をするにあたって一生懸命であるのと自主性がないのは大きく異なるものです。

 

社畜として働くことに何も不満がないという方もいるものの、いつか不満が爆発してしまうこともあります。サラリーマンとして働くにあたって社畜となるのは危険です。自分で社畜を抜け出すようにし、さらには働く会社を変えるということも考えないといけません。

 

具体的にどのように社畜を抜け出す方法があるのか気になる方もいるでしょう。さらには自分が社畜とならないためにもしもの場合においての知識として覚えておくのもよいでしょう。 

 

社畜を抜け出す方法1.自分の仕事と無関係な人と関係を持つ

社畜となってしまっている方はプライベートであっても仕事仲間と一緒にいることが多いです。常に仕事仲間と一緒にいることで、会話をするときの内容についてもどうしても仕事関連のものとなってしまいます。

 

できるだけ自分の仕事と無関係な方と関係を持つのが社畜を抜け出すポイントになります。

 

少なくともプライベートの時間は仕事とは関係のない時間を作るようにしましょう。会社が生活のすべてになってしまうのは社畜となる理由に直結します。

 

仕事のときには仕事仲間と一緒に会話をするのは当然であるものの、仕事終わりの時間まで仕事に注視した会話の内容であるのなら危険です。

 

学生時代の友人であったり、仕事とは関係のない趣味を通じての知人で合ったり、いかにして仕事とは関係のない方と関係を持つかが重要です。プライベートの時間まで仕事に費やすことなく、会社だけが生活のすべてとなってしまわないように注意していきましょう。

 

社畜を抜け出す方法2.自分で考えて行動する

社畜を抜け出すためには自分で考えて行動するのが基本です。例えば上司から指示や社内の慣例について何も考えずに従っている方もいるはずです。

 

自分でしっかり一度本当に何も問題がないのかを考えてみましょう。

 

じっくり考えてみることによって上司から指示や社内の慣例についての間違いに気付くかもしれません。何も考えずに行動をする場合、仮にうまくいったとしても自分にとってのプラスはありません。そして間違いであることに気付かない理由にもなってしまいます。

 

自分で考えて行動するのは簡単そうで難しいことです。誰かに何かを指示されたときにおそらくその方が指示したのだから問題がない、あるいは上司の言うことは絶対と考えてあえて何も考えないようにしている方もいるはずです

 

自分で考えて行動するという誰でもできそうなことをできていないケースは少なくありません。その結果社畜となってしまっている方もいるのが事実です。 

 

社畜を抜け出す方法3.量よりも質を大切にする

勤務時間内の仕事の質を高めることによって、残業を少なくできて休日出勤を減らせるといったメリットがあります。長時間仕事をすることで仕事を行うよりも、いかに短い時間で仕事を行っていくかをしっかり考えているでしょうか。

 

仕事の内容に無駄があると判断するのであれば、いかにして無駄を少なくするかを考えるべきです。限られた時間で仕事を行っていく以上、無駄を少なくする努力が必要です。

 

残業や休日出勤を行えば大丈夫と考えるのは大きな間違いです。作業効率を見直すことによって、さらに仕事時間を短くできる可能性があります。

 

仕事ができる方は仕事の量よりも質を考えて行動します。上司から指示されたときにも本当に効率的であるのかを考えるのが重要となります。量と質のどちらを優先するかによって作業効率は大きく変わっていきます。

 

今現在仕事の作業効率が悪いと考える方は何か問題がないかをチェックしてみてください。

 

社畜を抜け出すには他人の目を気にしすぎないことが大切

社畜となっている方は他人からどう思われるのかを気にし過ぎている傾向にあります。確かにサラリーマンとして働く以上、他人から評価されることは大きな意味を持つものの、純粋に仕事に打ち込むことの方がはるかに重要です。

 

なぜなら同僚や上司からの評価が高くとも、肝心かなめとなる仕事の質が悪いのであれば、出世することは難しいためです。

 

他人の目を気にすることなく、自分の仕事に打ち込むことによって自分の価値を高めることができます。その結果、出世という道が開けるかもしれません。

 

仕事をすること自体を意識するのではなく、目的に沿って仕事をすることが重要です。会社に貢献することは決してイエスマンになることではありません。意識して行動をして思考停止状態に陥るのを未然に防ぐことが重要となります。

 

他人の目を気にしてしまう方にとって改善するのはそう簡単なことではありません。しかしちょっとした心がけを変えるだけで自分の行動についての意識も大きく変わっていくのも事実です。問題が生じたときに誰かのせいにしてしまう理由にもなってしまうため、自分で考えての行動を意識しましょう。

 

社畜という言葉はアメリカでも存在 

社畜という言葉は日本のみならず、アメリカでも存在します。アメリカでは仕事中毒の人を表現するときにworkaholicという言葉が使われます。

 

アルコールの代わりに仕事に中毒している状態を意味し、ネガティブなイメージが持たれており、仕事に熱心であるという意味ではありません。

 

Slaveという言葉も仕事に捕らわれている奴隷のように従順に働くという意味で使われています。軽蔑の意味を込めてこれらの言葉が使われる傾向にあります。

 

仕事時間が長くなったとしても問題ないと考えるのは大きな間違いです。時間は無限にあるわけではありません。限られた仕事時間においていかに効率的に目的に沿って仕事をしていくのが重要であり、働くことそのものを目的とすべきではありません。

 

どんな単純な仕事内容であるにしても、効率的に行うためのコツはあるものです。このコツを見つけて時短での仕事を行えるようになるだけでも大きな収穫となるのは間違いありません。

 

社畜とは一体なに?抜け出す方法3つを教えます!まとめ 

社畜とは一生懸命働く方を意味するものではありません。自分の考えを持たずに何も考えることなくただ会社の言いなりになって働く方を意味します。

 

ポジティブな意味ではなく、ネガティブな意味であることを認識した方がよいでしょう。

 

そして今現在働く方で自分は社畜であると考えるのなら、すぐに抜け出すことを考えるようにしましょう。知らず知らずのうちに社畜となっている方も少なくありません。

 

明確に社畜を抜け出す方法はあるからこそ、どれが自分に適しているのかを考えるようにしましょう。

 

自分というものを持たずして、社畜を抜け出すのは難しいです。仕事ができる方ほど自分を持っており、何でもかんでも誰かの言うことを聞かないものです。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。