【独身】生命保険に入らないのも賢い選択肢?何がオススメ?

ライフスタイル

はじめに

生命保険というと、現在の自分の収入や将来設計を考えたとき、どのような補償の保険がよいか、知識がないと数ある保険商品の中から選ぶことは難しいといえます。また、よい補償内容の保険ほど、一般的に金額も高くなります。

 

独身の方であれば生命保険に入らないという考え方もありますが、保険に関するメリットとデメリットについては十分に知ったうえで選択をするようにしましょう。保険に入っていないことで被る不利益についてのリスクも考えなければなりません。

 

逆に万一のときに保険に加入しておいて助かったという方も決して少なくはないのです。今回は保険について一般的な知識をご紹介しますので、これから保険に加入を考えている方や保険を見直したい方も参考にしてみてください。

 

生命保険は絶対に入らないといけないのか?

一般的に民間の保険会社から販売されている保険の商品は絶対に加入しなければならない、という義務はありません。任意保険という考え方で、自分の経済状況や将来設計、不安となる治療費や家族のことを考えて加入するからです。

 

そのため、保険の種類も生命保険だけでも数多くの商品が登場しており、死亡保険、医療保険、ガン保険などが各保険会社から販売されています。また、保険の内容や補償される金額も違いますので、加入前に各社の保険を比較されることをおすすめします。

 

周りの保険に加入している方から保険には入ったほうがよいと勧められる方も少なくありません。そのときは改めて自分の将来設計や収入の状況と合わせて最適の保険を選べるようにしましょう。

 

もちろん、独身の方や一定の資産があるなどで保険に必ずしも加入する必要がないと判断するのも立派な考え方です。

 

生命保険でも入った方が良いものと入らなくても良いものがある?

生命保険のタイプは大きく分けて積み立て型と掛け捨て型に分類することができます。


まず積み立て型ですが、死亡保険の比重が大きいタイプと、いわゆる貯蓄保険と呼ばれる保険で、死亡時の保険金額は少ないものの、掛けた保険金額の貯蓄性が大きい割合の保険があります。積み立て型は結婚して家庭がある方や、独身でも安定した仕事についている、将来何か目標があって貯蓄をしたい、という方に向いているプランになります。

 

一方で掛け捨て型は月額の保険料金が1000円代から数千円程度で貯蓄性はないものの、補償内容が手厚くなっているプランです。独身の方で、毎月の保険にかかる出費を抑えたいと考えている方に向いている内容です。

 

これらの保険のプランは、各社によって細かい特約や、入院時の補償内容などにも違いがありますので、どの点を手厚くしたいのか、月額にかけられる保険金額はどうしたいのかを考慮して選ぶようにしましょう。

 

独身の場合にオススメな生命保険

独身の方にオススメな生命保険としては、万一の入院などのけがや病気について手厚い保険です。ご自身の貯蓄や生活習慣、年齢、仕事内容などからどのようなリスクが最も考えられるかを考えて、そのリスクをカバーするという考え方です。

 

現在は、持病がある方でも加入できる保険も登場しており、自分は加入ができないとあきらめている方も一度、専門の保険の外務員や窓口で確認してみるのもよいでしょう。

 

また、目標があって貯蓄をしたいという方であれば、貯蓄型の保険もおすすめです。税制上の一定の控除が受けられるほか、毎月口座から引き落としにしておけば保険料の支払い漏れもありません。

 

医療保険は独身の方で貯蓄に不安があるのであれば、けがや病気の備えとして安心できます。入院費の補償や治療費の補償などに様々なプランがありますので、万一の備えとして検討されることをおすすめします。

 

既婚の場合にオススメな生命保険

既婚の場合におすすめの生命保険としては、まず家族がいる場合に一定の死亡保険をかけておくことです。

 

葬儀代やその後の家族の収入が減少することを考えると、一家の大黒柱となる収入がある方には手厚い死亡保険を掛けるというケースも少なくありません。その場合、保険料は一般的に若年者ほど死亡のリスクが低いため、金額が低く保険会社各社で設定されています。

 

そのため、死亡保険に加入する場合には中長期的に加入することによって、年齢が高くなってから加入するよりも恩恵を受けられる場合があります。

ただし、その場合中途で解約してから再び加入しようとすると保険料が高くなってしまうことがほとんどなので、基本的に定年や満期まで加入することで保険の掛け率の恩恵を得られることになります。

 

また、お子さんのことを考えて学資保険に加入される方も少なくありません。これは、満期になれば一定の学資資金として貯蓄型として補償されているほか、万一死亡や重度後遺症で働けなくなった場合に学資資金が保険として補償されるという保険です。

 

生命保険に入らないリスクとは

生命保険に入らないリスクとしては、貯蓄がない方であれば万一のけがや病気などで収入が途絶えた場合に、十分や治療を受けられないケースや生活費の捻出を自力でできなくなってしまうことです。

 

また、結婚して家庭がある場合には、死亡保険などで一定の補償がなければ、万一の死亡や後遺症などでその後の経済的な基盤を失ってしまうと、経済的に困窮してしまうリスクがあることです。特に万一の大病や大けがのときに発生する医療費は決して少額ではないからこそ、生命保険が役立ったという方も少なくありません。

 

これらのリスクは、保険の補償内容と掛け金のバランスを考慮して選ぶ必要があります。万能の保険はなく、充実した補償内容を求めようと思えば当然ながら保険料は高くなってしまうことは仕方がないことです。

 

リスクを無視することは軽視することはよくありませんが、余計に不安になることもありません。ご自身の経済的な状況はどのような補償を望んでいるのかを考慮して、よりよいプランの保険を選ぶようにしましょう。

 

生命保険に入った際に保証される3つの費用

生命保険に加入すると補償される内容としては、まず一般的には死亡時の保険金になります。
これは保険のプランによって大きく違い、医療保険の場合には
0円に設定されている保険や100万円程度に設定されている場合もあります。

また、加入時に死亡時や重度後遺症のときの保険金額を一定程度変更することができる場合もあります。
その場合、保険金額が変動することになります。

 

次に医療保険としての入院費の1日あたりの補償金額や、治療費などの補償があります。

この場合、ガン保険の場合には完全に保険外の自由診療になる先進医療の治療を受ける場合の先進医療特約がついた保険など、現在は様々な保険の種類が登場しています。
契約時にどのような補償を望むのかよく確認して加入しましょう。

 

最後に保険が満期を迎えたときに補償される貯蓄型の保険です。
現在は保険に加入していても一度も保険を使用しなかった場合には還付金額が高くなる保険など様々なプランが登場しています。
 

 

貯蓄型の保険にも満期の期限や貯蓄の金額を保険会社が一定の資産運用をして変動する場合もありますので、加入前に確認しておくとよいでしょう。
保険のプランに関しては、各社でかなり内容に違いがありますので、詳細までチェックしておくことをおすすめします。


生命保険についてしっかり知識をつけましょう

生命保険に加入したものの、自分の保険の補償内容を全く知らないという方も少なくありません。また、加入してけがや病気で該当しているものの、保険の請求をしないまま、保険金をもらう時効が過ぎてしまうというケースも考えられます。

 

生命保険に加入している方も、これから加入を検討されている方も保険についての約款や契約内容を確認することを怠ってはいけません。もし、分からないことがあれば、加入している保険会社の窓口にわからないことを確認してみましょう。

 

少しでも疑問に思ったことや知らないまま放置してしまっていることがあるのでしたら、一度、保険証書と契約時の契約書を確認してみてください。

おおよそパンフレットに補償内容は記載されていますが、特約などで疑問がある場合には一度確認されることをおすすめします。

 

せっかく毎月支払っている生命保険だからこそ、十分に知識を身に着け、万一のときに備えることをおすすめします。

人気の関連記事

What is "Research Online"

Research Online(リサーチ オンライン)は年金対策や税金対策、金融情報や経済ニュースまで、将来に漠然とした不安(何をしたらいいかわからない)を抱えている方への役立つ情報を配信している経済メディア。

リサーチバンク株式会社
(英文社名:Research Bank Co.,Ltd.)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。